心の散歩道

只今・・・『お気に入り登録』の見直し中です^^;

全体表示

[ リスト ]

かっては女性の名前に「子」がつくのが当たり前だったのに、
最近では逆に珍しくなっている。

ある保険会社の調査では、2007年生まれで「子」がつくのは、
上位100番中5つしかなかったという。ずいぶん変わったものである。

しかし、よく考えてみれば、男性の名前にはとくにルールのようなものがないのに、女性に限って「子」がつく名前が広がったのはなぜか?

元を辿れば、かって明治政府が出したお触れがきっかけだった。
「華族の女性の名前には「子」をつけるように」と奨励したのである。

つまり、最初は上流階級の一部の女性だけが使っていたのが「子」だったの。

ところが明治の末頃から、この習慣が一般にも広がり、庶民の間でもつかうようになった。その後、それが習慣となって広まったのである。

ただし、歴史を溯ると、「子」は必ずしも女性限定の文字ではなかった。

たとえば、奈良時代以前には男女に関係なく、幼名にこの字を使う場合が多かった。
なかには、中臣鎌子(なかとみのかまこ)(のちの藤原鎌足)、蘇我馬子(そがのうまこ)、小野妹子のように、成人してからもそのまま同じ名前を使っている場合もあった。

もともと「子」という文字には、とてもありがたい意味があった。
『天子』(てんし)という場合の「子」、あるいは『太子』(たいし)の子、いずれも男子に対する尊称である。のちに男性の名前に『彦』という字が使われるようになったが、これも原型は「日子」(ひこ)である。

このように尊称としての「子」は、昔から日本人の名前の中で生きてきたのだが、それを社会的地位の高い女性にも使っていただこうというのが、明治
政府の考えだったのだ。

最近は「子」の付く名前は古めかしいというイメージが先行しているが、しかし、こう考えてみると、ただそれだけで片付けられない深い意味があるのだ。
あらためて「子」のつく名前を見直してもいいのではないだろうか。

「雑学の本」より抜粋。 

閉じる コメント(28)

顔アイコン

こんばんは!
実は、丁度2,3日前に確かNHKでこのことをとりあげて
放送していました。 「子」については、みよまるさんの方が
詳しく投稿しておられますが、言われるように、今は「子」が極めて少なくなっているそうです。 男女を問わず、簡単な漢字を
思いもしないような読み方での名前が増えているそうです。将来
学校の先生は児童の名前に全部フリガナをつけないと先生も困る
ようになるとか・・・。男子については、「太」の一字を付ける
場合が多いとか・・・これは納得です。最近「郎」を付けるのが
復活傾向とか。 長くなりました。

2009/12/10(木) 午後 6:57 あれこれ探して・・・

顔アイコン

そうですね、私の母大正5年生まれだつたと思います、
「まき」でした。
有名人で薫子と云う人もいましたね。

2009/12/10(木) 午後 7:06 [ nob*run ]

顔アイコン

子という字がつくだけで年代がばれるように
なりましたね。
私も子がついています。

2009/12/10(木) 午後 11:25 まーや

顔アイコン

私も「子」がつくので、興味深く読みました。
私の名は、明治神宮でつけてもらったそうですが、気に入ってます。

ポチします☆

2009/12/10(木) 午後 11:55 totto

顔アイコン

大昔は男に使いました。
小野妹子はこうでしたか?
聖徳太子などがそうだとか。

2009/12/11(金) 午後 4:49 田舎の爺(丈)

顔アイコン

私は・・・若くないんですけど(^ ^!)名前に子は付いてないんです。
・・・で、小学生のころは、子の付く名前に憧れて・・・・・どういうわけか・・みつこ・・・っていう名前になりたかったんですよねぇ〜。
???なんでだろ・・・?
今、連絡網見たら・・中1の次男のクラスには・・子の付く女の子・・・見事に一人もいませんでしたぁ〜!!

