ここから本文です
安芸Zツーリング城巡り
大型バイクで城めぐりツーリング 主に中国地方 城跡 神社仏閣、狛犬、大木 今は狛犬探索がメインになってます。

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

琴弾天満宮 銭形 観音寺市
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 4
向拝下 力士が支える
イメージ 16面白い顔の額
イメージ 6
細密な造りの青銅燈籠
イメージ 5
本殿
イメージ 3

イメージ 7

イメージ 8
本殿の彫刻
イメージ 9
拝殿狛犬は一対
イメージ 13
吽行は撮影しにくい位置
イメージ 14
年代不明 寛政あたりでしょうか?
イメージ 15

イメージ 12
阿形
イメージ 10
シンプルながら堂々とした対です。
イメージ 11

イメージ 17
神社から少し下ると銭形展望台があります。
イメージ 18
展望台より
イメージ 19
銭形の由来は寛永十年(1633)藩主・生駒高俊公が領内巡視の際、歓迎するため村人達が一夜にして掘りあげた伝承があります。
しかし寛永通宝の流通は三年後の寛永十三年からでこの伝承には
無理があります。
観音寺史では安政年間頃、幕府より沿岸警備の増強の命を受け
丸亀藩が荘内と有明浜の二か所に砲台を築造することになり、
藩主京極朗徹公が来訪した際に一興に供しようと普請奉行が
掘らせたとされています。
イメージ 20
縦122m、横90m、周囲345mの楕円形
展望台から見ると真円に見えます。
イメージ 21










琴弾八幡宮 石段参道 観音寺市
イメージ 1
一旦バイクで上まで上がりここまで降りてきました。
一方通行の車道があり、頂上まで上がれます。
イメージ 2
後姿 きっちり彫られています。
イメージ 5
大正十年(1921)
イメージ 6
出雲丸尾型の見事な復元です。円台に乗ってます。
イメージ 3

イメージ 4

イメージ 7
木乃鳥居
イメージ 8
義経奉納と云われます。
イメージ 9
木乃鳥居脇の対
イメージ 10
年代は不明
イメージ 11
        ??元年とも読めるかな 弘化かな
イメージ 12
            阿形 ♂ 口の開きが小さいです
イメージ 18
              
イメージ 13
吽形は後をかなり補修
イメージ 15

イメージ 14
続く参道石段
イメージ 16

イメージ 17
蔵谷神社 石段脇に鎮座
イメージ 19
イメージ 20
蔵谷神社
イメージ 21
小ぶりの構え型
イメージ 22

イメージ 23
明治三十六年(1903)
イメージ 24

イメージ 25
一旦石段が終わり右は青丹神社左は頂上に向かう参道
イメージ 35青丹神社
イメージ 26
鳥居脇に一対 拝殿前に一体
イメージ 27
鳥居脇 吽形
イメージ 28
阿吽で石工が違うようです。年代不明
イメージ 29
イメージ 30




















阿形
イメージ 31
拝殿前に吽形のみ
イメージ 32
この吽形は鳥居脇の阿形の対だったようです。
イメージ 33

イメージ 34
平坦な道になり
イメージ 36
最後の石段
イメージ 37

イメージ 38












全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事