犬のうわ言

別の角度から物事を考えましょう!

【巨人】岩隈が加入後初登板で3人斬り…2軍戦で本拠地デビュー「本当に楽しみで、すごく緊張した」

8/22(木) 6:07配信
◆イースタン・リーグ 巨人4―5日本ハム(21日・東京ドーム)

 8年ぶりに日本球界に復帰した巨人・岩隈久志投手(38)が21日、イースタン・日本ハム戦(東京D)で今季初の実戦登板。同点の6回から4番手でマウンドに上がり、1イニングを無失点に抑え、三振も1つ奪った。17年秋に受けた右肩手術の影響を考慮し、3月からファームで調整を続けてきた背番号21。本拠地で待望の“巨人デビュー”を果たした。

 同点で迎えた6回。2万849人が沸いた。

 「ピッチャー、岩隈」

 大歓声に迎えられた岩隈は、ゆっくりと移籍後初実戦のマウンドに上がった。8年ぶりとなる日本での第一歩。家族が見守る中、4番手で1イニングを3者凡退。前日の同戦(東京D)より約3700人増えた観衆の前で、12球の完全投球を披露した。

 「本当に楽しみで、すごく緊張もした。ソワソワしてるような気持ちでマウンドに上がりました。あれだけたくさんのファンに来ていただいて、期待もあると思う。それに応えられるようにという思いに改めてなりました」。38歳のベテランが素直な心境を吐露した。

 先頭・海老原への初球。内角寄り139キロのツーシームでバットをへし折り二飛。続く石川亮は3ボール1ストライクからスライダーで二ゴロ。郡(こおり)に対してはフルカウントからスライダーで空振り三振を奪った。この日の最速は141キロ。「しっかり腕も振れてたと思いますし、伸びとかも感じは良かった。戦っているなという気持ちになりました」。結果を伝え聞いた原監督も「これも吉報でしょう」と頬を緩めた。

 春季キャンプは1軍で汗を流すも、17年秋に手術を受けた右肩の状態を考慮し、3月からはファームで調整。6月頃に投げられる直前までいったが、状態が落ち込み、ペースダウンを余儀なくされた。

 だが、自分が苦しい時でも、G球場では若手に自身の経験や技術を惜しみなく伝えてきた。悩む後輩たちには「まずは野球を楽しむ」ことを第一に説いた。メジャーを経験し、侍ジャパンで世界一にも貢献した右腕からのシンプルな言葉に、救われた選手は少なくない。「若手と話した時に(昔は)俺もこうだったなあって」と当時を振り返りながら丁寧に言葉を並べた。

 今後は状態を確認しながら、球数やイニングを増やして状態を上げていく。「一進一退の中でも投げられる日を目標にやってきた。やっとスタートに立てた。本当にここからだと思います」。残り1か月半となったシーズンの秘密兵器として期待が膨らむ。5年ぶりのリーグ優勝、そして日本一へ。岩隈は「戦力になれるように」と力を込めた。


8月21日 対日本ハム17回戦・東京ドーム

巨 人 4−5 日本ハム
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 日本ハム 巨 人
0102100105
3100000004
勝ち投手田中豊 26試合 3勝3敗2S
セーブ投手福 田 41試合 2勝3敗4S
負け投手池 田 29試合 4勝2敗3S

投手リレー

日本ハム:斎藤佑、立 田、柿 木、田中豊、福 田−石川亮、黒羽根
巨 人:戸 郷、横 川、與那原、岩 隈、直 江、池 田、鍬 原−田中貴、岸 田

本塁打

日本ハム: 高濱3号(五回ソロ)、海老原8号(八回ソロ)
巨 人: 湯浅2号(一回ソロ)

ダイジェスト

岩隈が今季実戦初登板で三者凡退、試合は4対5で連勝ストップ

写真
先発の戸郷
写真
初回、湯浅が先制本塁打
写真
初回、田中俊の適時打で2点目
写真
初回、炭谷も適時二塁打
写真
六回、岩隈が今季実戦初登板
 日本ハムとの17回戦は、同点で迎えた八回、本塁打で勝ち越しを許し、4対5で敗れました。連勝は6でストップ。岩隈が今季実戦初登板を果たした。

