ここから本文です
四国ツバメロード
名前をpuroからツバメロードに変更。主に走破した国道や県道のレポートです。(2019/03/28)

書庫全体表示

イメージ 1

国道56号線
起点:高知県高知市「県庁前交差点」
=R33・R194・R195・R197・R493起点、R32・R55終点
終点:愛媛県松山市「市役所前交差点」
=R317・R379・R440・R494起点、R11・R33終点
総延長 : 337.8km(高知県166.5km、愛媛県171.3km)
実延長 : 335.6km(高知県164.3km、愛媛県171.3km)
現道 : 296.5km(高知県149.3km、愛媛県147.2km)
新道 : 39.1 km(高知県15.0km、愛媛県24.1km)






■ 宇和島道路(津島若松IC〜宇和島北IC)
距離:約17.7km 時間:約19分
イメージ 2
宇和島市内にも宇和島道路というバイパスがありますが、R56のバイパスの中では一番便利と言えましょう。
距離も比較的長いうえ、何といっても現道はあの宇和島市内の渋滞や右左折ばかりの交差点が待ち受けていますし^^
ただし便利な反面、やはりこちらもトンネルの割合が非常に多いです。
そのため景色はあまり期待はできませんが、宇和島坂下津ICを過ぎると、しばらくは宇和島市街を一望でき、宇和島城も見ることができます。




イメージ 3
(1) 宇和島道路の起点「津島若松IC」
↑R56宇和島道路 松山・西予市
→R56現道・R320 松山・西予市
津島若松ICが起点ですが、宇和島道路はそのまま真っすぐ進めます。
なお津島若松ICから西も「四国8の字ネットワーク」の対象になっていますが、これは当分時間がかかりそうです。。。



イメージ 4
(2) 岩松トンネル(500m)
津島若松ICを出発すると、対面2車線でさっそくトンネルが登場します。




イメージ 5
(3) 岩松川橋(262m)




イメージ 6
(4) 近家トンネル(1829m)




イメージ 7
(5) 津島高田IC
この津島高田ICで降りると、道の駅「津島やすらぎの里」が現道との交差点の直前にあります。




イメージ 8
(6) 新松尾トンネル(長さ2031m)
2km以上もある新松尾トンネルですが、現道の松尾トンネルも1710mあります。




イメージ 9
(7) 追越車線区間は下り勾配4%
松尾トンネルを越えた直後に下りながら追越車線がありますが、今のところ宇和島道路では唯一の追越車線となっています。




イメージ 10
(8) 祝森トンネル(746m)




イメージ 11
(9) 石丸トンネル(693m)




イメージ 12
(10) 円屋谷トンネル(347m)
祝森トンネル、石丸トンネル、円屋谷トンネルと短い間隔でトンネルが3つ続きます。




イメージ 13
(11) 宇和島南IC
愛媛r37などに御用のある方は宇和島南ICで降りることになります。
なお宇和島道路のサイトによると、津島高田IC〜宇和島北IC間は4車線で計画されているとのことです。
現在は暫定2車線のままですが、4車線に広げる工事をしている様子は見られませんでした。




イメージ 14
(12) 宮下第一トンネル(333m)




イメージ 15
(13) 宮下第二トンネル(487m)




イメージ 16
(14) 坂下津トンネル(270m)




イメージ 17
(15) 宇和島坂下津IC
坂下津トンネルを抜けた直後にICがあり、ここを過ぎるとしばらくは宇和島市街の上を走ります。




イメージ 18
(16) 宇和島市街
2桁国道のはずの現道が宇和島市街で何度も右左折しなければならなかったことを考えると、バイパスは偉大であります!




イメージ 19
(17) 住吉トンネル(長さ383m)
↑R56宇和島道路 松山92km・宇和20km

住吉トンネルの直前に宇和島朝日ICがありますが、ハーフインターで反対方面側しか出ることができないため、宇和島市街に用がある方は先ほどの宇和島坂下津ICで降りる必要があります。
なお宇和島坂下津ICもハーフインターで、あちらは逆に反対方面側は降りられませんが。




イメージ 20
(18) 藤江トンネル(885m)




イメージ 21
(19) 藤江トンネル直後の宇和島北ICが宇和島道路の終点
↑松山道(※西予宇和ICまで無料区間です。)
↖R56現道
藤江トンネルを出た直後の宇和島北ICまでが宇和島道路ですが、それ以降も西予市の西予宇和ICまでは無料のため、まっすぐ進む車の方がたいていは多いと思われます。




イメージ 22
(20) 現道と合流
↖R56 松山・西予市
↘R56 宇和島市街
宇和島北ICを降りるとすぐに現道との交差点となり、宇和島道路の区間は終了です。


ここに限ったことでもなく、全国の至るところにありますが、
津島若松IC〜宇和島北IC→R56バイパスという位置づけの宇和島道路(無料)
宇和島北IC〜西予宇和IC→松山自動車道の無料区間
地図を見ても宇和島北ICまでが赤色の国道となっているので分かりますが、同じ無料区間とはいえ、少しややこしい感もするところです。
標識の色も自動車専用道路ということで、宇和島道路も高速道路と同じ緑色ですし^^
まあ普通に走る分には同じ無料道路ですし、「国道でも国道でなくてもどうでもよい!」ってことになるかもしれませんが。








【最後に】当ブログをご覧いただき、心より感謝申し上げます。
よろしければ、「訪問の証」にブログランキングのクリック(↓)お願いします!


 


  • アバター

    やはり、バイパスの効果は絶大ですよね♪

    よっすぃー的には、これほど快適な道だと
    速度違反取り締まりやオービスが気になります^^

    yossuy

    2019/4/7(日) 午後 8:16

  • 顔アイコン

    よっすぃーさん
    こういうのもなんですが、そもそも制限速度が道路状況と微妙に合ってないところもあるような気もします^^
    高架道は建設費等ネックも多いですが、信号機で待たされることがないというのもいいですよね♪

    ツバメロード

    2019/4/8(月) 午後 11:27

  • すごいキレイな青空ですね♪

    すみません、道路に触れず(^^;

    ずっと同じクルマですか、前を走ってるのは。

    すみません、道路に触れず(^^;

    捺繰

    2019/4/8(月) 午後 11:34

  • 顔アイコン

    捺繰さん
    そんなに道路に関するコメントは難しいですか!?
    「トンネルが多い」とか「走りやすそう」とかそんなんでもいいかと思うのですけど…^^

    青空の元での高架道は、景色もよく見れていいですよね♪

    ツバメロード

    2019/4/9(火) 午前 7:13

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事