ここから本文です

書庫全体表示

イメージ 1

イメージ 2
【画像】今季2度目の先発で、6回1失点の投球で初勝利をあげた原樹理。



≪得点経過≫
1回裏
大引 2死満塁の1-2からライトへのタイムリーツーベースでヤクルト先制!【ヤ2-0神】
3回裏
バレンティン 1死1,2塁の3-2からライトへのタイムリーヒット【ヤ3-0神】
6回表
伊藤隼 0死の初球からライトスタンドへのホームラン【ヤ3-1神】
8回表
高山 1死の1-1からライトスタンドへのホームラン【ヤ3-2神】
8回裏
バレンティン 0死の初球からレフトスタンドへのホームラン【ヤ4-2神】


≪スタメン≫
タイガース
1(左)高山俊
2(遊)北條史也
3(中)糸井嘉男
4(右)福留孝介
5(一)中谷将大
6(三)鳥谷敬
7(二)糸原健斗
8(捕)梅野隆太郎
9(投)岩貞祐太

スワローズ
1(一)荒木貴裕
2(中)坂口智隆
3(二)山田哲人
4(右)雄平
5(左)バレンティン
6(遊)大引啓次
7(捕)中村悠平
8(三)谷内亮太
9(投)原樹理



≪公示≫
5/19 なし


由規、石川の好投で鬼門東京ドームで連勝し、そして原樹理にとっては山中が足の不調による抹消で巡ってきた今季2度目の先発であり、そんな中で迎えた首位タイガースとの初戦でした。
間違いなく今日は大事な試合であります。
そして相手先発の岩貞には、去年4試合で防御率0.96、そして苦しんでいる今季も前回の対戦では6回1失点と完全に燕キラー化されていました。
なので今日はちょっと苦しいかなあ…という目で見ていました。
ですが、終わってみればこれ以上ない理想的な展開だったと言えましょう。


先ほども触れた通り、今年の岩貞は去年ほどではありません。
特に立ち上がりに苦しんでいる感がありましたが、そんな中で迎えた初回の攻撃であります。
2四球などで2死満塁と制球の定まらない岩貞を責め立てました。
今年の打線ではなかなかそういったチャンスでも打てませんでしたが、今日はこの場面で大引がよく打ってくれましたね。
打った大引も見事ですし、その大引を6番に持ってきた真中監督もお見事だったと言えましょう。
そしてさらなる追加点がほしいところで、3回は1死1,2塁からタイムリー、1点差に追い上げられた直後の8回裏は先頭打者として藤川球児の落ち切らなかったフォークを完璧にとらえレフトスタンドへ…。
前回は特大の一発を放ちながら空砲だったバレンティンでしたが、今日は大変価値のあるホームランを含む2打点でした。
やはりバレンティンにはこういう場面で打ってくれないと困ります。
先制、そして3回と8回に追加点と、今日は打つ方がいいところで点を取ってくれました。
この調子で明日の藤浪攻略もお願いしたいところであります。


ですが、今日はやはりそれ以上に原樹理につきます。
一番は登板するたびに指摘されていた立ち上がりを乗り切ったことでしょう。
初回は先頭の高山を三直に打ち取ると、北条、糸井を連続三振に仕留める上々の立ち上がりでした。
ストレートも140km中盤を連発していましたし、本人も手ごたえを感じていたでしょうか。
2回は2死1,2塁のピンチがありましたが後続を抑えると、3〜5回は3者凡退に抑えて中盤までわずか1安打投球でしたしね。
本当に5回までは文句のつけようのない投球でした。


ただ6回に入り、先頭の岩貞に代わる代打伊藤隼太に初球の高めに抜けた変化球を逃さず、完璧にライトスタンドに運ばれ1点を返され、続く高山、北条には連打され…。
「初回から飛ばした」と樹理は言っていましたが、さすがに久々で急な先発とあっては、少し疲れも見えてきたでしょうか。
しかしここからが去年と違うところで、糸井、福留をそれぞれストレート系の球で2球で打ち取り、最後は中谷を三ゴロと抑えました。
結果6回1失点でしたが、予想以上の出来と言えましょう。
糸井を三振2つに内野ゴロと3打席抑えたのも、すごいと思いますし。
それにしても今週に入り由規に樹理ですか。
この2人にはいろいろあるところですが、個人的にはストレートの力強さが戻ってきてくれたことがやはり一番うれしく感じます。
樹理に関しては、今回は山中の代役ということでの登板でしたが、代役とは言わせずこのまま先発の軸として頑張ってもらいたい思いは当然でしょう。
やはり去年のドラ1ですし、もともとこういう投球を期待されていた投手でしょうから。