 初回、湯浅が左中間に本塁打を放ち、先制した。さらに山下航、松井の連打で一死一、三塁とすると、田中俊の中前適時打で2対0とした。続く炭谷も左越え適時二塁打を放ち、3対0とリードを広げた。

 二回、湯浅が右中間を破る三塁打で出塁、山下航が三塁に適時内野安打を放ち、4対0とした。

 三回、戸郷が二死二、三塁から適時内野安打を許し、1点を返された。

 四回には、2番手の横川が二死二、三塁から2点適時打を打たれ、4対3と1点差に迫られた。

 五回、3番手の與那原が本塁打を浴び、同点とされた。

 六回は今季、公式戦初登板となる岩隈が4番手としてマウンドに上がった。先頭打者を1球で二飛に打ち取り、2人目はバットを折らせる二ゴロ、3人目は空振り三振で三者凡退に抑えた。

 七回、5番手の直江が登板。二死から連続四球で得点圏に走者を背負ったが、後続を断って切り抜けた。

 その裏、この日、本塁打、三塁打、二塁打を放ち、サイクル安打まで単打1本に迫った湯浅に打順が回ったが、空振り三振に倒れた。

 八回、6番手の池田が本塁打を浴びて勝ち越しを許した。

 九回は鍬原が三者凡退に抑えたが、その裏はチャンスを作れず、4対5で敗れた。

■先制本塁打の湯浅
 打ったのはまっすぐ。すごく気持ちよかった。浮いた球が来たら思い切り振ろうと集中していました。

■初回、適時打の田中俊
 打ったのはまっすぐ。いいところで回ってきたので流れに乗っていきました。点が取れる時に撮れてよかったです。

■初回、適時二塁打の炭谷
 打ったのはたぶんまっすぐ。みんながつないでくれたチャンスだったので、後ろにつなげられてよかったです。

■先発の戸郷
 マウンドに上がってからは緊張はなかったんですが、いつもより力が入ってしまいました。ここ(東京ドーム)で投げたいという気持ちが強くなりました。

日本ハム

打順 守備 選手 打 安 点 一 二 三 四 五 六 七 八 九
1(7)杉 谷300左飛空三振// 二ゴロ//     
 7森 山200      空三振空三振// 
2(6)難 波500空三振 空三振 遊ゴロ 一ゴロ 一ゴロ
3(5)平 沼300四球 右飛 一飛 四球 見三振
4(4)高 濱411空三振// 空三振// 左本● 四球 遊飛//
5(3)今 井320 中安打 四球右安打 二飛//  
6(8)万 波400 空三振 二飛二ゴロ//  一飛 
7(9)海老原431 右越2 右線2 二飛 右本● 
8(2)石川亮300 空三振 捕邪飛 二ゴロ   
 H2黒羽根110       左中2 
9(D)423 遊安打● 中安打● 空三振// 一邪飛 
:本塁打 :安打 ●:打点
投手 回 打 安 振 四死 失 責
 斎藤佑21272044
 立 田31014100
 柿 木1401100
田中豊2822000
福 田1303000
守備 選手名 打数 得点 安打 打点 盗塁 犠打 四死球 三振 通算率
(7)杉 谷30000001.000
7森 山20000002.188
(6)難 波50000002.167
(5)平 沼30000021.281
(4)高 濱41110012.268
(3)今 井32200010.258
(8)万 波40000001.243
(9)海老原42310000.230
(2)石川亮30000001.231
H2黒羽根10100000.274
(D)40231001.264
(1)斎藤佑00000000.000
1立 田00000000.000
1柿 木00000000.000
1田中豊00000000.000
1福 田00000000.000
投手名 打者数 回数 投球数 安打 本塁打 四死球 奪三振 失点 自責点 防御率
斎藤佑122487102443.64
立 田103361014004.21
柿 木411900110010.05
田中豊82272002003.60
福 田31120003005.87

