ここから本文です
プクプクビート改造日記
最近、老眼と身体の衰えを感じます。

書庫カブ

記事検索
検索

全13ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

CT110ネタ

イメージ 1
土曜日はゴルフに行きました。久しぶり。2ヶ月ぶりです。上司と3人です。
天気もよく、ストレス解消。気持ちよかった。
イメージ 2
グリーンもこんな感じで、いいゴルフ場でした。
最終ホールで豪雨と雷で撤収。17ホールで終了。
イメージ 10
日曜日はCT110にどっぷり。乗るのは今日で2回目。
きょうも、早朝からプチツー行きます。10時まで。
CT110には、収納が無いので、以前使っていたタンクバックをマグネットでつけています。
カゴでもつけようかな?こんな大きなキャリアあるし。
イメージ 11
今日は林道特集です。早朝の林道は気持ちいいです。
熊にびびりながらの走行です。
イメージ 12
道無き道を進みます。以前冬に行った林道に行ってみました。
さすがに草が生い茂り、冬の雰囲気をまったく違います。
イメージ 13
茂みを書き分けながら進むと、小川に一本橋が草に埋もれてました。
以前通ったことがあるので、知っていましたが、結構これをわたるのは危険でした。
橋の両サイドはもちろん小川。
イメージ 14
なんとか走破しましたが、草むらを抜けてきたのでこんな感じで体中くっつき虫だらけ。
ヘルメットはくもの巣だらけです。
イメージ 15
猿投山を見ながら、のんびり田舎道を走行中。
イメージ 16
三国山に登りました
山頂の展望台よりの景色。
 
10時近くなりましたので、急いで帰宅。
途中、信号待ちで、前に乗用車2台。左はガソリンスタンド。
反対車線からガソリンスタンドへ乗用車が入りたがっています。
なにを思ったか、前のおばさんが運転する軽自動車が、いきなりすごいスピードでバックしてきた。
もちろんこちらはよけきれるわけない。フロントタイヤにバンパーが接触。
私はそのまま左へ転倒。
わが愛車 CT110のアギチャン号は買って2週間で事故車に。。。。
っていっても、ハンドルが左にゆがんだだけのようでしたので、
そのまま赤男爵でホイールアライメント調整。2100円。
 
事故当時、あまりに頭にきたので、久しぶりに怒ってしまいました。
しかし、いい大人ですので、落ち着いて自制してパトカー呼んで事故処理。
まー仕方ない。こんなこともある。
それよりも、家に帰ってからのママちゃんにどう報告するか。それが問題。
たぶん、「好き勝手やってるから罰があたったんだわ」と言うでしょう。おそらく。
この新車をぶつけられた心の痛みに傷口をさらに広げられるかと思うと。。。
 
 
家に着いて、事故のことを報告。。。。
ママちゃん、「好き勝手やってるから罰があたったんだわ」
 
やっぱり言ったー。
あまりに当たりすぎたので、逆に笑えました。
 
イメージ 17
 
次男が風邪を引きましたので、今日は家族サービスはなしです。
11時から病院にママちゃんが連れて行きましたので、その間にプチ改造。
長男は宿題中。
この時間を逃してなるものか。
 
体がでかい私にCT110を少々小さい。まーでも、普通の人がモンキー乗ること考えれば、
私の体とCT110は普通の人とモンキーくらいの感覚かも。。。
やはり、シートが前過ぎるんです。
ノーマルカブと同じ感じ。
シートをダブルシートに変えれば解決なんでしょうが、このキャリアをはずしたくない。
なのであと3cm、シートを後ろにずらします、
 
イメージ 3
ヒンジ部分を改造します。
単純にヒンジの接続を3cmずらせばいいので、こんな部品を組みあわせて、
ひんじを前にだします。
これ取り付け前
 
イメージ 4
取り付け後。
前に出ている長穴はご愛嬌。
だって、切る時間がないのです、
なにかぶら下げれるでしょう。たぶん。。。
 
イメージ 5
改造前と後の比較。
これ改造前、
イメージ 6
これ、改造後
見事に3cmシートが後ろに下がりました。
しかも、結構しっかりしてる。しばらくはこれで乗ろう。
いずれは、モノチリンドロのビックシートがほしいぞー。12000円くらい。
イメージ 9
飛び出した穴あきプレートは、ガソリン携行缶でもぶら下げよう。
携行缶といえば、、、、
先週、プチツー中にエンジンストップしたのは報告したとおり。なのですが、、、
おかしなことが。
この日、出発前にスタンドでガス満タンにしたところ、
4.4リットル入った。。。。????あ・あれ??
走行距離 65km。。。
燃費 14.7km/リットル?????
こんな悪い???
そんなことありえない。
赤男爵は満タンですと言っていたけど???
じつは半分以下しかはいってなかったんじゃ???
だから。先日のエンジンストップは単なるガス欠。。。たぶんそうだろう。じゃなきゃあんなノッキング
しないし、チョークひっぱた状態であんなに走れるわけないし。
これは、ガソリンの残量が分かるようにするか、トリップメータ-が無いと、山の中でガス欠したんでは
心配だ。
と言うことで、トリップメーターつけます。
実は、これ先週アマゾンで買ったんだけど、ママちゃんに隠されていました。
聞くにきけず、一週遅れでお出ましです
 
