ここから本文です
四国ツバメロード
開設以来野球(スワローズ)ブログでしたが、最近は道路ブログ化しています。(2018/08/15)

書庫全体表示

イメージ 1

イメージ 2
【画像】2回裏1死満塁から、田中広輔に勝ち越しの右安打を打たれた原樹理。



1回表
青木 1死1,3塁の1-1からセンターへの犠牲フライを放ちヤクルト先制!【広0-1ヤ】
坂口 2死満塁の3-2から押し出し四球【広0-2ヤ】
1回裏
松山 2死3塁の1-0からレフトスタンドへの同点2ランホームラン!【広2-2ヤ】
2回裏
田中 1死満塁の0-1からライトへの勝ち越しタイムリーヒット!【広4-2ヤ】
4回表
山田哲 0死1塁のフルカウントから同点2ランホームラン!【広4-4ヤ】
4回裏
田中 1死3塁の2-1からライトへのタイムリーヒットで広島勝ち越し!【広5-4ヤ】
5回裏
會澤 2死1,2塁の3-2からレフトへのタイムリーヒット【広6-4ヤ】
6回裏
安部 1死満塁の0-2から中尾(投)のフィルダースチョイスで広島1点をあげる【広7-4ヤ】



≪スタメン≫
スワローズ
1(二)山田哲人
2(三)西浦直亨
3(左)バレンティン
4(中)青木宣親
5(三)川端慎吾
6(右)雄平
6(一)坂口智隆
8(捕)中村悠平
9(投)原樹理

カープ
1(遊)田中広輔
2(二)菊池涼介
3(中)丸佳浩
4(左)松山竜平
5(三)阿部友裕
6(一)バティスタ
7(右)野間峻祥
8(捕)曾澤翼
9(投)九里亜蓮




慣れない地方球場では得てして打ち合いにはなりやすいですけど…。
大差で敗れたわけではないものの、「ひどすぎる」といってもよいかもしれません。
なんせ援護をもらいながら4回5失点で想像にKOされた原樹理など投手陣が7失点すれば、打つほうも11安打8四球もらいながら4点どまりときています。
ただでさえ分の悪いビジターのカープ戦で、投げるほうも打つほうもこれでは勝てるわけがありませんし…。


3戦3敗となった原は、もうこのまま一生勝てない投手のままになってしまうのでしょうか。
先ほども書いた通り慣れないところもありはしたものの、先制した直後に追いつかれ、4回に追いついた直後にも失点と、相変わらず要所で踏ん張れないもろさがあります。
しかもこの日は4回で降板と、試合を作ることもできずです。
今年の原樹理には期待していた方もいらっしゃるでしょう。
一昨年のドラ1ということもありますが、今の先発陣の中で「ほかに若手がいない」ということもあって、必然的に原樹理に頑張ってもらうしかなかったというのもありました。
確かに今日はビジター&地方球場&カープ戦となれば他の投手でも厳しかったでしょう。
が、今年を飛躍のシーズンにしたいんだったら、何とか踏ん張ってほしかったです…。


…ということで原樹理の乱調は残念でしたが、一方で開幕からマスクをかぶる中村についてはどうなのだろうとも感じるところです。
軒並みコントロールの悪い燕投手陣ですし、たいていは「投手が悪い」とは思ってはいますが。
時々「外角あるいは内角に偏ってないか」と感じることもありますし、近年の中村はどこか疲れているように感じて思えてならないところです。
本人も依然、迷っている部分はあったとも言っていましたし。
先日バレンティンや青木にも休養を与えましたが、中村もどこか休ませるくらいはしてもよいでしょう。
せっかく捕手3人制にしているわけですし。
それほど打っているわけでもない以上は、結果が出ていない原樹理のときは他の捕手にするなど、気分転換と言う意味でも他の捕手を起用してもよいと思います。


そして再三四球などで走者をもらいながら4得点だった打線についても、原樹理同様の悲しさであります。
先週のドラゴンズ戦もそうでした。
主力がチャンスで打ってくれないとどうしてもこうなってしまいます。
そしてこれは去年よく見た光景でもあります。
こんな試合も年に何度かはありますが、ずっと続くようなら、年齢が高めの主力よりも奥村や廣岡といった若手を使ってほしいとも個人的には感じてきています。
特に4回1死満塁で併殺打に倒れ、結果的に流れを引き渡すことになった川端は、ポジション的にも上記の若手と被るうえ、打率も.222にとどまっていますからね…。
打者有利の球場となれば、今日は余計点を取らないといけない試合でした。
明日からはマツダスタジアムとなりますが、このままでは去年の姿と何ら変わらないまま、カープに惨敗してしまいます。
投手陣、野手陣ともにもう一度しっかりしなければいけないです。




【順位表】スワローズ 3位:16試合8勝8敗0分 勝率.500
イメージ 3

イメージ 4



【予告先発】4/18 カープ:中村祐太 スワローズ:ハフ
イメージ 5



【最後に】当ブログをご覧いただき、心より感謝申し上げます。
よろしければ、「訪問の証」にブログランキングのクリック(↓)お願いします!


 

 

この記事に

  • アバター

    おはようございます♪
    原樹理については、立ち上がりの悪さも相変わらずですし、点の取られ方も悪すぎです。
    厳しい言い方をするなら「いつになったら先発の役目を果たしてくれるのやら」と。
    先日も書きましたが、中村のリードにもいささか疑問が…です。

    打の方では、またぞろの「満塁で打てない病」「肝心なところで打てない病」が出てしまいましたね(苦笑)

    yossuy

    2018/4/18(水) 午前 6:14

    返信する
  • 顔アイコン

    こんにちは。
    概ね主さんと同じような感想を持ちました。
    昨年96敗もしているチームですからね。
    少しくらい練習したからって同じようなメンツで勝てるわけない。
    なぜに新しい選手を使い育てて欲しいと皆が願ってるのか。
    若い力がチームに勢いを与えるし、研究されてない分
    イレギュラーが起きやすい。それに将来の事もあるわけで。
    小川監督は保守的過ぎて若い力を全く信用してないように見える。
    それに先発の選び方も疑問符がつきます。
    2月の寒い時期から投げさせてた若手を使わず昨年も結果が出なかったベテランを使い挙句5回まで投げきれない。
    せっかく整備したリリーフもこんな使い方では夏までもたないでしょうね。 削除

    [ パブロン ]

    2018/4/18(水) 午後 0:43

    返信する
  • 広島打線がホントに怖くなるのはGWくらいですからねぇ。まだ全員が本調子でもないみたいですし、この時期にある程度抑え込めないと…と感じます。スタメン見ても野間が入ってたり安倍が5番だったり、ガチのメンバーでもないのですよね。

    原クンも…威圧感(球威やフォーム)のあるタイプじゃないだけに、コースに決めたり緩急とかテクニックで翻弄できないと厳しいですかね。

    捺繰

    2018/4/19(木) 午後 9:48

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事