ここから本文です
土浦に来たら寄ってね

書庫全体表示

冬の季語に凝る(凍る)がありますが、魚や肉を煮て
そのゼラチン質のために固まるものが「煮凝り」として
出されます。夏でも出しますが、冬は河豚の皮の「煮凝り」が
良く出されます。ショウガの香りとともに口に運ぶととろっと
美味しさが解けます。

イメージ 1

ふぐの皮です。刻んで小葱と合わせて
ポン酢で美味しいのですが

イメージ 2


河豚皮を刻んで生姜の千切りと
かつおだしで煮て器に流しますと
冷蔵庫ですぐに凝ります。

イメージ 3

飲んでいるときにちょこっと
これが出てくるといいでしょう〜
冬の味です。





この記事に

  • 顔アイコン

    ふふふ、「煮凝り」は風流ですよね^^

    ちょっとだけお皿に乗ってると、とっても上品に見えますもんね♪

    あ〜食べたい(^_^)v

    きんちゃん

    2018/2/1(木) 午後 4:33

    返信する
  • 顔アイコン

    いつもありがとうございます。
    金目鯛、鳥、牛筋、すっぽん、穴子など美味しい物はみんなゼラチン質が強くてみんな煮凝りの主人公になります。みんな美味しいですね。

    pyj*s79*02*6

    2018/2/2(金) 午後 1:44

    返信する
  • 顔アイコン

    へー「煮凝り」はご馳走なんですね
    我が家では,皿に残して捨てています
    ゼラチンを捨てるなんて,もったいない限りですね

    Obaa

    2018/2/8(木) 午前 9:11

    返信する
  • 顔アイコン

    > Obaaさん
    いつもありがとうございます。朝方、昨日の煮魚の煮汁がかたまっていたらスプーンでお皿に盛り付けて温かいご飯の上に乗せて素早く口にそのご飯を運びます。幸せの瞬間です。

    pyj*s79*02*6

    2018/2/10(土) 午後 3:24

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事