イメージ 7
 
サイクルメーター。これ結構オリコウサン。
3000円位のものなんですが、速度・距離2つ 時計など多機能
うまくセッティングできればデジタルメータの出来上がり。
まー自転車用なので。そんなに期待してないが、走行距離が分かるのはいい。
 
イメージ 8
ホイールに磁石のようなものを取り付けて、そこまで配線。
100円ショップで買った、配線カバーで保護。
さー、来週、速度あわせてみよう。
タイヤの外周を入力すると、速度があうそうだ。
 
 
 
 

来ましたー。CT110

土曜日の夕方、仕事を早く切り上げて、自宅からテクテク、ヘルメット片手に
赤男爵に彼女を受け取りに行きました。
今日は受け取りだけ。明日は慣らし運転です。
雨が降りそうなので、急いで受け取りです。
 
イメージ 10
 
さすが、土曜日、赤男爵は結構な人。。
店員さんも対応で忙しそう。。
じゃーん。出てきました。CT110
ピッカピッカ。35年前の生きた化石。新車で乗れるなんて夢のよう。
日本では、排ガス規制なんかで、もう売り出せないんでしょうね。
逆輸入車なんて、昔では考えられないです。
イメージ 11
 
各部、チェックのあと、いろいろと説明を聞きます。
店員さんも忙しそうでしたので、早々に分かりましたー。なんていって
あまり、真剣に説明を聞かなかったのが、あとで問題に。。。。
しかし、このスクランブラーマフラーのカッコよさ。
完成されたスタイル。なぜ今、このスタイルで日本で売り出さないんでしょうか?
分かる人には分かるよ良さ。手に入れたものだけが味わえる喜び。うーん
感慨深い。。
イメージ 12
 
さー。日曜日です。朝、5時半に起きて、準備準備。
今日は天気がいい。納車試運転を祝ってくれているような天気。
だいぶ、浮かれています。
まず、メーターを撮影。当たり前ですが新車なので2kmスタート。
これから、何キロ一緒にすごすんでしょうか。このタフな相棒。
そーだ、名前をつけてあげなくては。
今までの名前は、
ホンダ ビートがプクプク号。
初代リトルカブが地下世界のダンディー号
250TRがカワサキ早紀ちゃん号
今回のCT110はオーストラリアではアグリカルチャー(農耕)という部類に入るそうです。アギバイクなどと呼ばれます。
なので、アギちゃん号に決定。
CT110→アギちゃん号。  んーなんて直感的。。
イメージ 13
 
いつものプチツーリングコースで、今までのマシンとの違いを確認します。
幹線道路で60kmくらいで目いっぱい??
こんなもんかなー?(あとで思わぬトラブルに。。)
ギアの入りはカブ110に比べると少々硬い。(そりゃ、35年前のバイクだし)
加速はそれなり??(250TRと比べちゃいけない。排気量半分だし)
ブレーキは利かない。(だって、ドラムブレーキだもん)
慣れなかったのはギアチェンジ。(後ろペダルでシフトアップ)
慣れるまで苦労しました。
バックミラーは振動で何も見えないし自分の肩しか見えない(これは取替えだな)
イメージ 15
やっと、缶コーヒー飲みながらじっくり眺めれました。
ほんとこのマフラー処理格好いい♪
イメージ 14
 
フラットダートで実力を確認します。
驚いたのが、アスファルト上と違い、まさに水を得た魚のようにいい仕事をします
オンロードであれだけ振動したサスペンションがフラットダートだと、地面に吸い付くように走ります。さすがこちらを主に設計されているんでしょう。
いいバイクです。
イメージ 16
 
調子に乗って、サブミッションの実力も確認したくなりました。
スーパーローに切り替えて、1速で上っていきます。
これがとてつもない登坂力。
以前、この場所に250TRで上ったことあるんですが、そのときは恐る恐るで
大変でした。
今回は当たり前のように上っていきます。さすが農耕バイク。
登坂力凄すぎ。これなら広見林道走破出来るのでは???
イメージ 1
 
