ここから本文です
四国ツバメロード
名前をpuroからツバメロードに変更。主に走破した国道や県道のレポートです。(2019/03/28)

書庫全体表示

■ 12球団のドラフト1位
楽天 ×平沢大河内野手 → オコエ瑠偉外野手
DeNA  今永昇太投手
オリックス  吉田正尚外野手
中日 ×高橋純平投手 → 小笠原慎之介投手
西武  多和田真三郎投手
広島  岡田明丈投手
ロッテ   平沢大河内野手
阪神  高山俊外野手
日ハム ×高橋純平投手 → ×小笠原慎之介投手 → 上原健太投手
巨人  桜井俊貴投手
ソフトB  高橋純平投手
ヤクルト ×高山俊外野手 → 原樹理投手




早速17時から行われたドラフトの結果について。
まずは注目された1巡目の選手はこうなりました。
今回は平沢外野手、高橋投手、高山外野手の3人が重複指名で抽選となり、それぞれマリーンズ、ホークス、タイガースが獲得しています。
しかし今回何といっても一番目立ったのはやはり真中監督でしょう・・・(笑)


外れるのは仕方ないにしても、にも関わらず真中監督は派手なガッツポーズでしたからね^^
そういえば10年ほど前にも同じ勘違いがありました。
当たりは「交渉権確定」の文字で判断することは、あの件で野球ファンでもほとんどの方が知っていることですし、そんなに勘違いしやすいものでしょうか。
そのあとの会見で真中監督は「ガッツポーズを返してほしい」と言ったそうですが・・・。
では、日本シリーズでそれを取り返していただきましょうか^^


イメージ 1



■ スワローズのドラフト指名選手一覧

1巡目外れ ×高山俊(外野手 / 明治大)
1巡目 原樹理(投手 / 東洋大)
一言コメント:先発完投型のタフネス右腕。しなやかな投球フォームでストレート、変化球ともに制球力抜群。MAX148キロのストレートも魅力で、ローテーションの一角を任せられる逸材。

2巡目 廣岡大志(内野手 / 智弁学園高)
一言コメント:リストが柔らかくスイングの速さとパワーが魅力の遊撃手。まだまだ粗削りな部分もあるが育て甲斐のある選手、将来のクリーンアップ候補として期待大!

3巡目 高橋奎二(投手 / 龍谷大平安高)
一言コメント:2014年度選抜高校野球優勝投手、大舞台での落ち着いたプレート捌きはすでに証明済み。MAX142キロのストレートはキレ抜群!多彩な変化球で打者を翻弄!将来の中心投手として期待できる逸材!

4巡目 日隈ジュリアス(投手 / 高知中央高)
一言コメント:長身から角度あるストレートは魅力十分。身体能力も高く、将来性豊かな逸材。MAX144キロの大型左腕投手。

5巡目 山崎晃太朗(外野手 / 日本大)
一言コメント:小柄ではあるが走・攻・守バランスの取れた選手。高いミート力と俊足を活かして開幕から大いに期待できる選手。

6巡目 渡辺大樹(内野手 / 専大松戸高)
一言コメント:身体の力が強い選手で地肩の強さは一級品。打撃は粗さがあるもののリストが強くパワーも兼ね備え将来性豊かな選手。

真中監督コメント
(1位指名の原樹理選手について)右の本格派で、先発完投型と聞いています。今のところは先発として考えているが、またもう一度見てから決めたい。縁があると思いますので、チームを引っ張ってもらえるようなピッチャーになってほしいと思います。



・・・ということで、今年も抽選にはずしたスワローズのドラフトはこうなりました。
外れ1位には東洋大の原投手です。
原投手は1位候補と言われるまでは高い評価ではなく、そして最近のスワローズは独自路線のドラフトでことごとく即戦力の投手が機能していないこと・・・。
どうしても過去のことを考えても、ファンとして心配ではありますよね。
ただ本格派投手ものどから手が出るほど欲しい存在なのも確かです。
原投手も「スタミナに自信がある」と会見で言っており、そしてシュートが武器であると・・・。
まさに川崎憲次郎を思い起こさせるタイプであります。
どうか来年は1昨年ドラ1の杉浦とともに、1年間先発としてやってもらいたいです。


