全体表示

[ リスト ]

先日、無線局免許状をいただきました
せっかく、開局できるのに、機材の方は準備が進んでいません

せめて、これからFPVクワッドレーサー用に開局申請をしようとしている方の参考にしてもらえればと思います
ちなみに、タイトルにあるように、HobbyNetさんの「TS586改造」で申請しました

今、世界中で人気沸騰中のFPVクワッドレーサーですが、国内で飛ばすためには、アマチュア無線免許が必要です
その上で、無線機器を申請し、開局のための審査を受けなければなりません

クワッドレーサーに搭載するビデオカメラの画像をFPVゴーグルやモニターに送るための発信器が日本国内で使うための基準を満たしていることを認めてもらう必要があるわけです

このあたりの話は、以前に紹介したサイトを見て頂いた方が詳しく分かります
アマチュア無線でRC FPVを楽しむ  

このような先駆者のみなさまのお陰で、私の様な素人でもFPVのための無線局免許を取れるようになったのです
さしあたって、HobbyNetさんが国内向けに販売している「TS586改造」を購入すれば、1ヶ月で開局できます

イメージ 1

↑このように、必要な書類が同梱されていま・・・?!・・・せん

昨年11/3の航空ページェントでゲットした「TS586改造」ですが、なぜか製品仕様書が2枚入っていて、とても大切な「送信機の系統図」という書類が入っていませんでした。

小心者の私は、HobbyNetさんに問い合わせする勇気がなく、ネットでググってみました・・・すると

イメージ 2

↑親切な方がいました〜ほぼ、丸見えです・・・アンテナの下の「RTC6・・・」だけが分かりませんが、ちょっと自分でエクセルに再現してみました

TS586をググると、どうやら、「RTC6・・・」は、「RTC6659」となるらしいです
でも、あっているか心配なので、作った「送信機の系統図」を添付して、HobbyNetさんに問い合わせてみました

「TS586改造」を購入したけれど、系統図が入っていなかったので、何らかの形でいただけないか、または添付した「系統図」があっているかどうか、手直しするところがあれば指摘してもらえないかとお願いしたのです

ほどなく「ご迷惑をお掛けしました 系統図のデータを送ります」と返信をいただきました
添付していただいた「系統図」を見たら、「RTC6659」でオケーでした〜

これで、心置きなく申請書類が作れます
必要な書類のデータは「総務省 電波利用ホームページ」からダウンロードできます


1 無線局免許申請書
イメージ 3
↑収入印紙が貼ってありません(収入証紙ではありません・・・念のため)
イメージ 4
↑収入印紙の画像(借り物ですが・・・)

2 「TS586改造系統図」・・・製品に同梱されているものです
イメージ 5
↑せっかく自分で作ったので、自作のものを貼ってみました(体裁が微妙に違うだけですが・・・)

ちなみに、捕捉資料(・・・たぶん「補足」の間違い!?)も添付しました
イメージ 6
追加(2/4)
製品仕様書も送っていました〜
イメージ 12


次の書類からは、「TSS保証事業部」というサイトからダウンロードできます


3 アマチュア局の無線設備の保証願書
イメージ 7
↑ 必要な数だけ、「送信機の名称等」に記入します・・・私は、3個申請しました

4 無線局事項書及び工事設計書
イメージ 8
↑ 住所、氏名、免許証の番号等のほかに、必要なチェック☑を入れます
  ☑個人 欠格事項☑無  移動範囲 ☑移動する  希望する周波数帯 ☑5600M  電波の形式 ☑4SA
  空中線電力 0.6 w ← 「TS586改造」の出力は600mwなので

5 前納申出書
イメージ 9
↑ 電波利用料を5年分一括で納付する人は、申出書を提出します
 ネットには、「電波利用料なんて、払ってない〜」などという発言も見受けられます
 法律に則って、電波を利用するのなら、払って当たり前だと思うのですが・・・たったの年300円です

6 返信用封筒
イメージ 10
↑ 「無線局免許状」を送ってもらうための封筒です
 無線従事者免許証の申請のときは簡易書留(左)で送ってもらったのですが、今回は普通(右)にしました
 簡易書留だと、昼間に配達されても受け取れず、本局まで受け取りに行くことになるでしょう・・・

7 必要な費用
 TSSへの保証料4800円(銀行振り込み)
 総務省への申請料4300円(収入印紙)→ 1 無線局免許申請書 に添付です

以上を「TSS株式会社保証事業部」
      〒113-0034 東京都文京区湯島3-20-12
                 ツナシマ第2ビル4F
に送ります
(総務省ではありません)

イメージ 11

私は、できるだけ簡単に開局したかったので、すでに国内で実績のある「TS586改造」で申請しました
HobbyNetさんが国内向けに改造した送信機を販売してくださっているので、すんなりと開局できます

FPVクワッドレーサーを楽しみたい方は、ご参考にしてください

せっかく、開局できたので、私も機材の準備をがんばりたいと思います〜

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

超えなきゃならないハードルが沢山ありますね(-。−;)
三月の試験がんばります!

2016/2/3(水) 午後 4:04 [ ゴリラ ] 返信する

顔アイコン

> ゴリラさん
そうですね(^_^;)
目視外飛行の申請、とてつもなくハードル高い気がします
試験のハードルは、きっと大丈夫です!
インフルエンザ流行ってますので体調には気をつけて、頑張ってください(^o^)

2016/2/4(木) 午後 6:19 あにやん 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事