牧師雑感

日々の出来事を書いていきます

全体表示

[ リスト ]

ダイヤモンドの土地

 昔、インダス川のほとりにひとりの農夫が暮らしていました。広大な農場で大きな家もあり、周りからうらやまれるほどの暮らしをしていました。
 
 ある日一晩泊まった旅人が、ダイヤモンドの話をしてくれました。その高価な石を手に入れれば、今の農場の何倍もの土地が手に入る。
 
 一つかみのダイヤモンドで国も買うことができるかも知れない。王侯貴族にもなれるというとてつもない話でした。
 
 彼はまんじりともせず夜を過ごし、農場を売り払い、財産をかき集め、ダイヤモンド捜しの旅に出かけました。
 ヒマラヤを捜し回り、パレスチナへ行き、その後ヨーロッパの国々を捜しましたが、見つかりませんでした。
 お金は底をつき、着物はボロボロになり、食べ物もなく飢え渇きにさいなまれ、ついにはスペインの崖から、海に飛び込み死んでしまいました。
 
 その頃、農場を買い取った男が、農場を流れる小川を渡ろうとしたら、キラリと光る石が見えました。それを拾い上げた男は、七色に輝く光の石を家の暖炉の上に飾りました。
 
 前にその家を訪れた男がまた宿を求め、暖炉の上に置かれている石を見ると、興奮して叫びました。ダイヤモンドだ。どこでこれを見つけたのですか?
 
 男は家の庭で見つけたただの石ですよ!まだたくさんあります。旅人はまた叫びました。これは本物のダイヤモンドです!
 
 史上最大と言われるダイヤモンド鉱山・ゴルゴングの鉱脈はこのようにして発見されたのです。
 
 ラッセル・コウンエル牧師は、この話を説教として6000回以上話したそうです。自分の教会だけでなく、アメリカ中をビジネスマンのためにも講演し、やがてはテンプル大学を創設し、多くの若者たちにも多大な影響を与え続けました。
 
 このダイヤモンドの土地から三つのことを教えられます
 第一に、自分が住んでいる土地にダイヤモンドは無いと思って、捜しまわった農夫の悲劇です。私たちも自分には何もないと、不平や不満の気持ちで捜し回っているなら、永久にほんとうの幸せを見つけることはできず、失意のうちに生涯を終えて島します。
 
 だから、自分の与えられている恵みの豊かさに早く気づいて感謝しつつ、おかれた所で輝いて生きることが一番です。
 
 「見よ。わたしはだれも閉じることのできない門をあなたの前に開いて置いて。あなたは少ししか力がな方にもかかわらず、わたしのことばを守り、わたしの名を否定しなかったからである」 黙示録3章8節
 
 第二に、ダイヤモンドの原石は研磨されないままだと、ただの珍しい石にすぎません。カットされ研磨されてこそ、素晴らしい値打ちあるダイヤモンドとなるのです。イスラエルやオランダで研磨工場を見学しまし、素晴らしい輝きに磨き上げられる工程に感動でした。
 
 「今の時の軽い艱難は働いて、永遠の思い栄光をもたらすのです」
 「なぜなら患難をも喜んでいます。患難は忍耐(練られた品性)を生みだし、忍耐は希望を生みだすことを知っているからです。そしてこの希望は失望に終わることがありません。なぜなら聖霊によって神の愛が豊かに注がれているからです」
 
 第三に、二番目の農夫も、旅人のアドバイスが無ければ宝の持ち腐れで、ダイヤモンドに気づかず単なる飾りに過ぎません。良いアドバイザーや協力者が有ると、すごい能力が発揮されるのです。
 
 「信仰の創始者、導き手であり完成者である、イエスを見上げつつ進もうではありませんか」
 
 「わたしは決してあなたを離れず、あなたを見捨てない」「見よ。わたしは世の終わりまであなたとともにいます」
 最高の導き手であるイエス・キリストがおられる人生は、どこにいてもそこがダイヤモンドの土地となるのです。
 
 詩篇1:3まことにその人は、流れのほとりに植えられた木のようだ。ときが来ると実がなり、その葉は枯れない。その人は何をしても栄える。繁栄する。成功する。
 
 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事