実録!脂肪吸引

脂肪吸引っどうなのよっ!??

では実寸でのマイナスを書きましょう。
ウエスト(一番細い部分)−5cm
お腹(おへそを通るお腹周り)−8cm
二の腕(一番太いところ)−3cm

ね?たいした数字ではないですよね。
でも、お洋服を着ると全然違います。
例えば、ボトムス(特にパンツ)。
ローライズをはくと必ずのっていたお肉さんがいなくなりました。
そりゃ、細い方に言わせるとまだお腹が平らな訳ではないですし
つまめるし、細いわけではないけど
妊娠6ヶ月くらいのお腹に比べればとっても普通です。
サイズも持っていたナチュラルビューティー×Leeのコラボデニム、
Lサイズを無理やり&肉のせだったのが
全く問題なくなりました。

そうそう、気になる傷跡ですが
二の腕の時につけたひじの傷はひじのしわ?に同化してきました。
触るとちょっとぽっこりしているけど
全く問題ありません。
腰の時につけた尾てい骨うえの傷もほとんど消えてきました。
傷?と言うより、ちょっとひっかいちゃったの???と言う感じの
違和感ないものです。
お腹のときのおへその傷は赤い線のみ
同じく帝王切開の時の場所に近い傷はちょっとかゆみがありますが
かさぶたが直るときのかゆみみたいで、問題なく赤い線になりつつあります。
大きさはどれも1cm前後。
キレイに消えることはなくても数年でもう少し白っぽくなると言います。

吸引部分の硬くなる症状ですが、
私の場合、硬くなり始めて痛くなるのが早かったみたいで
今は結構収まってきました。
でも、マッサージをやると前みたいにスムースになるので続けています。
ちょっと気になるのは腰の部分が硬くなりすぎて時々痛くなること。
外でのマッサージはまだ痛くて受けられないし、
腰痛みたいな痛みが引かないし・・・
でもお風呂でさすると良くなるので
マッサージは続けています。

もう一度位はアップしますが、
もうそろそろこのブログは終わりになります。
時々チェックしますので、ご質問がある方は
コメントくださいね。
私の体験で質問におこたえしますから。

この記事に

開く コメント(23)

開く トラックバック(20)

祝!1ヶ月

お待ちどうさまでした。
1ヶ月経ちましたので、アップしてみました。
サイズは劇的には変わりありませんが、
服を着た後のお腹ののかっり具合はかなりちがいます。
Tシャツに背中〜お腹周りに段々が出ていましたが、それも解消されました。
お写真見てみてください。
(画像が大きいから、ちゃんとアップできるかしら???)

この記事に

開く コメント(0)

抜糸

通常一週間後が抜糸、前後1日可能。
私は一日でも早くしたかったので6日目にしました。

抜糸、と言っても、私は抜糸するような傷はなく、
先生がちょっと来て傷の状態を見て、化膿などしていなければそれで終わり、と言うものです。
傷を始めてちゃんと見てみると、傷口は1cm位で、今は周辺がぽっこりと膨らんでいます。
ひどい引っかき傷みたいな感じに見えました。
これからは自己管理です。
マッサージです。
さぁ、出来るのかな・・・。

3日くらいはボディスーツを着用していました。
お腹の部分の皮膚がちょっと動くたびにとても痛かったので
脱ぎ着が痛くても押さえつけてくれるボディスーツの方が日常的にラクでした。
その後は普段どおり。
さて、今後のサイズ変化はまた後日UPしますね。

この記事に

開く コメント(0)

ガーゼ交換

シャンプーは当日から、シャワーは3日目から、入浴は9日目からいいそうです。
でも、二の腕やお腹をやった場合、当日は到底無理です。
まず、前かがみになれません。
次に腕を器用に動かすことは出来ません。
シャンプードレッサーの場合はお腹が台に当たり痛くてダメです。
私も当日は泣く泣く体を拭くだけで終わりにしました。