巨人

打順 守備 選手 打 安 点 一 二 三 四 五 六 七 八 九
1(7)松 原400二飛二ゴロ  四球 一ゴロ 見三振//
2(6)湯 浅431左中本●右中3  右線2 空三振//  
3(9)3山下航421右安打三安打●  三ゴロ  見三振 
4(3)5松 井410右安打途中終//空三振 空三振//  三邪飛 
5(5)田中俊211中安打● 空三振      
 9加 藤210     遊飛 左安打 
6(D)炭 谷211左越2● 遊ゴロ//      
 HDマルティネス110     四球 右安打 
7(2)田中貴300空三振  見三振 左飛   
 H2岸 田100       投ゴロ// 
8(4)黒 田300空三振//  三ゴロ 見三振//   
 H吉川大100        空三振
9(8)村 上400 三ゴロ 三ゴロ//  左飛 空三振
:本塁打 :安打 ●:打点
投手 回 打 安 振 四死 失 責
 戸 郷31337111
 横 川1620122
 與那原1520011
 岩 隈1301000
 直 江1501200
池 田1521011
 鍬 原1301000


巨人・菅野智之が苦しみの末に6度目の2ケタ勝利達成

8/22(木) 11:03配信
 8月21日の中日戦(ナゴヤドーム)で先発した菅野智之が、7回1失点で10勝目を挙げた。三者凡退に抑えた6回以外は毎回安打を許し、計8本のヒットを許しながらも要所で決定打を許さないのはさすが。1失点も3回の併殺崩れの間によるもので、5回二死一、二塁で中日の四番・ビシエドを迎えた場面では遊飛に打ち取り「うまくバッテリーで攻めていけました」と振り返っている。

【画像】菅野智之が東海大相模高の後輩たちへプレゼントしたものとは?

 試合後、プロ7年目で6度目の2ケタ勝利に達したエースに対し、原辰徳監督も「ちょっとヒットは打たれましたけど、要所をしっかり締めたというところでしょうね。毎年安定している素晴らしい投手ですね」と高く評価した。

 ただし、菅野本人は3年連続6度目の2ケタ勝利に関しては「あまり実感はない」としている。これは腰の違和感(登録抹消あり)やコンディション不良などで昨季まで2年連続で沢村賞を獲得した、他を圧倒する投球ができていないからだが、それでも体調面の不良は改善しつつある。コンディションがすぐれない6月に血液検査など徹底的に検査をした結果、体質的に乳製品や小麦類を受け付けない体(アレルギー)であることが判明。これまで体に良かれと思って食べていたヨーグルトはガスが溜まる原因となり、うどんなどは小腸に炎症が出てしまうという。小腸は栄養を吸収してエネルギーにかえるが、試合直前などにパワーに変える目的で口にした麺類が、実は逆効果だったというわけだ。

 これらの検査を経て、取り組んでいるのが食生活の改善。グルテンフリー(主に小麦などの穀物に含まれるタンパク質から生成される、『グルテン』を摂取しない食事療法のこと)と乳製品を摂取しないことで体調を戻し、徐々に本来の姿を取り戻しつつある。「体調はすこぶるいいですし、体も軽いです」と菅野。これらの取り組みはメンタル面の安定にも大きく影響しており、「コンディション不良の原因が分からず、すごく苦しんでいたので。ストレスも半端ではなかったですからね。マウンド上でのパフォーマンスにもつながっていることを感じます」と表情も明るい。

 菅野が10勝目をマークしたこの日、DeNAが阪神に敗れたため、22日にも優勝マジック21か22が点灯する。「油断してはいけないと思っています。一戦一戦、勝っていきます」と気持ちを引き締めるエースの、復調が頼もしい。

 123456789 計 安 失巨人中日
1010021005110
0010000012120

1軍の試合は、巨人対中日は5対2で、巨人が勝ち6連勝をしました!