2位以下は廣岡内野手、高橋投手と高校生が続きました。
終わってみれば指名した6人中高校生が4人です。
一言コメントを見ても、「××ではあるがパワーがあり将来的に期待できる」というようなコメントが目立ちます。
数日前タイガース金本監督もあげていた「素質重視」のドラフトと言えるでしょうか。
ここ数年はほとんど即戦力でしかも投手ばかりの指名でしたが、さすがに今年は将来性を重視することになりましたね。
これに関してはよかったのではないかと思います。


ただしそれ以外で気になっている点もあります。
あれだけファームで選手不足に悩まされていたにも関わらず、誰一人として育成選手を指名しませんでした。
由規、平井の両投手を育成選手にしたからというのもあるのかもしれませんが・・・。
それとファームの首脳陣が、先日も取り上げましたが5人ほど退団する予定です。
果たして今回指名した選手を、はたして誰が育てるのでしょうか。
ファームの人事に関してもますます注目が集まりますね。
今年こそはドラフト成功となることを一ファンとして願っています!
(下の神宮の画像は、観戦した4年前の本拠地開幕戦でのもの・・・)


イメージ 2




 

 
 
 

↑よろしければ「訪問の証」に、ランキングサイトのクリックのご協力お願い致します!
※ スマートフォンからクリックされる方は、「PC版サイトに切り替えて」からクリックを願います。お手数をおかけしますが、どうやらこのバナーはYahoo!ではスマートフォンには対応していないようでして・・・。

  • ビデオ判定の逆転ホームランみたいなもん。
    金本は言ってましたが・・
    そうかなあ〜。金本も真中さんに圧倒されんと自分の引いたクジをちゃんと見ないと(笑)
    金本の意外な一面を見たような気がします

    七夜月

    2015/10/22(木) 午後 11:39

  • 真中サン、やっちゃいましたね(笑)。でも、印象に残るシーンを演じられて良かったんじゃないですか?(^^;

    平安の高橋君を3位で!!彼は中学まで軟式だったので、肩の消耗は比較的少ないと思います。高1〜2も継投だったので、そう酷使はされてないとも考えます。

    原君は東洋大姫路時代に甲子園8強に導いた右腕ですね。クレバーな投球が光ってました。
    1位は高すぎる評価じゃないかとも感じました。高校時代はそう速くなかった速球(maxで140いくかいかないか)がどれほどまでアップしたか?ですかね。

    ナックル

    2015/10/23(金) 午前 0:30

  • まあ、話題作りではヤクルトの一人勝ちなドラフトでしたね(^_^;)
    楽天のリスクの高い指名内容にびっくり!ソフトバンクは即戦力に目もくれてない指名にも恐怖ですわ(^_^;)
    中日も高橋を外しましたが小笠原を取れたんで充分かな?

    [ 三冠落合 ]

    2015/10/23(金) 午前 0:40

  • まぁ今回のドラフトの成果がわかるのは数年後。
    山田てっとも外れの外れの1位に柳田は2位で、当時はそこまで話題になってませんでしたからね。

    [ ぴのすけ ]

    2015/10/23(金) 午前 5:27

  • アバター

    puroさん、おはようございます♪

    なんだか真中監督が今ドラフトの主役になってしまいましたね(笑)
    高山俊選手を外したのは残念ですが、まずまずの結果ではないでしょうか。

    1位の原樹理投手は「実力の東都」出身だけに即戦力として期待します。
    2位の廣岡大志選手はぜひとも「山田2世」になってほしいです。
    3位の「左のライアン」高橋奎二投手、よっすぃー的にはかなり期待の星です。

    「素材型」の選手をいかに育てるか?
    2軍監督・コーチにはがんばってもらいたいです!

    yossuy

    2015/10/23(金) 午前 5:53

  • 顔アイコン

    七夜月さん
    ぼくは真中監督のガッツポーズもですけど・・・。
    あまりにも開けてからの一連の動作が早すぎたことの方に笑ってしまいましたよ^^
    金本さんがあそこまで相手を信用するとは思いませんでした。
    ビデオ判定のことをあげていましたが、さすがにこの件はビデオ判定で覆る可能性の方が高いと思います・・・(笑)

