プスま(pusuma)のおしゃべり

ますますのんびり更新ですが〜よろしくです♪

全体表示

[ リスト ]

『英国王のスピーチ』

イメージ 1
 
 
 
 
 
 
『英国王のスピーチ』   
          (イギリス・オーストラリア)
 
監督   
トム・フーバー
 
キャスト 
コリン・ファース (ジョージ6世)     
ヘレナ・ボトム=カーター (エリザベス妃)   ジェフリー・ラッシュ  (ライオネル・ローグ) 
      
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
友人の 「面白くない退屈な映画」 との言葉を信じて見逃すところでした 
 
ブログ友さんのやっくんさんの記事で これは見なくては〜と
 
アカデミー賞にふさわしい文句無しの映画です!
 
 
これは 英国王ジョージ6世の実話をもとに映画化されたもので
 
幼い頃から吃音症に悩まされて 人前ではうまく話せない彼が
 
妻であるエリザベスと 治療士ローグの協力のもと克服するまでを描いた感動作です
 
 
歴史の重みを感じさせる場面設定も 荘厳かつ重厚で 
 
本物の宮殿もウエストミンスター寺院もかくあろうかと思われました
 
 
で、プスま的には
 
スキャンダルで騒がれる英王室の相関図がよくわからなかったのですが
 
この映画で ある意味スッキリ納得がいきました (^^)v
 
 
映画にも出てくる 兄ジョージ8世(ディヴィッド)と アメリカ人シンプソン夫人との不倫
 
結局周囲の非難を押し切って王座を捨て ウィンザー侯爵となり
 
「王冠をかけた恋」 と騒がれましたよね
 
 
ジョージ6世の二人の王女 エリザベスとマーガレット
 
姉君は現在の英国女王と 
 
奔放な恋の遍歴で世界の注目をあびた 妹君アン王女(マーガレット)
 
 
そして現在でも ゴシップ欄を騒がしたり〜〜と
 
それにしても 微動だにしない英王室のすごさと
 
イギリスという国の大人度をあらためて思いました
 
 
主演男優賞の コリン・ファース
 
以前 『真珠の耳飾りの少女』 で画家フェルメールを演じていましたが
 
全く違う雰囲気で 彼の俳優としての奥深さを感じました!
 
『シングルマン』 も見ておくべきだったと後悔しています。。。
 
 
 

閉じる コメント(8)

顔アイコン

私も、この映画は、見るべきだと思っています。観たいです。
私は、ヨーロッパの王家の家系図が大好きです。イギリスもしかり。。。
だから、観たいのです(笑)
それに、面白くないという評価の映画が面白いと感じたり、その反対もあったり。。。
という、へそ曲がりでもあります(笑)
ああ、プスまさんお薦めの映画、時間を見つけて観にいかなぁ〜!

コリン・ファース。。。「ブリジットジョーンズの日記」にも出ています。
憎めない、おいしい役どころです(笑)

2011/3/31(木) 午後 5:28 maybe

顔アイコン

へそ曲がり〜 私もです maybeさん
「アカデミー賞イコール名画」とは限りませんものね
でも、この映画の作品賞や主演男優賞は当然だと思いました

コリン・ファース・・・英国人ですかねえ
舞台俳優のような品のある風格は とても魅力的です

お薦めの映画DVDで見ます(^^)v
それにしてもmaybeさんよく映画をご存知ですね

2011/3/31(木) 午後 8:48 プスま

顔アイコン

近所のママ友さんが、映画の好きな人で、よく一緒に観に行っていたんです。
最近は、ちょっと行けてませんが。。。
玉木くんに出会ってからは(笑)邦画が多いですが、前は、洋画ばかり。。。
キアヌ・リーブスや、ケビン・コスナー、トム・クルーズという、やっぱり、イケメンが出るものが多かった〜(笑)

2011/3/31(木) 午後 11:04 maybe

顔アイコン

ケビン・コスナー、、♪いいですね♪
知性派で、品があって、なぜか信頼できる男らしさが〜

maybeさんのこの頃は プスまは結構大変な時期で
映画館にあまり足を運んでませんでした
その意味では 今は幸せかも〜ですね。。。

そしてね、男・女優ともに名前がなかなか覚えられません(-_-;)
これってやっぱり年のせいかな?

2011/4/2(土) 午前 11:16 プスま

アバター

『真珠の耳飾りの少女』は、見ましたが、これは見ていません。
母が見て・・・「良かったわよ〜!!
アカデミー賞受賞作品なので、ソチラでも見れるのでは?」と
連絡してくれましたが、、、
(上演していたとしても、スペイン語字幕だし)
帰国後、DVDで見てみますね♪☆彡

2011/4/2(土) 午後 9:10 Sharon☆彡

顔アイコン

映画全体の色彩も音楽も素晴らしいの一言です

Sharonさん
イギリス映画独特の重々しさと
でも随所にユーモアが散らばっていて
DVDが出たら又ゆっくり見たい作品です
この映画を選んだ米アカデミー賞に乾杯\(^o^)/

2011/4/3(日) 午後 0:36 プスま

顔アイコン

プスまさんに背中を押されて見に行ってきました♪ やっと!

ユーモアにあふれていたし、国王のスピーチがうまくいくようにドキドキしたり。。。でも最後には感動して涙がでました。
言葉を伝えるのは心なんですね。

私は、国王を支えた妻のエリザベスが印象的でしたし、国王が自分の家に来ていることに驚くライオネルの妻の立ち振る舞いも素敵でした。

私も感想をブログに書いてみますね♪

2011/4/6(水) 午後 9:00 [ ヒロミ ]

顔アイコン

見てこられたのですね〜♪
ヒロミさんの更新タイトルを横目で見てお先に返コメを〜と(^^)v

じっくりと見られる本当に映画らしい映画でしたでしょう?
妻のエリザベスは「私の生存中は映画化はしないで」と言われたとか〜
プライバシー全開でよく許されたものですねえ

プスまは、うっかりして気がつかなかったけれど
最後の演説シーンのバックで流れたのは“ベト7”の2楽章らしい?
あ、ヒロミさん気がついてた〜♪

2011/4/7(木) 午後 8:34 プスま


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事