このまま7連勝して、マジックを点灯して欲しいですね!



1年間、貢献出来無くても良いから、必要な時に貢献をして欲しい!

昨日私は、東京ドームの1塁側5列目の席に陣取り、2軍戦の試合を応援していました。

イメージ 1
1塁側5列目(実質は3列目)227番が、私の席でした。

この近くには、テレビ中継のマイクが、立っていて、私の声が、大きな応援の声として入っているかも知れませんから乞う御期待です!

8月22日巨人対日本ハム戦は、CS放送日テレジータスHD 404チャンネルで8月26日22:00〜02:00までの予定で、放送されます。

そう言えば、CS放送日テレジータスHD 404チャンネル8月26日05:00〜09:00までは、8月17日の巨人対西武戦が、ジャイアンツ球場で行われましたので、この日も応援した私の声が、聴こえるのかも知れませんのでお楽しみに!

イメージ 2
試合開始前に練習する選手達、3列目は、凄く近くて、良いでしょ!

イメージ 3
巨人2軍監督高田監督と日本ハム2軍監督荒木大輔監督の出場選手メンバー表交換が、行われました。

そして、日本ハムは、21日のイースタン・巨人戦(東京ドーム)のニック・マルティネス投手(29)予告先発の先発を回避しました。

突然の先発回避で、巨人の打線は目茶目茶に成りました。

イメージ 4
開始の約5分前、場内アナウンスで日本ハムの先発予定だったマルティネスにアクシデントがあり、先発投手が斎藤になることが流れると、詰めかけた観衆からは悲鳴にも近い大歓声が起りました。

そして、代わりに先発したのは、何と、あのハンカチ王子と呼ばれていた、齋藤祐樹投手でした。

イメージ 5
巨人の先発選手達をダンスをして送り出している様子です。

イメージ 6
1回表を無失点に抑えた巨人の先発の戸郷投手に対して、巨人の打線は、先発投手が、代った事で、どうなるかと思いましたが、相手も急遽登板したので、乱調に成り、湯浅選手のホームランを皮切りに4連打で3得点を奪いました。

イメージ 7
2回の表と裏に巨人も日本ハムも1得点ずつ獲り、試合は、3回の攻防に入ります。

イメージ 8
日本ハムは、立田投手が、3回から登板して無失点で4回まで投げ終えますが、巨人は、4回から登板した横川投手が2失点を獲られます。

イメージ 9
5回表に与那原投手が投げますが、結局、1失点獲られてとうとう同点に追い付かれてしまいました。

イメージ 10
6回表に東京ドーム球場内にアナウンサーの声が、鳴り響きますと球場内は、どよめくのでした!

「ピッチャー岩隈!」と鳴り響くと「ウォー!」と言う歓声と共に拍手が喝采されます!

そして、投球回数1回で、3者凡退に仕留めて、巨人ファンの喝采を受けてマウンドを降りるのでした。

イメージ 11
そして、日本ハムは、6回裏から柿木投手が投げて、無失点が続きます。

7回表から巨人は直江投手に中継されますが、2アウトから連続四球を出してピンチに成りますが、何とか抑えて7回表を終了します。

イメージ 12
さて、7回裏は巨人のラッキーセブンの攻撃を応援する「闘魂込めて!」の曲が、東京ドームに流れますと巨人ファンは、一斉に応援歌を歌います!

しかし、願いが届かずに無失点で追えてしまいます!

イメージ 13
そして、8回表に池田投手が登板しますが、1失点をけ献上して4対5と勝ち越されしまいます。

結局、これが、決勝点と成り、昨日は、7連勝出来ずに負けてしまうのです!

今日の収穫は、何と言っても岩隈投手の復活が、2軍のファーム戦で、観られた事だと思うのです!

