ほこほこ かぼちゃ日記

託児所かぼちゃ畑のあれこれ日記

全体表示

[ リスト ]

6時46分

阪神淡路大震災から19回目の1/17を迎えました。
鎮魂の一日です。
 
学生だった私は、震災から1ヶ月半後の3月に、神戸市長田区に
障がい者の支援ボランティアで入らせてもらいました。
 
それから約2年、ボランティアとして復興の支援にかかわらせていただき、
その後社会人になりました。
 
災害時のニーズは刻一刻とかわります。
在宅の障がい者の方に必要物資を運ぶことに始まり、
落ち着いてくると、家事援助・お買い物などの外出支援、
リフレッシュのための日帰り温泉への付き添いなどもありました。
 
必要な時に必要な支援をする
 
19年前に学んだことです。
今でも原点だと思っています。
 
「必要な時に必要な支援」は、とても当たり前のことなのですが、
必要な支援を的確に把握するのはとても難しいです。
不必要な支援でもいけない、足りなくてもいけない、多すぎてもいけない。
タイミングをはずしてもいけない。
 
必要としている人のことを知らなければ、必要な支援は行えません。
 
子育ても必要なニーズは刻一刻と変わります。
家庭によって必要としているニーズも違います。
 
子どものこと、家庭のことを知らなければ、必要とされている保育はできません。
「あったらいいな」のかぼちゃの原点です。今でも。
 
いつでも私たちの向きは、ひとりひとりの子どもへ、家庭へ。
これからもいつまでも原点は変わらないと思います。
 
 
 
 
あのときたくさんの若いボランティアが阪神にはいりました。
19年たって、いまやおじちゃんおばちゃんです。(私もおばちゃん^^;)
19年経て、きっとそれぞれの今に被災地での経験が育っていることと思います。
そんな私たちが少しでも社会、地域の役に立ってるといいですね。
 
1月17日阪神淡路大震災から19年に寄せて。。。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事