首位タイガース相手に3連戦初戦は理想的な形での勝利となりました。
明日も「またかよ」という突っ込みも重々承知ですが、大事な試合です(苦笑)
3連勝は5/2以来今季2度目ですが、あのときもジャイアンツに連勝しタイガースの初戦に勝利しました。
ですがご存知の通りそこから投手陣が崩壊して4連敗しましたしね…。
おまけに明日は何かと因縁のある藤浪が相手です。
さらに言えば小川の去年タイガース戦は3試合で何と防御率8.47であり…。
小川も打つ方も苦手意識を払しょくして、何とか今季初の4連勝を飾ってほしいです。



【順位表】スワローズ 4位:40試合18勝22敗0分 勝率.450
イメージ 3

イメージ 4




【予告先発】5/20 スワローズ:小川泰弘 タイガース:藤浪晋太郎
イメージ 5



【最後に】当ブログをご覧いただき、心より感謝申し上げます。
よろしければ、「訪問の証」にブログランキングのクリック(↓)お願いします!


 

 

この記事に

  • 顔アイコン

    原投手まで好投とは、神ってますね!
    ちなみに、ファームでは館山投手だけでなく、山本投手、徳山投手も出番待ちの状況です。今年は久々に投手が揃ってきましたね。
    さてさて、藤浪にはそろそろガツンと行かないと!山田選手、雄平選手、バレンティン選手の3連続ホームランを見たいです! 削除

    [ 久保田 ]

    2017/5/20(土) 午前 1:27

    返信する
  • アバター

    puroさん、おはようございます♪
    昨夜は代役先発の原樹理がよく投げてくれました。
    やはり、ストレートが良いとシュートとか変化球が活きますよね。

    燕キラーの岩貞が本調子ではないとはいえ、初回の攻撃は見事でした。
    8回バレンティンのソロHRが効きましたね!

    yossuy

    2017/5/20(土) 午前 7:24

    返信する
  • 今回の3連勝は今までとちょっと違った感じの3連勝
    勝つにしても負けるにしても締まった試合見せてくれると嬉しいですね

    出来るものなら勝ってくれた方が断然良いですけどぉ〜

    お戯禮(おたわむれ)

    2017/5/20(土) 午前 8:40

    返信する
  • 顔アイコン

    久保田さん
    なんかここにきてファームの方も投手、野手ともによくなってきているんですよね。
    今あげた投手ですけど、村中や成瀬の出番がなかなかありませんし、使う気がないなら入れ替えてもいいかとは思うのですが…。
    このあげた3人は今年は走者をためた打席での一発がなかなかありません。
    まあ一発でなくてもいいですけど、確実にチャンスでは打点をあげてもらわないと厳しいですよね。

    puro

    2017/5/25(木) 午後 10:48

    返信する
  • 顔アイコン

    よっすぃーさん、おはようございます。
    原樹理、杉浦、石山とストレートに力強さが戻ってきました。
    (杉浦はまたしてもケガで離脱してしまいましたが…)
    開幕からいろいろなポジションを任されましたが、このチャンスを生かして今後は先発で定着できるよう頑張ってもらいましょう。
    こういうところで岩貞に抑えられて敗れてたとなれば、今年もタイガースにも苦手意識を持ちそうでしたし。
    本調子でない投手は、今後も助けることなくしっかりと攻略してもらわないとどうしようもありませんし^^

    puro

    2017/5/25(木) 午後 10:49

    返信する
  • 顔アイコン

    お戯禮さん
    GWに投手に守備も乱れて、そろそろお疲れかと思われましたが、ここにきて再び締まってきましたね。
    やはりここが去年の投手陣との違いということでしょう。
    締まった試合はいいですが、貧打で負けるのはさすがにもう見飽きたかもしれません^^

    puro

    2017/5/25(木) 午後 10:49

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事