出来れば、勝ってお祝いしたかったのですが、完璧に12球で抑えられた事は、今後の戦力として大いに期待出来る事だと思うのです。

1年間、貢献出来無くても良いから、必要な時に貢献をして欲しい!

犬のうわ言でした。

開く コメント(0)

【巨人】亀井“ザ・キャッチ”逆転危機救った!超ファインプレーを原監督も絶賛

8/21(水) 6:05配信
◆中日1―2巨人(20日・ナゴヤドーム)

 守備でチームを救った亀井は6回終了後、三塁ベンチ前でナインたちに満面の笑みで出迎えられた。一人ずつハイタッチを交わすと優しい笑みが止まらなかった。

 1点リードの6回2死一、二塁の守備。加藤の右翼を越えそうな飛球を背走しながら、左手を目いっぱい伸ばしグラブに収めた。「相棒がよかったよ」と安堵(あんど)の表情を浮かべ、グラブを見つめた。敵地のナゴヤDはどよめきに包まれた。一番近くで見ていた中堅・丸も「越えたかなと思ったけど、亀さんが最後ひと伸びしてくれた。素晴らしかった」と驚きの表情だった。

 抜けていれば同点、逆転の可能性もあったが37歳のベテランがファインプレーで2番手右腕・中大後輩の鍵谷を助けた。打撃では4打数無安打だっただけに「打ててないから、守備で貢献できてよかった」と胸をなで下ろした。

 原監督も「あれは亀ちゃんしか捕れない。イチローでも後ろにいかせていたかもしれないね。イチローなら捕れたかな?」と“レジェンド”を引き合いに出すほどの好守だったと賛辞を贈った。

 今季ここまで103試合に出場し打率3割2厘、11本塁打、50打点。攻守で貢献する亀井には、プレーを支えている思考がある。

 「なろうとしてなれるわけではないけれど『疲れた』と思えば疲れてくるし、しんどい時に『しんどい』と思えばしんどい。それは考えないように、違うことで紛らわすようにしている」

 考え方一つが試合でのプレーにも影響する。病は気からという言葉があるように思考を改める。亀井の口からは常にプラスの言葉が出てくる。前を向くベテランの働きは、リーグ優勝に向け絶対に欠かせない。

8月20日 対日本ハム16回戦・東京ドーム

巨 人 7−2 日本ハム
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 日本ハム 巨 人
0000020002
20020021X7
勝ち投手高 田 17試合 5勝5敗0S
セーブ投手
負け投手吉 川 4試合 0勝1敗0S

投手リレー

日本ハム:吉 川、立 田、石川直、高 山、福 田−郡、實 松
巨 人:高 田、森 福、マシソン、堀 岡−岸 田

本塁打

日本ハム: 野村5号(六回2ラン)
巨 人: 岸田4号(四回ソロ)、黒田1号(四回ソロ)

ダイジェスト

岸田、黒田の本塁打などで東京ドーム初戦制し6連勝

写真
4回、バックスクリーン横に4号ソロの岸田
写真
4回、公式戦初本塁打を放った黒田
写真
ヒーローは、本塁打の2人
写真
7回途中2失点の高田
 毎夏行われる東京ドーム2連戦の初戦は、岸田、黒田の本塁打など14安打7得点で快勝し、引き分けをはさんで6連勝となった。

 初回、一死満塁から田中俊が右中間に二塁打を放ち2点を先制した。四回には先頭の岸田がバックスクリーン横に4号本塁打、一死後には黒田が公式戦1号となる本塁打を左翼スタンドに運んだ。

 七回には田中貴の中前タイムリーなどで2点、八回には松原のタイムリー三塁打で1点と得点を積み重ねた。

 先発・高田はストライク先行の投球で五回まで2安打無失点。六回に2点本塁打を浴びたが、七回二死まで投げて6安打1死球2失点、5三振。森福、マシソン、堀岡とつないだリリーフ陣は得点を許さなかった。

