ここから本文です
じゃい亀な日々
ラジオはともだち♪

書庫全体表示

記事検索
検索

全128ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

2016年1月〜3月分の回収状況です☆

団体名1月2月3月累積回収数
道の駅いなかだて「弥生の里」さま3760154270
田舎館村 西児童クラブさま128060308
田舎館村 光田寺児童クラブさま34807080379831
田舎館村 中央公民館さま236015202640104472
黒石市 幸成児童館さま3920234918
S.K.K.情報ビジネス専門学校さま488020040
藤崎町役場さま60004600118504
黒石市 美郷保育園さま232010560
マルハン弘前店さま752051880
黒石市立黒石小学校さま20120131910
合計1228018600406006373116



累計回収数【637万3116個】

ポリオワクチン【約7966人分】

参加団体数【102団体】


ご協力ありがとうございました!!
2015年10月〜12月分の回収状況です☆

団体名10月11月12月累積回収数
道の駅いなかだて「弥生の里」さま5160150510
田舎館村 光田寺児童クラブさま780048405560369271
田舎館村 中央公民館さま13202000252097952
黒石市 幸成児童館さま3740230998
S.K.K.情報ビジネス専門学校さま8080456028015160
藤崎町役場さま90801880107904
弘前市 浅間接骨院さま656079016
黒石市立浅瀬石小学校さま904069480
マルハン弘前店さま780044360
岩手トラックターミナルさま4048040480
岩手県 マリオスさま103040103040
岩手県 アイーナさま156560156560
ジャイゴウェーブリスナーの皆さま10280211530
合計40460204803296406301636



累計回収数【630万1636個】

ポリオワクチン【約7877人分】

参加団体数【102団体】


ご協力ありがとうございました!!
こんにちは♪

新年度ですね〜(^o^)丿

皆さまいかがお過ごしでしょうか??


先日、このブログでもお伝えしましたが、

エフエムジャイゴウェーブでは

3月31日をもちまして「エコキャップ運動」を終了させて頂きました。


ですが!!!!

去年の6月以降、回収報告が滞っておりますので^^;

2015年7月〜9月分

2015年10月〜12月分

2016年1月〜3月分

と、3回に分けてご報告いたします〜♪



それでは、まずは

2015年7月〜9月分の回収状況を報告しまーす☆

団体名7月8月9月累積回収数
道の駅いなかだて「弥生の里」さま71201360145350
田舎館村 中央公民館さま5120248092112
スポカルイン黒石さま128039759
黒石市 幸成児童館さま16603800227258
弘前市 千年園さま2496068520
藤崎町役場さま100001032096944
弘前市 浅間接骨院さま260072456
マルハン弘前店さま820036560
黒石市立黒石小学校さま8000111790
大鰐町立大鰐小学校さま(新規)1376013760
合計3254040680274405911056



累計回収数【591万1056個】

ポリオワクチン【約7388人分】

参加団体数【99団体】


ご協力ありがとうございました!!
皆様へ重要なお知らせです。


タイトルの通り、エフエムジャイゴウェーブでは
今年度をもちまして『エコキャップ運動』の活動を終了させていただきます。

活動をスタートさせた当初、4人だったスタッフも
現在は2名となってしまいました。
正直、2人では手に負えなくなった…というのが活動終了の理由です

ただ、2008年にスタートしてから8年間、
『1万人分のワクチン代を寄付する』という目標を達成することができました

これも、ご理解・ご協力いただいた地域の皆様のおかげです。
本当にありがとうございました。

活動を始めた当初は、青森県ではほとんど知られていなかった
『エコキャップ運動』ですが、現在は様々な団体が活動されています

地球温暖化が心配される中、
キャップを分別収集することによりCO2発生の抑制が出来ると同時に
ワクチンを必要としている世界の子どもたちの命を救うことができる、
この活動を青森県内にも広めたい〜
と活動されていた、CEAの對馬さんの思いを引き継ぎ、
これまで8年間活動を続けてきました。

今の『エコキャップ運動』の広がり、とっても嬉しく思います


『エコキャップ運動』を終了しますが、
現在、エフエムジャイゴウェーブに山のようの積まれたキャップは
責任を持って売却し、寄付させていただきますのでご安心ください。


今までジャイゴウェーブにキャップを持って来て頂いていた団体のみなさんは、
申し訳ありませんが、他の活動団体へ持っていくなどして頂ければと思います。

最後の寄付までは、今まで通りこのブログでご報告させていただきます


今まで本当に、ご理解とご協力ありがとうございました。


エフエムジャイゴウェーブ









12月29日に19回目の寄付をしましたのでご報告します
 
今回は、
12月7日 売却分 4,596円
エコちゃん倶楽部からの分 10,000円、

さらに
盛岡からご協力いただくことになりました

岩手トラックターミナル株式会社さま
株式会社盛岡地域交流センター マリオスさま
いわて県民情報交流センター アイーナさま

以上、3社が収集したエコキャップ
12月18日 売却分 7,502円

合計22,098円を寄付しました


イメージ 1
  











盛岡から参加したいただいている3社さまの
詳しいキャップ回収数は、
他の協力団体のみなさまと一緒に
「キャップ回収報告」一覧でご紹介します

最近、エフエムジャイゴウェーブには県外などから
「郵送や宅配業者を利用してキャップを送りたい」
という問い合わせが増えています。
郵送等を利用してのキャップ回収はお断りしています
送料を払うくらいなら、その送料を寄付して欲しいのです

もう一つ、
「キャップをたくさん集めたのですが、
近くでキャップを回収してくれるところがありません。
ジャイゴウェーブでキャップを引き取ってもらえますか?」
という問い合わせも、青森県内外問わず多いです。

やみくもに集めるのではなく、キャップを集める前に、
「集めたキャップをどこに持っていくか」
「どこで回収しているのか」
しっかりと調べてからキャップを集めてほしいと思います。

回収している団体によって、キャップの種類や、洗う洗わないなど
回収条件が違うと思いますので、その辺もしっかりと確認したほうが
無駄なく確実だと思います。


エフエムジャイゴウェーブでお願いしていることは、

郵送等でのキャップの受け付けはしておりません。
回収しているキャップは、自動販売機で売っているドリンクのキャップのみです。
キレイに洗ってください。
金属のキャップ・プルタブ・ティッシュなどのゴミは入れないでください。
値札やキャンペーンなどのシールをはがしてください。
黙って事務所にキャップを置いていくのはやめてください。
キャップの袋や箱、すべてに団体名を記入してください。
回収には行きません。
キャップを色ごとに分別する必要はありません。
個数も数えてくる必要はありません。

こんなとろこでしょうか

引き続き、洗浄&乾燥&シールはがしの徹底をお願いします

  

全128ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事