全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

上の写真をごらん下さい。
防毒マスクをして収穫された穀物の上から、何やら白い粉を大量にふりかけています。
これは農薬です。
その後この農薬は、機械で均一に混ぜられます。
これがポストハーベスト農薬(収穫後使用する農薬)の使われ方で、このように農薬が混ぜ込まれた穀物はしばらく倉庫に貯蔵された後、消費国に向けて出荷されて行きます。

もう一度繰り返しますが、ポストハーベスト農薬とは、畑で使用するのではなく、輸出用穀物に対し、収穫後倉庫に一時貯蔵するときに使用するのです。

日本では、このポストハーベストは禁止されているのです。
それはなぜかと言うと…

畑で使用される農薬の場合、規定どうり使用すれば、収穫までに雨に流され、紫外線で分解され、または風に飛ばされるなどして、収穫するころになれば作物に残留していないように、その散布時期を計算されています。もちろん収穫後に、その作物に農薬を使用するなど問題外なのです。

ただ、日本でも農薬の使用規定に反し、畑で使用したとしても、収穫直前に使用されれば、残留農薬が検出されて、しばしば問題になります。

それにも増してポストハーベスト農薬は、収穫後に雨も紫外線も風もない倉庫の中で作物に混ぜ込んだりするので、私たちの口に入るまで高濃度で残留している確立が高いのです。

アメリカ国内でも、ここまでの農薬の使い方はされていないのです。

まさにこれは、アメリカから日本への輸出するからこそ行なわれる行為なのです。
輸出途中で虫やカビの害から作物を守るためにです。
この場合の、残留農薬による人体への害は無視されているとしか思えません。

日本国内では、人体に害があるために禁止されていることを、輸入作物に関しては例外という立場なのです。ここに私たちの命に関わる大矛盾があるのです。

日本子孫基金から購入したビデオ映像によると、日本の小麦と輸入小麦のコクゾウムシによる比較実験をしています。国産小麦の中では元気に生きているコクゾウムシが、輸入小麦の中では三日後にすべて死んでいるのです。

また、北海道の消費者協会が行った調査(“北の暮らし”2001年1月31日)によると、20種類のパンの残留農薬の調査で、残留農薬は、輸入小麦を使った13個全てと、北海道産の小麦を使ったものの1個から検出された。その1個は輸入物とブレンドしたものとみられた。残り6個の国産ものからは検出されなかったという結果が出ているのです。

以前、中国産の野菜から残留農薬が検出されて大騒ぎになったことがあったが、パンなどはその遥か以前からこの状態なのです。

多少費用がかかっても、パンを食べるなら、国産小麦を使ったものを選んだ方がいいのです…



輸入小麦粉の別な使用方法を思いつきました!

家庭菜園の害虫駆除に使用する…


   ― つづく ―

次回のタイトルは「農薬が食品添加物に化けている」です。
これを見たら、輸入レモンが触れなくなります。

閉じる コメント(15)

顔アイコン

記事の内容を少し補足しました。

2006/1/29(日) 午前 10:27 [ pyonepyone ] 返信する

顔アイコン

無農薬家庭菜園を普及するために「一鉢運動」からスタートする。つまり屋上の緑化ができない場合には鉢植えのプチトマトなどを作るという、ささやかな自給運動から方法論を情報発信し、段階を経て屋上緑化に進展してゆくのも策かと思います。

2006/1/30(月) 午前 1:20 [ 日本救世 ] 返信する

かなりショッキングな内容でした。が参考になりました。この情報が世の中に流れたら大混乱になってしまうでしょうね。でも本当の事を知りたいと思っている人は私を含め沢山いると思うのこれからもいろいろ教えてください。宜しくお願いします。

