ここから本文です
安芸Zツーリング城巡り
大型バイクで城めぐりツーリング 主に中国地方 城跡 神社仏閣、狛犬、大木 今は狛犬探索がメインになってます。

書庫神社仏閣・広島

記事検索
検索
萩尾山神社 広島市安佐南区
石段
イメージ 1
石段上の玉乗り
イメージ 2
大正らしいカッチリした作です
イメージ 3
              大正三年(1914)
イメージ 4

イメージ 5
          石工は広島市の石工 中???
イメージ 6

イメージ 7
       大正の広島石工の狛犬は安定感があります。
イメージ 8
阿形も安定してます。
イメージ 9
境内
イメージ 10
由緒
イメージ 17

イメージ 11
拝殿
イメージ 12

イメージ 15
拝殿内
イメージ 13
奉納額 扶桑と山城 
昭和拾壱(十一)年 海軍一等機関兵 勲八等 中村武雄寄贈
イメージ 14
まだ雪が残っています
イメージ 16
本殿
イメージ 21

イメージ 19

イメージ 18

イメージ 20








空鞘稲荷神社(そらさやいなり) 
広島市
原爆ドームの600m上流
イメージ 1
原爆ドーム 
イメージ 2
爆心地から600m足らずの位置に鎮座
「空鞘神社の縁起は甚だ古く、勧請の年紀詳かにするも由無なきも後陽成天皇の御宇豊臣秀次未だ関白たりし文禄元年壬辰の歳、毛利輝元陰陽両道に跨る大守として広島城郭の築城を告ぐるの時枯萩寒草の間此の地に二社あり、大を空鞘大明神、小を彦山明神(現在の幸神社)という」 
イメージ 3
「 空鞘 」 の名は、社頭の松の大木に刀の鞘のみが掛って居た事によりその社名となったと伝えられており、昭和40(1965) の町名改正まで神社周辺は空鞘町と称していました。
イメージ 4

御祭神
宇迦之御魂神  (うかのみたまのかみ)
宇気母智神    (うけもちのかみ)
和久産巣日神  (わくむすひのかみ)
イメージ 6
古尾道玉乗りの傑作です。
イメージ 7
山根屋源四郎傳篤の作です。 玉乗り型では四番目の作
イメージ 8
         原爆にも耐え良い姿を残しています。
イメージ 9
       豊かなたてがみ 渦巻紋
イメージ 14
文政十一年(1828)        棟梁と山根の刻が見えます 
                  棟梁石工 山根屋源四郎 藤原傳篤
イメージ 14
イメージ 5














阿形は崩壊中
イメージ 11
こちら側は植生豊かなので緑に変色しています。
イメージ 10
         直台はコンクリで補修されています。
イメージ 12
      後足は短くなっています。
     針金が取れたら崩壊しそうです。
イメージ 13
      尻尾も凝ってます
      10分くらいここをウロウロしてしまいました。
イメージ 15
稲荷神社 稲荷神社の中の稲荷神社?
イメージ 16
境内社
イメージ 17
イメージ 18
皇紀二千六百五十五年(1995)平成七年
イメージ 19

イメージ 26





















            玉乗り型 昭和四年(1929)
イメージ 20

イメージ 23
 高下九一では無く
石工・中島新町 熊野米吉
中島新町は原爆で無くなっています。
ほぼ爆心地です。
石屋も石工も原爆で亡くなったであろうと思います
現在の平和公園の南、平和大通りあたりにあった町です
イメージ 23


















高下九一作に似ています。 大変良い腕の石工だったのでしょう。
イメージ 21
イメージ 22


















本殿
イメージ 24
扁額
イメージ 25
本殿は無く拝殿のみの造り
イメージ 26
都会の中の森です。
イメージ 28

イメージ 27












廣瀬神社 広島市被爆狛犬
神社入口 ちょうちんで飾り付けられています
イメージ 1
毛利氏の菩提寺、洞春寺の鎮守社であったという所伝もあります。
広瀬弁財天と称したが、享保八年(1723)広瀬大明神と改め、
さらに明治5年広瀬神社と改めた。
イメージ 2
由緒
イメージ 17
被爆直後の廣瀬神社
入口の狛犬と鳥居以外すべて吹き飛んでいます。
昭和20年8月原子爆弾のため廃墟に帰し、戦後の市街地区画整理のため境内地は半減。昭和22年に社殿を復興す
神社は爆心地から約1キロの位置です。
イメージ 3
吽阿の配置
台座にヒビ、欠けはありますが狛犬には損傷無し
イメージ 4
吽形は爆風により上台ごとずれています。
皇紀二千六百年記念 昭和十五年(1940)
イメージ 6

イメージ 7
 阿形
狛犬自体には傷はありませんがゴツイ台座にヒビ、欠けがあります
イメージ 9
良い彫りです。
この型のなかでは最高の出来の対だと思います。
イメージ 8
       阿形の台座の割れ
イメージ 10

イメージ 11
被爆直後の神社
ほぼ上の写真からの撮影 狛犬は落ち台座のみになっています。
鳥居の他の建造物はすべて吹き飛んでいます
イメージ 5
上の写真の台座。尾道石工の江戸玉乗りが乗せられています。
イメージ 12
阿吽とも原爆で台座から落ちたようです。
吽形は台座の半分を他の石で繕っています。
イメージ 15
        安政六年(1859)
イメージ 13
   
イメージ 31
           尾道住人 石本屋 和助 作
イメージ 30
阿形
イメージ 14

イメージ 16
大正六年の玉乗り 社務所が新しくなってます。
イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19
拝殿前には護国型
イメージ 20
皇紀二千六百年 昭和十五年(1940)
イメージ 22

イメージ 23

イメージ 21
護国型から境内参道
イメージ 25
拝殿
イメージ 24

イメージ 26
本殿
イメージ 28

イメージ 27

イメージ 29
















新宮神社 広島市内一の大銀杏   安佐北区白木
イメージ 3
大きな銀杏
イメージ 21

イメージ 1
面白い顔の玉乗りです
イメージ 5
三角の歯
イメージ 6
イメージ 7




















耳まで裂けた大きな口
イメージ 8
昭和七年奉納
イメージ 10

イメージ 3
高さが約35mにもなり根元はこぶのように盛り上がり、また樹皮のところどころには小さな乳柱が見られ樹齢は推定約600年と云われます。
イメージ 2

イメージ 20
大銀杏は広島市内最大
イメージ 11
境内社
イメージ 12
拝殿
イメージ 4
拝殿の装飾が面白いです
イメージ 13
蟇股 トラ
イメージ 14

イメージ 15
ねずみ
イメージ 16
木鼻は猿?虎?
イメージ 17
阿は猿に見えます
イメージ 18
本殿は小さく地味です
イメージ 19

イメージ 9




客人(まろうど)神社 広島市湯来
イメージ 1
境内にそびえる2本の銀杏
イメージ 17
狛犬
昭和五十八年奉納 吽阿の配置
イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 7
拝殿
イメージ 6

イメージ 9
拝殿内
イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13
境内は黄色の絨毯
イメージ 14
龍の手水 夜はライトアップします。
イメージ 15

イメージ 18
本殿
イメージ 10
撮影しに来る人がちらほら居ます
イメージ 8
人気の出そうな銀杏スポットです。
イメージ 16





本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事