雄山の戯言

別でもってるブログのバックアップです(作業中)

全体表示

[ リスト ]

昨日の停電も朝8時ごろ。
今日の参拝も朝8時ごろ。

ちょうど寝ておりました(汗)
夏休みの朝は、ニュースで目覚めます。

とはいえ、小泉首相の靖国参拝は
『想定の範囲内』ということで、
マスコミや各国の対応は動いていると思います。


最近ブログが長いんで簡潔に

・靖国参拝は反対
・ただし諸外国が反対するから反対ではない
・戦争責任者に対する参拝は×
・政教分離の観点から×(司法の判断)

・戦争責任とは、敗戦や甚大な被害(日本諸外国とも)が予想されるのに開戦した『判断に対する責任』
・戦争責任とは、敗戦がほぼ確定しているにも拘らず、ずるずると戦争を継続した『判断に対する責任』
・要するに戦争責任は意思決定を行ったものに責任がある(東京裁判や中国が主張する2分論)

・宗教法人が行う行事に国(総理)が関わるべきではない
・国としての『追悼』(『参拝』ではない)は、別の機関を作って行うべきでそこに戦争責任者は含まれない。
・首相や議員など公務にあるものの行為は「私人」であっても公務と同時という『外観』をもつ。

・宗教法人靖国神社は、国の行事に関わるべきではない。
・天皇の行事は国の行う行事と見られ、それが靖国神社を『特別な存在』にしている。
・靖国神社を天皇の行事から排除する。あるいは、天皇制をやめてしまうべき。
・天皇と宗教が現状はセットとなっており、天皇制が『政教分離』に反するという可能性がある。


戦争責任というのは、いまでは経営責任と似ているかもしれない。

トップが切腹して責任を取ったわけです。
 切腹した殿様を個人レベルで悼むことは否定しないけど、
  国レベルで追悼することはありえない。


首相の参拝を求める人がいるけど、
 首相の行動は公私を問わず、国の行事になる。
  戦争で死んだのは靖国に祀られている人だけではない。


責任については、『誰』に対する責任か?
 という視点を持つべきです。
  小泉首相に決定的に欠けている視点ではないかと思う。


参拝の意味が
「日本国内」は戦死者に対する供養
「中韓」では、戦争犯罪者(ヒトラーのような)に対する礼賛

とギャップがある。

ここは誤解を解く必要があるでしょうし、
 誤解を招くような『外観』を排除していくべきでは無いでしょうか。
 (それが分祀論であったり、追悼施設論であると思う)


以下余談

靖国神社の財政状態がだんだん悪化しているようです。
 ここに公的資金導入は・・ありえないでしょうが、
  国民的な支持というのは得られていないという表れと
   おそらく報道したマスコミは言いたいのでしょうし、
    そうなのかなーとも思う。

靖国問題の判断基準に『政教分離』をもってきたのは、
 一見、杓子定規的にも映るのだけど、
  個々人の内面の問題を国が強制しないという
   本質をついた判断であると思う。

宗教色を廃し、いわゆるA級戦犯を含めた追悼ならよいのか?
 これについては、やはり戦争責任者は除くべきなんだろうな。

「死んだら仏になる」というのは宗教的な考えであって、
 (小泉首相のいう『文化』ではないと思う)
 政治的な行為においては責任論は避けては通れないと思う。


今、ちょうど、小泉首相の談話を聞いて。

3点の反論をききました。

 ・中韓の反対
 ・A級戦犯問題
 ・政教分離

ボクはね、小泉さんは『外観』ということを
 全く無視していると思った。

例えば、
 日銀の総裁が何で株取引などを禁止するべきなのか?
  ということを考えてほしい。
『株取引』の禁止は『財産権』の侵害にもなりかねないことです。
  にも拘らず、禁止論があり、それが正当化される。


結局、その立場にあるものは、
 誤解されるような行動は慎むべきではないか
  と考えます。

(昨日のNHKスペシャルと8/15小泉首相の談話を聞いて思ったこと。)

閉じる コメント(5)

顔アイコン

同感です。終戦の間際まで本当の戦況を知らされず、ただただ国を信じて死んでいった方々の無念を思うと、本当に辛いです。当時国民は中央の人間の盾として消耗されていたと言っても過言ではありません。そして今も、反日デモで実害を被るのは国民です。

2006/8/15(火) 午前 11:49 [ tatafornow ]

顔アイコン

端的にいって、憲法違反ですね。分祀しようが、それによって外国からの反対がなくなろうが、首相の参拝は違憲です。

2006/8/15(火) 午後 1:46 [ tom ]

顔アイコン

tatafornowさん★「人間の盾」という側面は否定できないですよね。情報操作、扇動、軍国教育などにより戦争に駆り立てられた国民も諸外国民も犠牲を強いられました。

2006/8/15(火) 午後 4:06 pud*r*123*56

顔アイコン

TOMさん★たしかに違憲ですよね。ところで、憲法改正により違憲状態が解消されればOKということでしょうか?単に違憲というだけでなく、なぜ参拝がNOなのかという視点もほしい所ですね。

2006/8/15(火) 午後 4:08 pud*r*123*56

顔アイコン

憲法を改正して、というのであれば、首相の靖国参拝が憲法に違反するということを、靖国参拝支持派が認めることが大前提となります。違憲でないと考えるのであれば、改憲の必要はありませんからね。しかし、靖国参拝支持派の違憲論は聞いたことがないです。

2006/8/15(火) 午後 5:06 [ tom ]

開く トラックバック(2)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事