2006/1/31(火) 午前 5:54 [ mas*say*199* ] 返信する

顔アイコン

toki8872さんまったく同感です。いずれ一鉢の種から育てるブログを始めようかと思っています。

2006/2/2(木) 午後 10:02 [ pyonepyone ] 返信する

顔アイコン

masasayu1997さん知らなければならない情報ほど伝わっていません。これからも色々書きますよ。

2006/2/2(木) 午後 11:48 [ pyonepyone ] 返信する

読めば読むほどアメリカからの輸入品に嫌悪感を感じます。あたし自信もちろんボイコットしますし、周りの人に伝えていこうと思います。

2006/3/9(木) 午後 5:52 oha*a11*0 返信する

顔アイコン

周りの人も唐突な話は、理解しようとしないかもしれません。だから私はこのブログを作りました。名刺代わりに皆にアドレスを教えます。

2006/3/9(木) 午後 11:38 [ pyonepyone ] 返信する

顔アイコン

ポストハーベスト農薬は、アメリカやカナダからの輸入小麦や大豆に振り掛けられているそうですが、日本の食パンの原材料のほとんどはアメリカとカナダ産です。豆腐、納豆、味噌、醤油の原材料の大豆もアメリカとカナダ産です。しかしこれを振り掛けないともっと恐ろしいアフラトキシンなどが発生してしまうそうです。ポストハーベスト農薬の発がん性の強さはどれくらいなんでしょうか。小麦も大豆も国内で需給できればいいですね。

2010/8/30(月) 午後 5:26 [ bzm54835 ] 返信する

顔アイコン

bzm54835様有難うございます。
ポストハーベストの発がん性のデータはどこを探してもはっきりしたものは無いかもしれません。確かに発がん性のある物質を含んでいるといわれていますが、なにしろ公の発表となると、害のあるほどの残留性が無いことになっていますので‥しかし、日本子孫基金というところから発売されたポストハーベスト農薬を問題視した資料によると、輸入小麦粉の中に入れられたコクゾウムシが残留農薬のためにすべて死滅する映像を見ることが出来ます。
私も同じ実験をしてみようかと思っています。

2010/8/31(火) 午後 2:01 [ pyonepyone ] 返信する

顔アイコン

ポストハーベストのことを知りたくて、ここにきました。
最近の記事も少し拝見させていただきました。また、勉強させていただきます。
お気に入りにさせていただいてよろしいでしょうか。

2011/1/10(月) 午前 10:31 [ 転太 ] 返信する

顔アイコン

転太様、ありがとうございます。
大歓迎です。
今後とも宜しくお願いします。

2011/1/16(日) 午前 7:17 [ pyonepyone ] 返信する

顔アイコン

はじめまして。
「輸入小麦 農薬」と検索して
こちらのブログ様にたどり着きました。

すごくショッキングな事実を読ませていただいて
私は今からお菓子絶ちに大成功します^^;
輸入小麦の農薬がすごいとは聞いていても
どのくらいすごいのかわからなかったので
☆みんな食べてるし少しぐらいなら平気☆
とムシャムシャ食べて。。お菓子に依存してましたが
この恐怖を知ったらもう食べられやしません(*'O'*)

よかったぁ〜♪これで胃腸もよくなって
お顔のシミも消える^^v

ありがとうございました。
感謝します<(_ _*)> 削除

2012/4/25(水) 午後 1:12 [ みゃあ ] 返信する

顔アイコン

みゃあ様、ありがとうございます。
古い記事なので、最近の状況をまた調べたいと思っているところです。

2012/4/27(金) 午後 7:43 [ pyonepyone ] 返信する

顔アイコン

[小麦粉 ポストハーベスト」でこちらのブログに来ました。
ポストハーベストには危機感はありましたが、この写真はショッキングでした。私のブログにこの記事のURL
紹介してよろしいでしょうか?
私が語るより、より伝わるかと思います。
よろしくお願いします。

2014/2/22(土) 午後 5:24 [ mie**o ] 返信する

顔アイコン

この記事も写真もふるいものなので、今一度ご自身でお調べになるといいと思います。日本子孫基金の情報など…

2014/2/27(木) 午前 4:40 [ pyonepyone ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(2)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事