KURENI 主と共に歩む恵みの日々

2019年がやってきましたね〜。チャレンジの一年!!

全体表示

[ リスト ]

以前から訪問したいと考えていたところに「今井館」がありました。去る5月27日(月)の午後に時間が与えられ、訪問してきました。
イメージ 1
◇「今井館」というのは、日本に多大な影響を与えた内村鑑三の記念館です。イメージ 61900年、大阪の香料商人、天満教会員の今井樟太郎が、京都で開かれた内村鑑三の講演会に参加し感銘を受け、事業不振で苦境にありましたが、内村の励ましを受けて、事業が好転しました。
イメージ 2
今井は1906年に召されました。内村は彼のために墓碑銘を書き、1907年天満教会で開かれた記念会に出席、その際に「友好の秘儀」との講演を行いました。その感謝として、今井夫人から献金を受け、それをもとに、豊多摩郡淀橋町柏木の自分の土地に聖書講義のための会場を建設し、「今井館」と呼びました。今井館は新宿にあったのですが、現在は、目黒区柿の木坂近くに移築されてます。
イメージ 3
◇わたしは中学1年生の時に、担任となってくださった渡邊正夫先生の影響で、中学、高校、浪人時代、そして神学校時代も、牧師になってもいつも、内村鑑三のことを考えつつ生きてきました。ですから、霊的な緊張を持っての訪問でした。
イメージ 4
◇今井館は、玄関を入ると8畳と6畳の二間でした。隣に記念館があり、多くの写真と内村鑑三の著書、矢内原忠雄、藤井武、関根正雄、高橋三郎・・等の個人月刊誌がずらりと並んでいました。案内をしてくださった方や事務の方々が、お茶はいかがと招いてくださり、楽しい会話の時を持ちました。3時間ほどの時間を過ごして帰りました。時間を越えて内村先生や集った青年達の姿が浮かぶような体験でした。
イメージ 5

閉じる コメント(3)

顔アイコン

今井館に行ってこられたのですね。二年前ここで十数年前より筋萎縮硬化症という難病で入院のしている聖研仲間の慰問のために大阪よりはまだ・阪井氏をお招きして【瞬き詩人水野源三コンサート】を開いたことがありました。詳しくは私のブログをご覧ください。

2019/6/24(月) 午前 11:52 [ kabanotakara ]

顔アイコン

コンサートの様子は私のブログの書庫【イエスとともに】の5列目です。

2019/6/24(月) 午前 11:58 [ kabanotakara ]

顔アイコン

今井館に行って、カバ先生のことなど思い出しておりました。今井館では、数人の方々と親しい交わりを頂いて、とても暖かいものを感じました。それと共に、思わない誤解などもあるのかな…と感じるところもありましたね。でも、内村先生のことは、とても、心に残りますね。大阪の阪井氏を招かれたコンサートの件。ゆっくり伺いたいと思いつつ、まだ行けていません。ごめんなさいね。

2019/7/6(土) 午後 8:55 ps2**62000


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事