ここから本文です
安芸Zツーリング城巡り
大型バイクで城めぐりツーリング 主に中国地方 城跡 神社仏閣、狛犬、大木 今は狛犬探索がメインになってます。

書庫神社仏閣・広島

記事検索
検索

宮島 厳島神社







宮島 厳島神社
イメージ 2
神社入口付近の対
イメージ 1
吽形
イメージ 5

イメージ 3
吽形の台座 願主に大村喜兵衛の刻があります。
この対は大村屋作でしょう。
イメージ 6
阿形
イメージ 4

イメージ 7
神社入口 帰りに空いた時に撮影
一方通行です
イメージ 13
厳島神社 平面図
イメージ 27

イメージ 8
東回廊 桝形
弦祭では漕伝馬が先に桝形に入って3回まわして横付けにし、
続いて管絃船も入って水竿で3回まわします。
イメージ 9
鏡池
イメージ 12

イメージ 11
干潮時に手鏡に見える小さな湧き水の池
イメージ 10

イメージ 18
大鳥居
イメージ 14
客神社拝殿 千畳閣 五重塔
イメージ 15
人が写らず鳥居が入るスポット
イメージ 20
火焼前(ひたさき)は順番待ち
イメージ 16
行列が詰まって中々拝殿内に戻れません
イメージ 28
人が絶えません
イメージ 23
ブロンズ狛犬 吽形
宮島のブロンズ狛犬は鳥居脇とここの二対のみです。
イメージ 17
阿形 後は御朱印待ちの行列
イメージ 19
拝殿内
イメージ 21
本殿拝殿
イメージ 22
能舞台
イメージ 24
反橋
イメージ 25
出口
出てくるのに30分くらいかかりました。
イメージ 26

宮島

宮島
イメージ 1
混雑の中、久々に宮島を訪れました。
イメージ 2
小型の遊覧船が出来たようです。
イメージ 3

イメージ 4
参道大鳥居
イメージ 5
鳥居前のブロンズの対
屋台で千畳閣の石垣が見えません。
イメージ 6

イメージ 7
千畳閣南の石垣
イメージ 8
              算木積み 
     配の緩やかさから天正期のものとされています。
   石の大きさも揃ってなく、まだ未熟な技術で積まれています。
イメージ 9
大鳥居をバックにする絶好の撮影ポイント
イメージ 10
大きな尾道玉乗り
イメージ 11
吽形
イメージ 12

イメージ 15
           石工 尾道市 大村喜兵衛
イメージ 16
         撮影スポットに映える大きな玉乗り
イメージ 13
明治四十年(1907)
イメージ 14
メジャーな撮影スポットなので混雑が絶えません
イメージ 17
やっと撮れた鹿と鳥居
イメージ 18

イメージ 19




廣田神社 広島県廿日市市
イメージ 1
吽形
イメージ 2
吽形 正面からしか全体が見えません
イメージ 3
阿形
イメージ 4

イメージ 5
高下九一 作           大正九年(1920)
イメージ 6
イメージ 7


















この型も九十九年経ちます。
イメージ 10
石段 木製両部鳥居
イメージ 8

イメージ 9
由緒
イメージ 16
拝殿 コンクリート製
イメージ 11

イメージ 12
拝殿前の構え型
イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15
拝殿内
イメージ 17
境内社・稲荷神社
イメージ 18
御免石
イメージ 20

イメージ 19
本殿
イメージ 21
拝殿は宮島に向いています
イメージ 22
宮島を望む構え型
イメージ 23

イメージ 24
宮島
イメージ 25





宮内天王社 広島県廿日市市
厳島神社兼帯七社のひとつ

分かりずらい場所にあります。
参道
イメージ 1

イメージ 2
舟形手水
イメージ 4
杯状穴
イメージ 5
境内
イメージ 3
狛犬の前に大杉があったようです。
樹高30M、樹周り5.5Mの大木でしたが、枯れたため昭和47年に伐採

イメージ 25
由緒
イメージ 26

イメージ 27
山根屋の対
イメージ 6
良い姿の対です。尾道 山根屋の工房作
イメージ 7
石工尾道 山根屋 源四郎    嘉永元年(1848)
イメージ 12
イメージ 13










躍動感があります。
イメージ 8

イメージ 9


















この型は2例しかみたことがありません。
イメージ 10
凝った尻尾
イメージ 11

イメージ 22イメージ 23










拝殿
イメージ 14
拝殿内
イメージ 15
主に大正の奉納額
イメージ 16
拝殿本殿
イメージ 19

イメージ 18
神鴉の岩
神鴉とは
イメージ 28
速谷神社は近いです。
イメージ 17
本殿  三亀甲剣花菱の社紋
イメージ 20
本殿 稲荷神社
イメージ 21
参道
イメージ 24















宇那木神社 広島市安佐南区

宇那木山に鎮座する神社で、甲斐国から勧請されたと伝わります。
鎌倉時代末期に佐東銀山城が武田山に築かれると、その北門を鎮護する社として崇敬されたと云われます。
イメージ 1
こんな所まで猪が出てきているようです。
イメージ 29
入口鳥居
イメージ 2
しゃがみ玉乗り 主に広島市内のみで見られる型
イメージ 3
大きな顔にぶた鼻、巻き毛が多いのが特徴です。
イメージ 4
愛嬌のある顔 ぶた鼻と大きな歯
イメージ 5
イメージ 6




















尻尾も巻き毛で出来ています
イメージ 10

蔓延元年(1860)
イメージ 11



















阿形 大味に見えますが良い彫りです。
イメージ 7

イメージ 8
大きく迫力のある対です。
イメージ 9

イメージ 12
石段
イメージ 13

イメージ 14
拝殿
イメージ 15

イメージ 16

イメージ 28
扁額
イメージ 17
拝殿内の奉納額
イメージ 18
ほとんどが明治の奉納です。
イメージ 19
遼陽(りょうよう)付近之大激戦
イメージ 20

イメージ 21
猪の足跡 新しいです。
イメージ 30

イメージ 27
本殿
イメージ 22
本殿
イメージ 23

イメージ 24
拝殿内から
イメージ 25
イメージ 26




本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事