ここから本文です

書庫全体表示

イメージ 1
昨日の秋季キャンプは、9日に続いてW-UP、コンディショニング等の午前中の様子を見てきました。
なぜかこの日のスケジュール表は風張連のみが「トレーナー指示」となっていました。
ケガでもしたのでしょうか…。
先日風張は山川とともに背番号が60番台に変更され、ますます2014年ドラフト組が悲しいことになっていただけに、頑張ってもらいたいところでしたが…。


イメージ 2
球場につくと、ちょうど選手らが外野方向へ向かい、これからW-UPを始めようとしているところでした。
ちなみに9日のときに比べると、W-UPもそれからこの後取り上げるコンディショニングも、メニューが若干違いました。
あまりよく知らなかったのですが、W-UPもいろんなパターンがあるみたいですね。


イメージ 3

イメージ 4
そして当然ながらそのすぐ横には、各首脳陣がじっとみつめています!
昨日も記事で取り上げた通りに、今オフから大幅に入れ替わった首脳陣です。
特にやはりこの宮本ヘッドコーチと石井琢朗打撃コーチの2人がいるというのは、ものすごいことですね^^
ちなみに琢朗打撃コーチは、そのあとは宮出打撃コーチとずっと話していました。
やはり同じ打撃コーチということだからでしょう。
そういえば失礼ながらも、ぼくは真っ先に宮出打撃コーチが今年の責任を不振を取らされるかと思っていました…(苦笑)
同じ愛媛出身ですし、もちろん今でも頑張ってもらいたい方でもありますけど^^


イメージ 5

イメージ 6
外野でのW-UPが終わると、選手らは3塁側ファールゾーンに移動しました。
今度はW-UP第二弾が始まりました。
そしてくどいようですが、そのすぐ横には…。


イメージ 7

イメージ 8
やはりずらりと首脳陣が目を光らせています。
その効果はてきめんで、W-UPから選手の声も大きかったです。
そりゃあこの首脳陣を見ていたら、手なんか抜けるはずがありませんが^^
今までのスワローズのキャンプは「どこかぬるいのではないか」と言われてきましたが、もうこの段階でぬるさがあったのかもしれません…。


イメージ 9W-UPが終わると選手はグランドから姿を消しました。
9日のときのコンディショニングがライトのポジション付近で行っていましたが、どうやら今回は外に出て行うようです。


イメージ 10
これから球場の周り約5kmを走ることになるわけですが、首脳陣は御覧の通り自転車で後ろから激を飛ばしたりします。
こんなにコーチがついていく必要があるのかどうかは疑問でしたけど…(苦笑)
ちなみに小川監督はスタート&ゴール地点にずっといたので、カメラで撮り放題だったことになります^^


イメージ 11
今回の5km走で断トツの1位だったのは原樹理です。
以前外を走った時も山崎晃大朗と互角でしたが、どうやら走ることでは投手では圧倒的みたいです。
樹理は打つ方でも野手顔負けですし、運動神経が抜群なのでしょう。
来年こそは一年間ケガなくローテーションを守り、チームの顔になってもらいたいものです。
ちなみに最下位は、「コーチ指示」だった風張でした…。
コンディショニングまでは通常通りのメニューだった風張でしたが、この結果を見ていても、ちょっと厳しいのかなあと。


イメージ 12

イメージ 13
5km走が終わってしばし休憩のあとは、野手は「打撃」「走塁」「守備」の3つにわかれました。
一方の投手はお隣のマドンナスタジアムに移動して、キャッチボールでした。
ご覧の通りこの日が合流して3日目でしたが、カープに在籍していた河田守備走塁コーチも、石井琢朗打撃コーチも精力的に指導していました。


そういえばこの日の琢朗コーチですが、5km走では1週目では藤井亮太につきっきりで、この打撃でも真っ先に藤井の指導にあたっていました。
(1週目に琢朗コーチは「あと5人抜いたら○○○」と藤井言っていて、そのあとは何て言ったかは分かりませんでしたが)
「藤井は強化指定選手」という位置づけなのでしょうか。
確かに元カープの立場からするとあの忍者張りのバント処理で守備では相当印象に残ったでしょうし、あとは打撃の確実性を身につければ…という感じでしたが。
河田守備走塁コーチも就任会見で「走ると思わせられるだけで違う」「リードで逆を突かれても戻れるように」と語っていた通り、走塁練習が始まると1塁ベース前で熱心に指導していました。
以上この日のレポートをお伝えしました。



【最後に】当ブログをご覧いただき、心より感謝申し上げます。
よろしければ、「訪問の証」にブログランキングのクリック(↓)お願いします!


 

 

この記事に

  • 中身の濃いレポートですねぇ…(感嘆)。

    各コーチが選手の指導について熱心に話し合うことは素晴らしいことですよね。指導方針が統一されなければ、中日のようになりますから。

    特に広島の強力打線を形成した中心人物である石井氏には、先輩(年上)のコーチでも「教えてください」くらいの気持ちで熱心に話し合ってほしいです。

    捺繰

    2017/11/14(火) 午後 10:21

    返信する
  • アバター

    puroさん、こんばんは♪
    今回もキャンプレポートありがとうございます。

    藤井亮太の「強化指定選手」には大賛成です。
    あの身体能力と足は大いに魅力ですからね。
    それに今季のスワローズのサード、藤井がいなかったら?…ですし。
    打つ方が良くなれば『1番 藤井』も面白いと思います!

    yossuy

    2017/11/15(水) 午後 7:00

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事