画像では緩やかに見えるんですが、結構な坂です。
こんなところも行けちゃいます。
イメージ 2
 
こーいう所は、両足をステップからはずして、バタバタさせながら上がっていくと
うまくあがれました。
イメージ 3
 
こんなダートを走るのがとても面白い。
しかし、まだ新車なので、いたわりながらの走行です。
そー言えば、今日は慣らし運転でした。
イメージ 4
 
そんなこんなで、ダートを抜け、オンロードに戻ります。
順調に60km巡航で走っていると、ここでトラブル発生。
いきなりノッキングをはじめ、エンジンストップ。
ここは、自宅から30km離れた山の中。
久しぶりに冷や汗が出ました。
この時点で7時30分。まだ、赤男爵やってないし。。
とりあえず、原因究明。
ガス欠??→満タンでした。
電気系??→キックを何回かするとエンジンはかかりますがすぐ止まる。
何でだろ??いままで順調だったのに。。。。
しばらくノッキング状態で走りましたが、やはり、エンスト。。
地面に座り込み考えます。
いまどきのFiの新車なら、電装系を疑い、こんなことは起きないのでしょうが、
35年前の新車です。キャブレター時代の考えで考えなければ。。。
まてよ。。。。キャブレターか、、、
そー言えば、このCT110は京浜のPBがついていたなー。
カブのダンディー号に京浜のPDをつけていたので、ふと思いつきました。
もしや???
イメージ 5
 
チョークでは。。。
これ、今の状態。。
レバー横向き。
イメージ 6
 
これ、レバー下げた状態。
あー。思い出した。。。。
この状態が正常。
PDもそうだった。
そーかー、今までチョーク引いた状態で走っていたので、
カブって止まったんだー。(カブだけに。。。)
ということは、このチョークを元に戻して、キック。キック。キック。キック。
ブルーン。トットットット。かかった。
走ってみる。
オーいい調子。今まで幹線道路で60kmしか出てなかったのは
このチョークのせいかー。
赤男爵で取り説をいい加減に聞いたのがいけなかった。
普通に75km出ました。しかも加速いい。
そーか、これが本来の姿か。。
なんて、幼稚なトラブル。。
赤男爵電話しなくてよかった。。。。
イメージ 7
 
そんなこんなでなんとか戻ってきました。
試運転の感想ですが、
まずは、ケツが痛い。いすが小さいのとポジションが悪い。
もちょっと後ろに座れると楽なんだけど。
これはシートをビックシートに替えるか、ダブルシートに変えるかで対応しよう。
でもこのリアキャリアをなんとか残したいです。
バックミラーがダメダメ。これはもっと幅広のものに変えよう。
グリップが痛い。もちょっとつるっとしたものに変えよう。
サイドスタンドが弱い。センタースタンドをつけようかな。
とりあえず、こんなところです。
イメージ 8
 
昼からは家族サービスです。
今日は明智鉄道に乗りに行きました。
次男が鉄道大好きなので乗せてあげたくなりました。
ディーゼル機関の単線です。
明智発 岩村で降り、360円 岩村の古い町並みで栗きんとんを食べ
再び明智に電車で戻りました。
イメージ 9
 
次男君は初電車で興奮気味でした。
 
 
 

イメージ 1
 
今週末、いよいよ来ます。CT110
 
たのしみー。この納車前が一番楽しいかも。。。
 
WEBでいろいろ調べてみると、手を加えるところがいっぱいあるみたいで
 
楽しそうです。ここ最近は完成されたFI車を2台(カブ110・250TR)
 
乗っていたので、
 
アナログ時代のバイクに戻ることは、とても楽しみです。
 
チョークひねって、キック何回かしてエンジンに火を入れる行為は
 
久しぶりです。カブのダンディー号以来かな。
 
それでは、やりたいことリストです。
 
まずは、定番のサブタンク。
 
CT110にはトリップメーターと燃料計が無いので、必要かも。
 
見た目もかっこいいし、これははずせない。
 
でも、しばらくは携行缶を縛っておきます。
 
燃費は40km/リットルくらいですから、40x5=200km
 
まー、早朝から10時までで長くても4時間一般道ツーリング。
 
200kmは行かないでしょうが。。。
 
ある方のブログで、自転車用のデジタル式速度メーターを
 
つけておられました。
 
あれ、いい考えですね。当日の走行距離がそのつどリセットできるし。
 
やってみよう。。
 
 
イメージ 2
 
続いて、ラバーステップ。これは楽でいい。振動も抑えられそう。
 
(勝手に他人のブログから載せてます。ゴメンナサイ)
 
イメージ 3
 
これもやってみたい、アナログ式ナビ。
 
林道では必要かも。。
 
(これも勝手に載せました。スイマセン)
 
