フォルモサ台湾生活日記

勝手ながらブログを引越しいたしました。これからもどうぞ宜しくお願いいたします(^^)

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全53ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

3年以上続けてきたyahooブログでしたが、

機能的に他ブログにかなり劣る部分を色々感じてきたので

お引越しを決めました。

新しいブログはこちらです。→ http://pukii.blog85.fc2.com/

どうぞよろしくお願いいたします。

PUKI

開く トラックバック(2)

ネットが〜っ!

我が家のPCの「インターネットエクスプローラー」くん、

昨日から突然

「申し訳ないんですが、あたくしココでお暇いただきます。」

と言い捨てて、勝手に強制終了・・・・

通算300回近くフラレた(強制終了)ので、とうとう逆ギレしたpukiちゃん。

IEをバージョンアップ(IE6→7)してやりました。


ふう。
今はようやく大人しくなってくれましたわ。


というわけで、またしてもブログ更新はSTOPに。
ちぇっ


明日から2週間ほど日本に帰ります。
埼玉に住む妹の家に居候予定。


3年ぶりの「桜」です。楽しみ^^

(北朝鮮のミサイルは怖いけど・・^^;)
 
 
 
 

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

そうそう。
先週末に夫と2人、台湾の歌姫ことアーメイ(張惠妹)のライブに行ってまいりました。

実はつい半年ほど前までは、彼女にそんなに興味がなかった私。
ある時、台湾のテレビ番組「オンチをいかにして直すか」を見ていたところ、
司会者が

「アーメイの歌は、みんなチャレンジして撃沈するんだよねー。とくに「聽海」。
 あれはアーメイだからこそサラっと歌えるようなものの、一般人が手を出すと大失敗よ〜」
なんていうコメントを聞いてからというもの、
即座にアーメイのCDを買い、すっかりハマった単純ニッポンジンなのでありました。


もちろん。
ライブはすごーーーーーーーく良かったです。
彼女は原住民なのですが、ちょうど会場にはアーメイの家族が応援にかけつけていて
全員が原住民の伝統衣装を身にまとって応援している姿はすごく感動的。
アーメイも原住民の民謡を誇り高く歌っていて、私まで涙ぐみそうでしたわ。ぐすん。


余談ですが。
台湾のコンサートはいつも小道具が必須。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/34/02/puki_puki2007/folder/183438/img_183438_50987925_0

今回は蛍光棒(わたし用)とハンドくん(夫用)で応援!
夫の「ハンドくん」
使用3分後、電球部分が勝手に飛んでいき。前方着地後はいつまでも地面で無残に光ってました。

ま、80元なのでこんなもんです。











 

お久しぶりです♪

pukiです。こんにちは〜

ブログ忘れていたわけではなく(^^;、ただサボっていました。
更新意欲はあったのでデジカメで撮った画像ばかりが増える一方の今日このごろ。

今朝気づいたのですが、今日から4月なんですね〜。
この時期になると、台湾の人たちからは「日本の桜、今が一番の見ごろだよね〜」なんて
よく声かけられます。
みなさんホント私なんかよりよっぽど詳しい・・^^

最近のわたしといえば・・

【中国語学習】
相変わらずマイペースでやってます。
今は、リスニング主体の授業を受けています。
台湾のラジオ・子供向けの昔話語りきかせ・大陸(北京語言大)のHSK教材・
の3本立てで、とにかく毎日色々な人の声や発音を聞きまくっています。

台湾なまりと大陸なまりの特徴や相違点を認識したり、
「語調」「キーワード」から会話の主旨を読み取るというクセづけを練習したり等、
教材はワタシにはとても難しいものなのですが、老師がかみくだいて説明してくれるので
個人的にはとても有意義に感じています。


