全体表示

[ リスト ]

これまでの人生


これまでの人生、あれこれ思い出すと、今までの自分は、なんとひどかったか。
若い頃の、自己チュー、気配りのなさ、思い上がり。
顔が真っ赤になり、次の瞬間、真っ青になり、そして、紫に・・・。
いろんな方々に、ご迷惑をおかけしている。

気が付いただけでも、一歩前進。craft storage containers
そう思わないと、やっていけない。


で、話は変わって・・・(すぐ変わる)

親になって、はじめて親の気持ちがわかる、というが、
わたしは、ババ(=祖母)になってみて、はじめて親の気持ちがわかった。
つまり、一世代、ずれている、遅刻している。
この遅刻は、かなり、大幅遅刻である。

親稼業をやっているときは、親の気持ちなど考える余裕もなく、
ただただひたすら、目の前にあることをひとつひとつ、クリアしていくだけだった。
今、ババ稼業(新米、就任2ヶ月)をスタートしてみて、
なんと今まで、多くの人々の愛、支援を受けて、ここまできたかということを思い知った。
(たったの2ヶ月で!! しかも、今まで、思いつかなかった、って、
この人生の時間配分、・・・あきらかにズレている)

人生のレールに乗っているだけで、ホームに立って電車を待つばかり。
電車が来たら、あらかじめ取ってある指定席に、座り込むだけ。
自分が、何行きの電車で、いつ、着くのか、運賃はいくらなのかも知らなくて、
ただただ、用意されたものに従うだけだった。dentist central
自分の手荷物さえ、誰かに運んでもらっている。

なにも考えていないので、段取りやら、注意事項やら、そんなこと、全然、おかまいなし。
そこに居さえすればよかった。
いやはや、ここまで考えなしの人間は、いまどき、幼稚園児でもいないのでは?

考えナシではあるが、「お客さん」のように、選択肢は、2〜3ある。
プレゼンテーション後のクライアントのように、一通り説明を受けたあと、
「さて、では、このバリエーションの中で、どれになさいますか?
オプションもありますよ」
そう聞かれ、「じゃ、これで」と、
A案、B案、C案の中で、とくに、プレゼンテーターが、おススメのものを指差す。
ただ、それだけだ。
座っているだけでいい。
プレゼンテーターが、こちらの指定した時間に営業諸氏を引き連れて、やってくるのを待つだけだ。

つまり、おまかせ定食。

自分で、オリジナルであれこれ一から、いや、ゼロから作ると、とてもえらいことになる。

店も、そう。(利用する側ではなく、運営する側)
あまりにも気合を入れて作ると、店舗経営に失敗する。
(料理や、接客、サービスは、気合を入れてやってもらわないと、いけませんが)
インテリアや食器、食材、空間プランニング・・・凝りに凝って、揃えまくると、採算が合わなくなる。
おさえどころだけ、おさえて、あとは、手を抜かないと、
なにからなにまで、力を入れると、経営が成り立たない。
採算度外視、殿様商売、お国のジャブジャブ経営のごとく。


と、ここで、どんどんハナシが脱線していることに、ふと気付く。

で、人生も、そんなような気がする。
結婚も、就職も。
気合を入れて全力を投入するのは素晴らしいが、100点満点を目指すのは、結構であるが、
100点満点は、・・・ない。
ポイントだけは、おさえる。
譲れないところは、譲らない。
あとは、自然にまかせる。つまり、手を抜く。

おまかせ、おススメコースの中からチョイスし、ちょこっと自分らしさをオプションで追加する。
その程度でいい。yahoo seo hk

ただ、わたしの場合は、あまりにも、おまかせ度合いが大きすぎた。
プロセスをもっとよく観察すべきであったが、景色を見ないでエスカレーターに乗っているごとく、
他人事のように捉えていたせいで、
いざ、「はい、じゃ、自分でやってみて!」と、バトンと受けると、あらら、どうやって、やるの?と、うろたえる。

説明書、片手に四苦八苦、自分で出来る限りのことはやってみたけれど、
「もう、無理。できない。だれか、助けて!!」
「電源、入れてませんよ」
「ありゃ、りゃ」
となる。

見よう見まねで、やるしかない。
が、上手い具合に、遺伝子・伝授にメリハリ現象が現れた。
シッカリ者→だめだめ者→シッカリ者。この順序。
縦列、上列には、しっかりした親の後に、しっかりしていないわたしが、配置され、
その下に、しっかり者の子供が来る。
強→弱→強。
つまり、上から、下から、サポートしてくれるわけで、
ババは、大ババに支えられ、子供に支えられ、どうにかこうにか、ババの位置を確保する。

首がグラグラしている、2ヶ月児と同じようなものだ。
2ヶ月児は、3ヶ月になると、首も段々しっかりしてくる。
ババは、首はしっかりしてきても、今度は、足がふらついてくる。
しかも、大ババの足も、同時にふらついてきている。

ダンゴ状態になって、みんなで支えながら、前を向いて歩いていくしかない。

親に感謝、子に感謝、孫に感謝、
皆に感謝しないとわたしの、存在はない。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事