医療はこのまま崩壊していくのか

時事ニュース、特に医療関係について、患者の視点で語ってみるブログ。(ちなみに、自分は医療従事者ではありませんのであしからず。)

医療崩壊

すべて表示

聖地はやっぱり聖地


医療体制:不満、南会津で6割以上 相双は4割以上−−県アンケ /福島 (毎日新聞) - Yahoo!ニュース
 
◇産婦人科の不足指摘、救急整備求める声も
県は19日、医師不足が深刻な南会津と相双地域の住民に行った医療充実度に関するアンケート結果を公表した。南会津で6割以上、相双で4割以上が現在の医療体制に不満を示した。実際に困っているとの回答も共に1割を超えた。両地域とも産婦人科の不足を指摘する意見が多く、救急医療整備を求める声も強かった。
 
アンケートは昨年9〜10月、両地域で各800人を抽出し、郵送で実施。南会津389人、相双368人が回答した。
 
南会津では、平日の医療体制について「十分」と「不便はない」が計39・2%。「不便」46・8%、「困っている」13・9%だった。夜間休日は「あまり整っていない」50・1%、「全く整っていない」14・1%。高齢層より、若い世代で不満が高かった。
 
無くて困っている診療科は産婦人科26・4%が最多で、▽皮膚科23・0%▽眼科19・1%▽耳鼻咽喉(いんこう)科15・8%▽小児科13・4%−−。充実を望む機能は救急医療59・9%、産科39・5%と続いた。
 
一方、相双では平日について「十分」「不便はない」が計58・0%。「不便」30・2%、「困っている」11・8%だった。夜間休日は「あまり整っていない」42・6%、「全く整っていない」11・5%。若い世代に加え、葛尾、飯舘両村や双葉町の住民が多く不満を訴えた。
 
無くて困っているのは▽耳鼻咽喉科19・6%▽産婦人科18・5%▽皮膚科13・6%▽脳神経外科13・0%▽心臓血管外科11・4%−−。救急医療の充実を求める声は66・3%に達し、南会津より多かった。
 
県は両地域で「地域医療再生計画」を策定し、国から50億円の交付金を受けて医療機器の充実強化などを進めている。ただ相双では県立大野病院(大熊町)が今年度末で廃止され、JA福島厚生連の双葉厚生病院(双葉町)に統合されるため、救急機能の低下を懸念する声もある。【関雄輔】

1月20日朝刊


 
「医療の限界」で妊婦を救えなかった産科医を逮捕した県警を表彰し、受け入れ態勢が脆弱なのに「救急を断るな」と無理難題を押し付ける、聖地福島らしいニュースですね。
 
そりゃ産科医も来ないし、救急その他の「人命に関わる科」の医師も来ないでしょう。
 
「救急を断るな」という前に、産科医を逮捕した県警の表彰を取り消して、医療従事者を医療事故から守る(労働環境の改善もそうだし、無過失補償もそうだけど、「医療の限界」で患者を救えなかった医師を刑事事件から守るようにすることが一番)方向で動かない限り、福島の医療が良くなることはないでしょうね、

その他の最新記事

すべて表示

酒気帯び逮捕にあきれた抵抗「ユンケル40本飲んだ」(スポーツ報知) - Yahoo!ニュース http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100715-00000030-sph-soci 兵庫県警西宮署は14日までに、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで、全日本女子バレーボールのチームドク ...すべて表示すべて表示

Yahoo!ブログの使い方が分から...

2009/5/13(水) 午後 7:52

今までJUGEM使ってたから、Yahoo!ブログの使い方とか全く勉強してなかった。 HTMLを自由に使えない(使えるタグに制限がある。Aタグ使用禁止とか)のが辛い。 別のブログに乗り換えたほうがいいのだろうか。FC2とか。



.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事