【言語交換】
3人の台湾人女子と継続中。
肩書きの違う女子(女子大生・若手OL・同年代主婦)なので、
ガールズトークの内容がそれぞれ違っていて、オバチャン根性の私には毎回が新鮮。
でも最近、彼女達が私の「変テコ中国語」に慣れつつあるんですよね〜。
文法&発音めちゃくちゃなのに通じてしまう。
ううーむ。今後の課題点なのですなあ。



【ボランティア】
これも継続中。
学校の事務職員さんともすっかり顔見知りとなってしまったので、
うっかり悪事は働けなくなりました。はい。


その他は、友人達や夫と共に
相変わらず食べ歩いたり、飲み歩いたり、食べ歩いたり、飲み歩いたりしています。


ま。こんな感じでマイペースです。

そうそう。
結局この冬、一度も風邪引きませんでした。
どうやら年とともに、風邪すら私を嫌がってきたようです。寂しいのう。
 
 
明日から2日間、清明節ということで学校がお休み。
というわけで、ブログ更新頑張ります。(意気込みだけは高いのです)
  
  
 
 

 
  

送行者(おくりびと)

イメージ 1

ここ台湾では、1週間ほど前(2月末ごろ)から公開が始まりました。
ちょうどオスカーの外国映画賞を獲得したあとのタイミングだったので、
映画の宣伝としてはバッチリの好タイミングですよね。

映画公開が始まる前に、台湾人の友人Eちゃんから
「絶対見るべし!というか見なきゃ損するよ!」なんて教えてもらってました。
彼女はクリスチャンなんですが、彼女の通う教会の牧師さんがこの映画を日本で見て感動して、
信者さんたちのために特別に映画配給会社に交渉して借りてきて
(このへんの融通利くところが台湾ぽいですが・・^^)
公開前に一足早く見て大感動したとのこと。

というわけで、昨日見に行ってきました。
感想は一言、こんな面白い日本映画、久しぶりに出会った気がしました。

死が主テーマなんて触れ込みだったので、内容がかなり難しく深刻なのでは・・
との予想に反し、至るところ「大爆笑」の嵐。
そして感動する場面では、「すすり泣く」「鼻水の音」の嵐。

そしていつも台湾で映画を見て感じるのが、
台湾の人の感情表現がとてもはっきりしているということ。

老若男女、映画を見てる間の自分の感情は包みかくさないです。
面白い場面では、拍手して大笑いする。
哀しい場面では、声を上げて泣く。

私の横のカップル男性なんて・・・「鼻水大洪水」で泣いてたぞ。

ま。私も例外にもれず「涙と鼻水の宝石箱や〜」状態でして。
おかげで化粧は全部ハゲてしまい、
しかも化粧直しの持参を忘れたため、「指名手配犯」のような顔でその後街をうろついてました。
知り合いに出会わなかったことを神に感謝します。

今回のこの「おくりびと」。
私が一番感動したのは、
劇場が一番前列の一番端の席まで全てが満席状態だったこと。
こんなに多くの台湾の人々が日本映画に興味を持ってくれたんだ〜
と何かとても感慨深く、と同時に非常にうれしい気持ちでいっぱいでした。

台湾も日本と同じ「死者を尊ぶ」気持ちと「死者を扱う仕事への抵抗感」などは
すごく共感できるらしく
映画が終わったあともあちこちで目を真っ赤に腫らした人々が
同行者と共に映画感想を語りあっていたのも印象的でした。

ちなみにpuki夫の感想は・・・

もっくん、なんであんなに格好良いのやろ〜!?



もっくんのようにスリムで格好良くなりたいそうです。
そんな話をしながら、映画帰りにがっつり焼肉食べに行ったpuki夫婦でした。
 
はい。
 
 

<余談ですが>
台湾にお住まいの方。
この「おくりびと」を確実に希望時間に見たいのであれば、
セブンイレブンの「アイボン」で前日予約発券されることをお勧めします♪
私は信義ワーナーで見ましたが、
当日のチケット購入は長蛇の列&売り切れ出ていましたので・・(^^)
  

  

 

全53ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事