    ツバメロード

    2015/10/24(土) 午後 0:02

  • 顔アイコン

    ナックルさん
    そういえば3位はナックルさんのところの平安高校でしたね!
    よく見ると1位の原投手も2位の廣岡選手も関西でしたが・・・^^
    原投手はMAX148kmとは聞いています。
    高校時代を見ましたけど投球フォームはしっかりとしている印象を持ちました。
    まあでもどちらにしろ、球団の育成にもかかってますよ^^
    宮本、古田以外で新しいファームの監督が思い浮かばないのですが、どうなるか・・・。

    ツバメロード

    2015/10/24(土) 午後 0:02

  • 顔アイコン

    三冠落合さん
    最近のドラフトはこういうところでないと目立てない状況が続いていますからねぇ。
    おそらく真中監督はこれでくじ引きはお役御免でしょう・・・(笑)
    ドラゴンズはしっかり方針通りの選手は獲得できたんではないでしょうか。

    ツバメロード

    2015/10/24(土) 午後 0:08

  • 顔アイコン

    ぴのすけさん
    甲子園を騒がせた投手でも本当にこれは分かりません・・・^^
    確かに山田、柳田揃って入団したときはそれほど注目されてなかったですし。
    どうしてもマスコミとかファンは球速だったり、本塁打数やパワーばかり注目が集まるからでしょうけど。
    そういえば一方で上位指名確実と言われながら、指名すらされなかった選手も何人もいましたね・・・。

    ツバメロード

    2015/10/24(土) 午後 0:22

  • 顔アイコン

    よっすぃーさん、おはようございます。
    くじは金本監督が先に引きましたし、外したことに関しては仕方なかったでしょう。
    でもとにかく恥ずかしかったでしょうしね(笑)
    原投手はスタミナとシュートをあげていましたが、コントロールもよいと聞きました。
    最近入ってくる新人や中堅選手はコントロールに難がある投手ばかりですし、その点は安心できるでしょうか^^
    2位や3位をはじめ素材型の選手を獲得した以上は、ファームの首脳陣の手腕にかかっていますよね。
    数年後を楽しみにしておきましょう。

    ツバメロード

    2015/10/24(土) 午後 0:31

  • 顔アイコン

    こんにちは、富山のヤクルト・ファンです。12球団のドラフトを私なりに分析してみたのですが、今年のヤクルトのドラフトは、12球団でトップクラスの出来だったと思います。
    貴ブログ記事にもありましたが二軍がダントツの最下位。これ自体は小さなことですが、問題なのが二軍が「ファームになっていない」ことで、将来を担う若手が皆無で、言ってみれば一軍になり損なった選手だけで構成されていたことです。
    そうしたなかで廣岡と渡邉が加入するのですから、二軍の正常化にこの上ない指名だったと思います。
    それともう一つ見逃せないのが、今年は例年になく高卒左腕が大豊作でした。そのようななかで2人の指名にこぎ着けたことを、大いに評価したいのです。ですから私にとっては高山を外したことも含め、本当に笑いの止まらない展開になりました。

    [ trefoglinefan ]

    2015/11/14(土) 午後 6:44

  • 顔アイコン

    trefoglinefanさん
    返信遅くなり申し訳ありません。
    この度は訪問とコメントありがとうございました!

    日本シリーズも3軍制度で選手競争も激しいホークスと、かたや2軍で選手を確保すること自体困難なスワローズでは、結果は見えていました。
    資金のこともありますし3軍を作れとはいいませんが、ファームは何とかしないといけませんでしたよね。
    おっしゃる通り高卒と左腕も目立った今回のドラフトでした。
    左腕も今年は中堅選手が伸び悩んだりもしましたし、ここからは首脳陣の育成も問われてきます。
    今回のドラフトは成功だったと数年後思えることを期待したいですよね。
    外野手は坂口も含めてかなりレベルの高い競争になってくれることも期待しています^^

    ツバメロード

    2015/11/18(水) 午後 7:39

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事