アジアのお坊さん 番外編

ホームページ「アジアのお坊さん」の番外編です!!

全体表示

[ リスト ]

 シヴァやヴィシュヌやクリシュナやガネーシュといったインド固有の神々を信奉する宗教は、「ヒンドゥー教」です。ローマ字表記はHinduなので、カタカナ書きなら「ヒンドゥー」ですが、これを「ヒンズー」もしくは「ヒンヅー」と表記する人が、後を絶ちません。

 数あるインドの公用語の内、最も有名なのが「ヒンディー語」Hindhiなのですが、これに関しても「ヒンズー語」もしくは「ヒンヅー語」と表記する人がたくさんいます。意外と自称インド通の学者、作家、お坊さんなどにも、「ヒンズー教」、「ヒンズー語」という表記をする人が多いのです。

 日本でヒンディー語を教えているインド人女性が、「ヒンディー語」って言葉を知ってくれてる日本人は少ないわね、知ってても「ヒンドゥー語」と言ってみたり、ひどい場合には「ヒンズー語」なんて言う人もいるわね、と笑いながら言っておられるのを聞いたことあるので、インド人が聞いても奇妙な表現なんだと思われます。

 もっとも前川健一さんは、タイ語の正しい発音をカタカナにしようとしても限界があるので、敢えて最初から、ごく分かりやすい表記にすると言っておられますし、私も「知識人」の皆さんが、「メタレヴェル」とか「ヴァラエティに富んだ」などと表記しているの見ると、何で「レベル」や「バラエティ」じゃ駄目なのかなあと思ったりもしますから、「ヒンズー教」という日本語が、間違いだとは言い切りません。

 でも「ヒンズー語」は間違いです。たとえ「「ヒンドゥー語」と表記したとしても間違いです。言語に関しては「ヒンディー語」しかあり得ません。

 間違いだ! と目くじらを立てている訳ではありません。ただ、「ヒンズー教」とか「ヒンズー語」という文字を見かけると、ちょっとおしりのあたりがむずむずして、落ち着かない気分になるので、こうして書かせて頂きました。
                           おしまい。

この記事に


.


みんなの更新記事