ここから本文です

書庫全体表示

イメージ 1

イメージ 2

先日アップしてすぐに反響があった『UNi メッセンジャーバッグ』。

製作者の上野氏からのメールを頂きました。

「東京でメッセンジャーを10年間やっていました、
メッセンジャー時代から自分で使うバックや友達のバックを作ったりしていたのですが、今回メッセンジャーが
仕事で使うバックではなく自転車に乗る方が普段使えるメッセンジャーバックを作りたいと思い、本格的に作り始めました。

革で作っているのは、両親が革靴の職人だった影響が大きいです。
好きなんですよね革って。

Uni(ユニ)のバックについてなんですがとにかくシンプルなメッセンジャーバックを縫い目や、ベルトが着く部分が見えないバックを作りたくてこのような形になりました。
インナーが取り外せる事によって手入れの面でも比較的楽だと思います。

また、仕事で使ってきて壊れやすい部分やどうしてもテンションがかかってしまう部分には、カシメを打って補強しているので丈夫に仕上がっています。
一つのバックに10個打ってます。

全体のイメージとしては侍が背負っていた風呂敷(バガボンド17巻、武蔵が吉岡に乗り込む際に背負っていた風呂敷)のイメージに近ずけたかったので、他のメッセンジャーバックよりも横長になっています。

フラップの所にある凹マークは、小さい頃両親の仕事を手伝っている時に、靴のサイズを表すマークとしてついていたのをずっと見ていて凄く好きだったので、メッセンジャー時代からバックにつけるようにしていました。
もちろん機能的な面では何もありません。

僕も自転車が大好きなので、Uniのバックも自転車が大好きな方に使って頂けたら嬉しいなと思っています。

機能性で言えば、レジスタントやクランク等の元メッセンジャーが作っているバックで素晴らしい物はたくさんあります、彼らが作っているバックは本当に素晴らしいので機能性を重視される方にはレジスタント、クランク、コゼバックの方が正直いいと思います。

それでも、革の風合いや質感、使い込んだ際のあじを楽しみたいのであれば是非Uniのバックを使ってみて欲しいなと思います。
背負って頂ければ良さが分かって頂けると信じています。」

イメージ 3


後で訂正が入り、17巻ではなく、3巻17ページだということでした。

私は、モノ作りをする上で、こんな感覚と言うか、感性が大好きです!


  • 顔アイコン

    元ネタがバガボンドとは・・・
    恐れ入りました。

    買いそうです(笑)

    [ bik*e*024 ]

    2010/3/19(金) 午前 2:07

    返信する
  • 顔アイコン

    bik*e*024さん、おはようございます!

    良いでしょ、このノリ、ラルフローレン何かにしても古着屋、野良着なんですから、それから考えるとよほど創造性が有りますよね!

    [ PROMENADER ]

    2010/3/19(金) 午前 10:39

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事