中小企業の民事再生

民事再生という再建方法を知っていただきたく,ブログを開設いたしました。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 次のページ ]

民事再生と事業譲渡

民事再生には,配当原資の調達方法により,企業存続型,事業譲渡型,清算型の3つの類型があると,以前ご紹介したことがあります(http://blogs.yahoo.co.jp/procedures_collectives/12677864.html)。
 
先日,民事再生なのに,事業譲渡,清算というのはどういうことか,とご質問を受けました。
 
民事再生手続きにおいて,事業譲渡,清算を行うというのは,民事再生が再生の対象としているのは,「法人」ではなく,「事業」だからです。

財産帰属や法律行為の帰属主体である「法人」は消滅しても,人的・物的設備が事業目的のために有機的一体となった実体である「事業」は消滅せず,この「事業」を再生させるというのが民事再生です。
確かに,「事業」を再生させるためには,事業すなわち有機的一体となった人的・物的設備の扇の要(かなめ)もしくは連結点となるべき「法人」(または「事業」を包む枠組みとしての「法人」ともいえるかもしれません)の存続というのが,第一に検討すべき方法です。
しかし,「法人」自体を残すのではなく,「事業」そのものを残すことさえできるのであれば,様々なしがらみのある「法人」は脱ぎ捨てて,新しい「法人」に事業を引き継いだ方が良い場合もあります。
民事再生における,事業譲渡での再生とは,概略,このような意味です。
 
民事再生での清算の持つ意味については,また次の機会に。

この記事に

開く コメント(0)

標記セミナーを下記要領にて行います。

開催日:平成21年4月30日(木)
時 刻:午後1時30分〜6時
受付開始:午後1時
参加費:5,000円
場所:大阪市立いきいきエイジングセンター
     東棟3階 第2研修室
     大阪市北区菅原町10-25

お問い合せは下記までよろしくお願いいたします。

権藤健一法律事務所
担当:田中・櫻本
Tel:06―6364―9275
Fax:06―6364―9276
Mail:seminar@gondolaw.com

会社生き残りセミナー『会社生き残りの公式』
第1部:中小企業の再生手法
第2部:自力再生について
第3部:リスケジュール等,銀行交渉
第4部:M&A,事業譲渡,会社分割
第5部:法的再生について

この記事に

開く コメント(0)

標記セミナーを下記要領にて行います。

日時:平成21年3月23日(月)午後1時30分〜6時
受付開始:午後1時
参加費:10,000円
場所:大阪市立いきいきエイジングセンター
     東棟3階 第2研修室
     大阪市北区菅原町10-25
     電話:06-6311-3255

お問い合せは下記までよろしくお願いいたします。

権藤健一法律事務所
担当:田中・櫻本
Tel:06-6364-9275
Fax:06-6364-9276
Mail:seminar@gondolaw.com

企業生き残りセミナー『倒産リスクからの突破口』

第1部:金融収縮後の中小企業の状況―倒産リスクについて
第2部:自力再生について―リスケジュール,私的整理など
第3部:事業再生のための事業計画作成のポイント
第4部:スポンサー協力について―M&A,事業譲渡,会社分割
第5部:法的再生について―民事再生法による再生

この記事に

開く コメント(0)

企業生き残りセミナー

平成21年2月24日(火)午後1時30分から(受付開始午後1時),大阪にて,上記のセミナーを予定しております。

お問い合せは下記までよろしくお願いいたします。

権藤健一法律事務所
担当:小林・仲野
Tel:06-6364-9275
Fax:06-6364-9276
Mail:seminar@gondolaw.com

この記事に

開く コメント(0)

再生手続終結率

イメージ 1

司法統計におきましては,再生事件の終局区分別の既済事件数が公表されております。
そのうちの通常再生(個人再生ではない企業再生)につき,平成12年から平成19年までの終結率(再生計画案が滞りなく弁済され終結した事件数の全体に占める割合)をグラフ化いたしました。
通常再生手続の終結率は,平成17年には75パーセント,平成18年には78パーセント,平成19年には74パーセントと,70パーセント以上の高率で推移しているといえます。

この記事に

開く コメント(0)

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事