■初回、先制2点二塁打の田中俊
 打ったのはスライダーです。追い込まれていたので、反対方向をイメージしていました。うまくバットにひっかかりました。

■四回、4号ソロの岸田
 打ったのは真っすぐです。真っすぐの速いピッチャーなので、振り負けないようにしました。手応えはあったのですが、まさか(バックスクリーン横に)入るとは思いませんでした。

■四回、公式戦初本塁打の黒田
 打ったのは落ちる球です。甘い球は初球から強く打っていこうと思っていたのですが、うまくバットに乗せられました。(東京ドームでの初本塁打に)自分でもびっくりしています。

■7回途中6安打2失点の先発・高田
 早い回に点を取ってもらったので助かりました。今日はストライク先行で行こうと思い、僕はふだんボール先行が多いのですが、今日は初球からポンポンとストライクを入れていきました。僕にはあまりない投球が出来ました。ただ打者が3巡目になるとストライクを入れるだけでは打たれてしまったので、また新しく考えるきっかけになりました。

日本ハム

打順 守備 選手 打 安 点 一 二 三 四 五 六 七 八 九
1(6)平 沼400二飛 左飛  左飛見三振//  
2(4)難 波410二ゴロ 三邪飛//  右中3 遊直 
3(5)野 村422左安打  三ゴロ 左本● 左飛 
4(9)森 山410空三振//  右飛 中安打 空三振// 
5(3)森 本410 一邪飛 空三振// 投ゴロ//  左線2
6(7)白 村400 空三振  空三振 空三振 空三振
7(2)310 左中2  一邪飛 遊ゴロ  
 2實 松000         
 H石川亮100        空三振
8(8)姫 野300 一ゴロ//  二ゴロ// 死球 見三振//
9(D)田 宮310  遊飛  遊ゴロ右安打  
:本塁打 :安打 ●:打点
投手 回 打 安 振 四死 失 責
吉 川3 1/31862244
 立 田1 2/3731000
 石川直1302000
 高 山2/3630122
 福 田1 1/3720111
守備 選手名 打数 得点 安打 打点 盗塁 犠打 四死球 三振 通算率
(6)平 沼40000001.290
(4)難 波41100000.170
(5)野 村41220000.243
(9)森 山40100002.190
(3)森 本40100001.219
(7)白 村40000004.207
(2)30100000.259
2實 松00000000.000
H 石川亮10000001.261
(8)姫 野30000011.213
(D)田 宮30100000.224
(1)吉 川00000000.000
1立 田00000000.000
1石川直00000000.000
1高 山00000000.000
1福 田00000000.000
投手名 打者数 回数 投球数 安打 本塁打 四死球 奪三振 失点 自責点 防御率
吉 川183 1/3796222443.18
立 田71 2/3213001004.47
石川直31150002001.13
高 山62/3253010224.50
福 田71 1/3272010115.98

巨人

打順 守備 選手 打 安 点 一 二 三 四 五 六 七 八 九
1(8)松 原531中安打一ゴロ 中越2 空三振// 右中3● 
2(4)湯 浅310遊安打四球 中飛//  四球三ゴロ 
3(7)山下航520空三振二ゴロ//  左安打 右安打遊ゴロ 
4(3)中 島300四球 右飛 空三振 投ゴロ  
 3マルティネス000       四球 
5(5)田中俊513右中2● 遊ゴロ 中飛 二ゴロ●左邪飛// 
6(D)炭 谷200右飛 中飛//      
 HD田中貴221    右安打 中安打●  
7(2)岸 田421空三振//  中本●二ゴロ// 右安打  
8(9)立 岡410 中安打 一飛 空三振中飛//  
9(6)黒 田421 右飛 左本● 右飛 中安打 
:本塁打 :安打 ●:打点
投手 回 打 安 振 四死 失 責
高 田6 2/32765122
 森 福1/3101000
 マシソン1301000
 堀 岡1413000

巨人1軍は、5連勝!2軍は、引分を挟んで6連勝!

昨日は、東京ドームに2軍の応援に行った!

