心理学的快楽主義者による膨大な情報と雌伏の日々に対する考察

久々に更新しました(^O^)/ このあと2記事、更新予定です(・∀・)

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1

<あらすじ>
ニック(アネット・ベニング)とジュールス(ジュリアン・ムーア)はレズビアンのカップル。お互いに人工授精によって授かった18歳の娘ジョニ(ミア・ワシコウスカ)と15歳の息子レイザー(ジョシュ・ハッチャーソン)がおり、郊外の一軒家で仲良く暮らしていた。そんな中、年頃のレイザーは、母親たちに精子を提供した“父親”の存在が気になり始める。両親に内緒で父親探しを始めたレイザーとジョニは,人気レストランのオーナーを務めるポール(マーク・ラファロ)という男性が生物学上の父親であることが判明する。気ままな独身生活を送る気さくなポールにすんなりと打ち解けてゆくジョニとレイザー。一方、子どもたちがポールと会っていることを知ったニックとジュールスは、事態を穏便に終息させようと、ポールを食事会に招くことにするのだが…。

匿名の精子提供でそれぞれに子どもを妊娠、出産したレズビアン・カップルと、大人になるにしたがって次第に自分たちの生物学的父親の存在が気になり始めた2人の子どもたちが織りなす複雑な人間模様をコミカルなタッチで綴るドラマ。
監督は,「しあわせの法則」のリサ・チョロデンコ。

レズビアンのカップルが,それぞれに人工授精で子どもを授かり,それで4人で家族を形成しているという異色なファミリー。
しかしながら,家長役のニックをはじめ,仲睦まじく理想的に暮らしています。
そこに,長男のレイザーが好奇心から精子バンクのドナーの父親を探しだしたことから状態は変化していきます。

ここからの家族の4者4様の描かれ方が見事です。
長男のレイザーは,自分が言いだしっぺだったのにもかかわらず,いざ"実の"父親に会ってみると照れたり物怖じしたりします。長女のジュリは社会での成功者として羨望の眼差しを持って見つめています。
ニックは,家族を乱す異端として神経をピリピリさせる一方で,ジュールスは,ポールの魅力に惹かれていきます。

ポールは,あくまでも部外者として節度を持ちながらも,やはり家族として関わりを持ちたいという思いが高まっていき,この家族との接点を増やしていきたいと考えます。
それに順応していく家族の中,ニックだけはポールを頑として認めない姿勢を保っています。

異色な組み合わせながらも安定していた家族関係が,本来はそこにいるはずの"父親"が介入してくることで,バランスを失うという構成が素晴らしいと思いました。

ただ,この物語の顛末が,ちょっといただけない。
詳細は書きませんが,本作は,極めて閉鎖的な姿勢で家族を描くことに終着してしまいます。
自分たちこそが理想の家族であり,他に誰も必要としてないということを前面に押し出した形になります。

リベラルな形の究極系とも言えるような家族でありながら,旧態依然の閉鎖的な雰囲気に終始してしまうというのは少し興ざめでした。
このへんは監督とか脚本家の意図とかが影響しているのかも知れないので,大きくは言えないのですが,せめて新しい道を模索する方向を暗示して欲しかった印象です。

途中まではすごい良かったんですけどね・・・。

開く トラックバック(1)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事