教育学者がやってみた、PTA会長日記

教育学者ですが、子育ては素人同然。そんな私がどうしてPTA会長に?!

退任後のこと

すべて表示

感謝状が届く

 4月27日(火)、本年度最初のPTA総会が開催されました。私は欠席したのですが、副会長が簡単にことのあらましを報告して下さいました。スムーズに流れたようです。  市P連の脱退については、私の作成した資料が配布され、新会長から口頭で説明があり、結局は会長の預かり事項とする旨が伝えられたそうです。予定通りですね。  また、役員さんが私のために花束と記念品と感謝状を自宅に送り届けて下さいました。嬉しかったです。これで本当に私の役目は終わりました。この日記も今日で終わりとしますかね。  2年間、お読みいただいてどうもありがとうございました。私個人もとても勉強になりました。年をとっても、この時代を懐かしく思い出すことと思います。現役の役員さん、委員の方々、子どもたちの将来はあなた方の肩にかかっています。  どすべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

 タイトルは刺激的ですが、若者の素晴らしいところも併せて書いています。一応、作者の主張に対するフェアな印象は持ちました。  けれど、問題は方法論です。何人かの若者にインタビューを試み、その結果をもって今の若者はこういう考え方だ、というアプローチにどれだけ統計的有意性と信頼性があるのでしょうか。  つまり、「近頃の若者」の母数は厖大なはずで ...すべて表示すべて表示

NHK「ハーバード白熱教室」

2010/4/6(火) 午後 6:01

 NHK教育でとても興味深い番組が始まりました。「ハーバード白熱教室」というのがそのタイトルです。ハーバード大学で最も人気のある講義を録画で中継するという夢のような試みで、既に4月4日(日)に第一回の放送がありました。 http://www.nhk.or.jp/harvard/  私はもちろん録画して、夜に小学生の長男と二人で観ました。 ...すべて表示すべて表示

 今回の市P連幹部との話し合いで最も印象的だったのは、こちら側がチームとして機能していたことです。自画自賛のように聞こえるかもしれませんが、褒められるべきは私以外の役員さんや校長先生なので、決して自慢をしているわけではありません。  話し合いの中で、私自身は言い過ぎたこと、その逆に言い足りないことが一杯ありました。それらを救ってくださったのが校長先 ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事