ここから本文です
小型ドローンの製作にはまっています。
Diatone 2018 GT-M3 130を液晶モニターで使用していましたが、安定度が高くFPVゴーグルでも飛ばせると思いダム湖公園のRCサーキットに行きました。

しかしFPVゴーグルでは周囲が見えにくく、簡単に機体の位置を見失って墜落してしまいました。

イメージ 1

GPSやVTXが外れてフレームの取り付けビスが曲がって、フライトコントローラーの取り付けスペーサーが1個折れました。

原因はカメラがレース用の上向きについているためホバリング状態では空しか見えないので、高度が約70m以上になっていることに気がつかなくて、完全に機体の位置を見失ってしまったからです。

イメージ 2

墜落直前の画像です。かなり高く上がっていたようです。

高度が高く自分の真上だったようで、音も聞こえないため完全に見失ったので高度を下げて墜落させました。

しかし墜落音もぜず機体がバラバラになったためブザーも鳴らないため、しばらく周囲を探しました。

10分ぐらい周囲を探して、自分の立っていたところから数メートル所にVTXを見付け、すぐそばの溝の中で見つかりました。

イメージ 3

まったりした飛行スタイルなので、墜落の反省でFPVカメラをやや下向きに付けることにしました。

本来の取り付け穴ではカメラは上向きにしか付かないので、ワッシャーをはさんでフレームの隙間に固定しました。

イメージ 4

いきなりFPVゴーグル使用は無理そうなので、FPVモニターを見ながら操縦してFPVカメラの距離感をつかむところから始めたいと思います。

RunCam Micro Swift 2のピント調整で左側のピンボケは解消できました。

イメージ 5

いつもの河川敷公園でのフライトデータです。
最高速にチャレンジして59km/h出ました。

この記事に

開くトラックバック(0)

皆様 明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

イメージ 1

新年初飛行はMAVIC2PROで済ませたのですが、いつもの河川敷公園でDiatone 2018 GT-M3 130とDiatone Grasshopper 160のテスト飛行を行いました。

イメージ 2

前回の飛行後にRunCam Split Mini 2の動画を確認すると左側がぼやけていました。

片側のみぼやけるのはレンズの光軸と画像センサーの角度が垂直ではないと思われるので、残念な結果です。

仕方が無いので、レンズのピント調整を行って、ほぼ全体にピントが合う妥協点にセットしました。

画質はRunCam Splitに比べると落ちますが、実用の範囲だと思います。

イメージ 3

HAKRC Mini F4 Flight ControllerのOSD画面です。

今回はやや風があり少し飛ばしにくかったのですが、Diatone 2018 GT-M3 130はDiatone Grasshopper 160より機体の安定感があって楽に飛ばすことができました。

イメージ 4

INAVアプリのOSDセッティングです。

この記事に

開くトラックバック(0)