2009/12/12(土) 午前 6:04 [ フラワー未缶 ]

顔アイコン

八木工房さん

私の生まれた時代はほとんど「子」が付いていました。他に〇江、〇枝などもありました。今の子供たちの名前が正しく読めないと、小学校の教師をしている知人がぼやいています。名前も流行があるのでしょうね。「子」にこんな意味があった、歴史があったんですね。>>私も今回始めて知りました。

2009/12/12(土) 午前 8:45 みよまる

顔アイコン

someyuki さん

中宮彰子=藤原彰子(ふじわらのしょうし)?「あきこ?」ポチありがとうございました。

2009/12/12(土) 午前 8:51 みよまる

顔アイコン

岩魚さん

菅原道真の頃のクイズだったろうか???>>わかりません。猫に聞いてきださい(笑)ただし、小判は与えないでくださいね(失礼しましたぷぷっ)

2009/12/12(土) 午前 8:57 みよまる

顔アイコン

oga*a*e さん

子がつか無くなって読むのが大変になって来ました>>確かにそうですね。 人名は読み方が難しい・・・

2009/12/12(土) 午前 9:03 みよまる

顔アイコン

yuuさん

又賢くなりましたよ・・みよまる先生〜は〜い。>>あらら、私は「先生」じゃありませんよ。
だって、yuuさんより先に生まれていませんからねプッ(笑)

2009/12/12(土) 午前 9:06 みよまる

顔アイコン

CECILさん

瑛太の影響でしょうか・・・>>何かの影響力って大きいですからね。

2009/12/12(土) 午前 9:08 みよまる

顔アイコン

岩魚さん

ご丁寧にありがとうございました。私はこういう話には疎いもので・・・。

2009/12/12(土) 午前 9:10 みよまる

顔アイコン

bitaminさん

「子」←時代背景がありますね。私の母は大正の末期の生まれですが「子」ありです(笑)今の感覚ですととっても洒落た名前です >>お母様、平成の世にお生まれになったらよかったのに・・・(じゃんねん!)mitaminさんのお名前は?浮かんできましたぞー!?

2009/12/12(土) 午前 9:28 みよまる

顔アイコン

ま〜さん

NHKの話は初めて聞きました。時代が変われば名前の付け方も変わってきますね(実はどう読むのかわからない文字が多くなっています)私の知人は小学校の教師ですが・・・「なんと読むんだろう?」と、首をひねるような「文字」が使われているそうです。昔は大勢の人に覚えてもらえるように・・・
簡単明瞭だったような気がします。「太」&「郎」←復活を期待します(笑)

2009/12/12(土) 午前 9:36 みよまる

顔アイコン

nob*run*zak**8202*04さん

有名人で薫子と云う人もいましたね。>>薫子さんは「子」が付かなくてもいいお名前ですね。^^
大正時代は二文字の名前が多かったのでしょうか?

2009/12/12(土) 午前 9:41 みよまる

顔アイコン

まーやさん

子という字がつくだけで年代がばれるように
なりましたね。>>うーん、そうですね(笑)
私も子がついています。>>私も付いていますププッ。みよまる=miyokoではありませんが・・・。

2009/12/12(土) 午前 9:44 みよまる

顔アイコン

tottoさん

私の名は、明治神宮でつけてもらったそうですが、気に入ってます。>>名付け親は明治神宮ですか・・・私の場合は父親(あとで聞いた話によればですが)女の子が生まれたら「父親」男の子が生まれたら「母親」が決めていたようです。ポチありがとう^^

2009/12/12(土) 午前 9:50 みよまる

顔アイコン

丈爺さん

コメントありがとうございます。
先程、ゲストブックにコメントしてきました。
よろしくお願いします。大昔は男に使いました。>>そのようですね。

2009/12/12(土) 午前 10:03 みよまる

顔アイコン

フラワー未缶 さん

私は・・・若くないんですけど(^ ^!)名前に子は付いてないんです。>>「子」がついていなくても生活上の不便はないでしょ(爆)みよまる「子」がついているんです。みよまる=miyokoではありませんが・・・(そう思っている方もいるようですがフフ)「みつこ」という名前になりたかった?今は「子」が付きません(はい)近所の小学生に名前を聞いたら、梨花(理科じゃなかったアハハ)由愛(ゆめ)他は忘れちゃったプッ。

2009/12/12(土) 午前 10:13 みよまる


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事