ここから本文です
いもむしと赤い電車たち
‥‥ありがとう、さようなら、またどこかで‥‥

書庫全体表示

記事検索
検索

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

犬山市犬山の火の見櫓

犬山城の正面通りで南北に伸びる「本町通り」の一本西側の通り、

名鉄犬山駅から西北西に直線距離で700mほどの所にあります。

苦しいですが、犬山城とコラボレーション可です(笑)

2018年12月訪問


※犬山市のHPによると、本町の町名由来看板があり、それに

「本町通りには、上本町、中本町、下本町とがある。(中略)

上本町には(中略)享保十七年(一七三二)に『火の見櫓』が

できた。」とあります。

当時の櫓がどんなものなのか見てみたいなぁ。

イメージ 1

JR編です。ぬくもり飛騨路号に乗車したのが懐かしいです。

もう一年以上経ってしまいました。

イメージ 1

モノレールラストランの2008年12月27日は、パノラマカー

定期運用終了の翌日でした。

この日のサプライズは運用変更で各務原線に7700系が投入された

ことです。

パノラマカー引退後は撮るものが少なくなりそうだと嘆いていた地元

ファンの間では、各務原線フィーバー(?)が巻き起こりました。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

犬山市堂屋敷の火の見櫓

名鉄小牧線楽田(がくでん)駅からほぼ東へ約1km

大縣神社に向かう途中にあります。

防災スピーカーがたくさん取り付けられた櫓ですが、今でも

役目を果たしているようで、ちょっと嬉しかったりします。

2018年11月訪問



これでもかというくらいたくさん撮影してしまいました。(笑)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事