ここから本文です
アジアのお坊さん 番外編
ホームページ「アジアのお坊さん」の番外編です!!

書庫全体表示

お寺の法語掲示板

公益財団法人 仏教伝道協会が行っておられる「輝け!お寺の掲示板大賞」というのが人気で、インターネットのみならず、平成30年8月1日発行の「天台ジャーナル 第185号」でも紹介されていたが、つい先日は深夜番組の「タモリ倶楽部」でも取り上げられていたとのことで、知人が録画して下さったのを、この度、視聴させて頂いた。

みうらじゅん氏も出演し、司会のタモリ氏と共に発言されていたのだが、このお二方のコメントが実にいい。番組で取り上げられていたお寺の掲示板の法語がたまたま余り面白くなく、と言ってもこれは別に苦言を呈しているのではなくて、あくまでこの賞に関する法語の中にも、良いものや面白いものはたくさんあるかと思うけれど、たまたまこの番組に取り上げられた作品に、今一つなものが多く、そして登場したお坊さま方のコメントが、失礼ながら膝を打つようなものではなかったので、余計にお二方の切り込み方が、素晴らしく思えたのだと思う。

仏教好きを標榜するタレントの方たちは、昨今では玉石混交、たくさんおられる中で、みうらじゅん氏の仏教に対する切り口は実に面白い。それは氏が単に面白おかしいことを言っているからなのではなく、氏の仏教に対する思いや造詣が深ければこそなのであって、我々僧侶は是非お坊さんというポジションに胡坐をかかず、研鑽し、精進し、芸を磨かねばならないと、この番組を見て思った次第だ。

ちなみに私が今までに見たお寺の法語の掲示で、良いと思ったものは、以下の2つ。

・「夏はいや 冬は嫌だと 年を取り」
これは大阪のお寺で見た。

・「うかうか一年」
こちらは京都のお寺で見かけた。

いずれも写真を撮っていないので、掲示板大賞に応募は出来ないけれど。

※「リニューアル版 アジアの坊主人形」でも、みうらじゅん氏の「甘えた坊主人形」について触れさせてもらっています。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事