ガーゼ交換は3日目、前後1日はいいそうです。
私は当日夜に右ひじの傷から滲出液(体液です)と血が混ざったものが出続けてしまい
ベットもピンク色に・・・。
(後日、シーツは新品に交換しました。)
気持ち悪いので2日後にガーゼ交換をしてもらうことにしました。
先日の手術室があるのとは別の階に行きました。
そこには処置室が沢山。
多分レーザーなどの簡単な施術をするところなのでしょう。
一室に通されて服を脱ぎ、ぐるぐる巻きを取っていくことになりました。
例えて言うなら、着物の帯を外すよう・・・な開放感!
でも、少しでも横に皮膚が動くと大変な痛みがやってきます。
皮膚の表面にくっついてしまったガーゼを取るのに
看護士さんが暖かいタオルでそっと拭いてくれましたが、
痛いのを息を止めて我慢していました。
ぐるぐる巻きはサポーターに姿を変えました。
腕はよく市販されているような普通のサポーター、
お腹はうえすとにっぱーの医療用のものだと思います。
これがゴム製なので肌の弱い私にはきつかったです。
端の方が赤くはれたようにかぶれてしまってかゆくてかゆくて・・・。

ガーゼ交換後は色々な方法でより多くのところをキレイにしようと
工夫してシャワーを浴びていました。
今思うに、最高気温27度以上の時にはオススメできません。
ぐるぐる巻きでそれだけで保温効果があるので、自分だけがとっても暑いのです。
真夏にされる方は、お肌の強さに自信がある方にしましょう。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(1)

回復室

ソファベットにシーツが敷いてあるような簡単なベットが1つ。
普段だったらちょっと抵抗がありそうなベットも麻酔で重い体には
とっても楽園でした。
痛がりだったせいで麻酔を相当使ったらしく、
「16時半に出るのも難しいかも・・・」と言われてしまったのを
覚えています。
横になること小一時間。
大分すっきりした頃に看護士さんがいらっしゃいました。
看護士「いかがですか?」
私「寝たので結構すっきりしました。」
看護士「コンタクトをはずしたままだと見えないでしょう?
    着けに行きますか?」
私「行きます。」
裸眼視力が0.05以下の私にとってコンタクトが入っているのといないのとでは
世界が全然違います。
さて、ぐるぐる巻きになっている上腕をうまく使いながら何とか起き上がり
片方が看護士さん、片方は点滴につかまりながら洗面所へ。
さすがこういう病院はコンタクトが流れないようにちゃんとカバーがしてありました。
手術の人はみんなコンタクトを取らなければいけないそうですから。

意外とさっさと歩けてびっくり。
看護士さんも「点滴を取って様子を見てみましょう」といってくれました。
見えるようになった目で時計を見ると16時10分前。
もしかして希望の時間に帰れるかも・・・とちょっと期待。
そんな時に先生がちらっと顔を出されました。
先生「どうかな?」
私「かなり大丈夫みたいです。クラクラしません。」
先生「じゃあ、血圧とか測って、歩いてみて大丈夫なら帰っていいですよ。」
やった〜〜。時間通りじゃない!!??

看護士さんに血圧を測られてOKが出ました。
早速お着替えです。
麻酔はほぼ切れているのでベットからは立ち上がれました。
でも・・・、お腹周りとひじ上のぐるぐる巻きはぎゅうぎゅうできついし痛い・・・。
普通に下着がはけませんでした。
前にかがめないんです。
だから片方の端を持って片足だけを入れて、その逆も同じようにやって
上に上げるのも右左と順番に少しずつあげていきました。
スカートも一緒です。
ウエストがひものスカートでしたが、こちらもはきづらかったなぁ。
上はしょうがなくノーブラです。
腕を後ろに回すことが出来ないので、ブラジャーのホックを止められません。
二の腕を手術させれる方はフロントホックの物を着用するのをオススメします。
前が全部ファスナーの長袖パーカー一枚で正解でした。
腕はひじ下までぐるぐる巻きなので半そで〜7分袖では見えてしまいます。
それに思いっきりゆとりのあるものがいいですね。
手術後のぐるぐる巻きはかなり厚くしっかりと巻いていますから
基本的には元々よりも太ります。

駅前までゆっくりと歩いても1分程度。
タクシーで帰りました・・・。
長い一日でした・・・。

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事