イメージ 4
 
電気回路図。いずれは12V化
 
しばらくは6Vのままでいきます。
 
トラブルが出てきたら12V化してみようかな。
 
6Vの電球とか手に入りにくそうですが、ネットで見ると結構あるようです。
 
ちなみにアーシングすると、劇的にトルクが変わるそうです。
 
これもやってみたいなー。
 
いまのところ、こんな感じでしょうか。
 
あー、あとマフラーの固定部がさびて穴が開くのが定番らしいので、
 
これは早々に対策しなければ。。
 
 
いよいよ、週末に納車です。
 
楽しみ

 
9月になりましたー。
 
バイク乗りにはいい季節。
 
新しいバイクもほしくなる季節。
 
出てきてしまった。。。ほしいほしい病。。。。
 
今度はこれ。
 
ホンダ CT110 すばらしいスタイル。
 
イメージ 1
 
 
ハンターカブがあるじゃないか。これいいなーとなりました。
 
どちらかというと、オンロード 7割 林道3割なので私の生活に
 
あっているかも。。。
 
イメージ 2
 
いろいろ調べてみると、1980年代にもう生産終了しているんですね。
 
知らなかった。よく見かけるんだけどなー。
 
近所の赤男爵に新車が置いてあったので、こちらも調べてみると
 
ホンダの熊本工場で、オーストラリア向けにまだ作っているらしい。
 
しかも、日本のハンターカブに無い、副変速機付。(スーパーLo)
 
切替式でどんな坂でも登ってしまうらしい。逆輸入車です。
 
いいねー。これ。これさえあれば、猿投山の広見林道アタックができるかも
 
しかもカブで。
 
問題はサイズと金額だなー。
 
184cmの私に乗れるサイズだろうか。
 
いすのポジションが合わないんじゃないかなー。
 
これは、赤男爵でまたがしてもらおう。。
 
 
何でも、オーストラリアへ輸出したものを逆輸入して、日本で組み立てる
 
ので、仕入れ値が高くなるらしい。
 
でも、いいねー。お金じゃないのよ。こーいうバイクは。
 
一生ものですねー。これは。
 
うわさでは、CT110もモデルチェンジの可能性があるらしい。
 
ってことは、中国製になってしまうかも。
 
これは今買うしかないなー。
 
イメージ 3
ということで、本日、仕事を早く切り上げて、赤男爵に、も一度見に行こう。
 
早紀ちゃん号の査定もしてもらおうかなー
 
 
あと値引きで何とかならないかなー。
 
きのうの夜、ままちゃんにこの話を思い切ってしたら、
 
次男の幼稚園選びでそれどころじゃないと一蹴されてしまった。
 
でも、250CCが110CCにサイズダウンするならまーいいかなー
 
でもなんで2台必要なの?ってかんじ。
 
まったくだめではなさそうな感じでした。
 
これは、一生ものの買い物になるかなー。
 
生産終了。在庫限りといわれると、すぐ手にいれなくてはと
 
ついついあせってしますのです。
 
いろんな人のブログを見ますと、やはり変態バイク。質実剛健。
 
ちょっとやそっとじゃ壊れない。印象。
 
悩みどころだー。どーするかなー。
 
ビートの車検も受けたいし。
 
ビートの屋根もほしいし。
 
CT110にも替えたい。
 
うーん。
 
 
 
 
  
                           
 
 

バックつけました

アーミーバック来ました。
 
2200円でした。オークションで。
 
送料が1200円でしたが。。。なにか?
 
問題でも。。。?いいんです。気に入ったので。
 
イメージ 1
 
ここにつけます。このステーに。
 
すてーきに。ね
 
イメージ 2
 
こんな感じ。
 
子供たちが起きてくる前に、ちゃちゃっとやらないと。。
 
イメージ 3
 
裏面に鉛筆でしるしをつけます。
 
この位置に穴を開けます。
 
なんか、久しぶりの改造で、ワクワクします。
 
イメージ 4
 
あー、次男が起きてきたー。
 
眠そうな顔で、なにしてるのー。
 
あー、自由時間が。。。。
 
ぼりぼり掻いてるし。。。
 
 
 
取付完了。
 
もちろん途中の写真はありません。
 
いい感じ。
 
イメージ 5
 
こんな感じ。
 
イメージ 6
 
こんな感じ。後ろから。
 
基本、雨の日は乗らないので、これでいいんです。
 
お菓子でも入れて、プチツー行くぞー。
 
この時点で、もう10時。。
 
あー今週もバイク乗れなかったー。
 
ガックリ。。。。。。。
 
もう、一ヶ月乗れてない。。。
 
イメージ 7

全13ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事