Diatone 2018 GT-M3 130にFPVカメラRunCam Split Mini 2を搭載しました。

イメージ 1

HAKRC Mini F4 Flight ControllerのOSD入出力にカメラとVTXの配線を行いました。

カメラ電源は5VからOKなのでOSD端子から取り、VTXの電源はESCのバッテリー入力端子から取りました。

イメージ 2

RunCam Split Mini 2のDVR基板はフレームにアルミスペーサーを入れてかさ上げして、三段重ねの一番上に取り付けました。

アルミスペーサーはタミヤミニ四駆用のスペーサーセットを使用しました。

イメージ 3

GPSと録画機能付きFPVカメラ、VTXの全部入り、3S 450mAhバッテリー込みで171gになりました。

イメージ 4

早速いつもの河川敷公園でテスト飛行を行いました。

イメージ 5

重量が171gと重くなりましたが1104モーターで問題なく軽快に飛行可能でフリップやロールも出来ました。

ビデオ録画機能とVTXの電力消費が心配でしたが、7分間の飛行が可能でした。

DVR基板とVTXの電波がGPSに影響しないか心配でしたが、NAV POSHOLDもNAV RTHも電池2パックまでは全く問題なく動作して油断してしまいました。

3パック目に少し遠いところでNAV POSHOLDのスイッチを入れると急速に横走りする現象が起きて、あっという間に川の向こう岸の道路まで行ってしまいました。

遠くで向きが分かり難かったので、NAV RTH発動すると横走を始めたのでパニックになって、水没だけは避けたかったのでそのまま山に突っ込んでしまいました

冷静に考えればFPV画像があるので向きを確認すれば帰ってこれたと思います。

イメージ 6

道路の上に電線があるため高度を取ったので、道路よりかなり高い場所に突っ込みました。

急な斜面ですが、幸い保守用の通路があったので上まで登って上から下りながら探しました。

プロポでブザーを鳴らしましたが、50mぐらい離れると小鳥の鳴き声があって分かりませんでした。

イメージ 7

暗い山の中ではLEDが有効で遠くから確認出来て回収することが出来ました。

GPSがエラーを起こした原因は不明ですが、これからは離陸後に近くでNAV POSHOLDのテストをしてから飛ばすようにしようと思います。



この記事に

開くトラックバック(0)

Diatone 2018 GT-M3 130にFPVカメラを搭載して、いつもの河川敷公園でテスト飛行を行いました。

Mavic 2 Proでは空撮できる範囲が限られるので、200g未満空撮機として組み替えたいと思っています。

とりあえず重量増で飛行に影響が出ないかFPVカメラとVTXを取り付けて、配線はしていない状態でテスト飛行を行いました。

イメージ 1

GT-M3 130とGEP-MSX3の2台で比較テストを行いましたが、BARO付のGT-M3 130の安定度は高く、GEP-MSX3もBARO付フライトコントローラーに代えたい感じです。

イメージ 2

FPVカメラRunCam Micro Swift 2とVTXを搭載すると離陸が少し重く感じましたが、飛行には問題ないようです。

フルスロットルで前進したときに、バランスを崩して宙返りしたのですが復元力は高く一瞬で元に戻りました。

VTXのアンテナを高く上げていたのが宙返りの原因では無いかと思います。
アンテナは後方に伸ばすタイプの方が良さそうです。

イメージ 3

FPVカメラとVTX、バッテリーを搭載して161gです。

RunCam Split Mini 2を購入しているので取り付けたいのですが、搭載するスペースに悩んでいます。

機体内部にDVR基板を入れると基板3段重ねになるのですが、スペース的に無理です。

VTX無しでVTXの位置にDVR基板を搭載する選択肢も考えていますが、悩み中です。


この記事に

開くトラックバック(0)

Mavic 2 Pro 空撮テスト

Mavic 2 Proが修理で帰ってきてから、2回空撮飛行を行いました。

機体と送信機のリンクに問題は無くなりました。

イメージ 1

これからはMavic 2 Proは空撮専用で使おうと思うのですが、航空法に違反せずに飛ばせる場所を探すのが難しく感じています。

まだ購入したばかりなので、水没が怖く水上飛行は操縦に自信が出来てからにしたいと思っています。

イメージ 2

1回目は私がよく行く、広島県と山口県の県境の弥栄湖の岩国市美和町側からの空撮です。

イメージ 3

2回目の空撮は練習でも時々利用するダム湖公園の運動公園に行きました。

トライポットモードやスポーツモードの飛行確認を行いました。

トライポットモードはかなりゆっくりな動作で全方向障害物検知が可能なので林間の狭い空間を空撮するのに良さそうです。

Android スマートフォン SONY XPERIA Z3は若干画像に遅延が感じられることがありますが空撮用途だと特に不満はありません。

Simなしで運用していますが、DJI go4アプリで地図のダウンロードを行って使用しているため、自宅から離れても地図の表示に問題はないようです。

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事