不思議なものですよね、1軍の器である東京ドームとジャイアンツ球場とは、球場のプレーする部分が同じでも観客席の部分が、全然大きさが違いますので、普段、見慣れている2軍の身近な選手が、何故か遠い存在に感じるのは私だけだろうか?

昨日は、東京ドームですから1軍の応援団が、ライトスタンドに陣取っていましたので、私は、1塁側の内野自由席で、1人なので、ポツリと空いた席を探して、何とか座るのでした。

そして、普段は、リーダー格の応援する人に気を使って着ない応援団の法被を着ますと、隣の席の巨人ファンが、「おぉ、本格的ですね!」と声を掛けて来てくれたのでした。

「今日は、東京ドームでの試合ですからお忍びで静かにやりますが、声が大きいので、五月蠅いかも知れませんが、御承知置き下さい。」と言いますと「どうぞ、遠慮なさらずに野球を観に来た応援の雰囲気を楽しませて下さい。」と言われるのでした。

そして、ラジオ中継を聴き乍ら1軍と2軍の試合の推移を感じながら2元中継をして、周りの人をラジオを聴いては、1軍を盛り上げて、CMに入ると2軍を盛り上げて、声の大きさは、自然とボルテージが上がり、外野スタスドに合わせ乍らリードを取り応援すると隣の少年や前の赤ん坊が、ニコニコ喜び出して、とても楽しいのでした。

守りの時には、ラジオ解説ならぬ実況中継の様に言いたい放題して、時には、カバーが無いとか、構えが悪いとか具体的に何処がどう悪いのかを話していますと周りの子供達が、熱心に聴いていて、「コーチには、こうしちゃ駄目と言われるよ!」と自分の所属するチームの監督やコーチ達を自慢しているのでした。

1軍には、レジェンドシートと言うものがあり、値段は高いのですが、解説を聴き乍らそんな野球の楽しみ方も良いですが、子供達にも無料で内野席に居たら解説が聴ける仕組み作れば良いのにね。

イメージ 1
試合開始前、ダンスで盛り上げています。

イメージ 2
試合開始前のメンバー表交換

イメージ 3
守備位置に送り出すパフォーマンスの様子


イメージ 4
先発は、高田投手で、岸田捕手とのバッテリーです。

イメージ 5
両軍の先発メンバー発表です!

イメージ 6
1回裏に巨人は、田中俊太選手のタイムリーで、2得点上げて高田投手を援護します!

イメージ 7
4回裏に岸田選手と黒田選手の本塁打で2点追加点を獲り6回表に2失点されて高田投手は、交代して森福投手が、リリーフに出て抑えました!

イメージ 8
8回裏には、マシソン投手出て来て無失点で抑えました。

イメージ 9
8回裏に松原選手の3ベースタイムリーで、1得点追加しました!

イメージ 10
9回裏に堀岡投手が、無失点で、締め括ってゲームセツト!

イメージ 11
ベンチのナインが、出迎えて最後に守った選手等を迎えます!

イメージ 12
監督・コーチに選手等が整列して巨人ファンに感謝するお辞儀をします!

イメージ 13
昨日の試合のヒーローインタビューは、それぞれ、ソロホームランを撃った岸田選手とプロ初ホームランの黒田選手でした!

巨人1軍は、5連勝!2軍は、引分を挟んで6連勝!

犬のうわ言でした。

開く コメント(0)

映画「ダンスウィズミー」に触発されて



若き日にロックンロールに憧れたあの青春の日々!

今でこそ、丸坊主の白髪頭ですが、リーゼント姿の時代も私にはありました。

バイクで、学校に通い、マフラーが、詰まったから、ドリルでバンバン穴を開けると「バリバリ」音が出て五月蠅いけど、馬力が良く成りゼロハンなのに平気で60キロ以上で走れる様に成りこんなにマフラーとは、馬力が無くなる物なのだと実感しました。

暴走族が、何故、マフラーを改造するのかが解るのでした。

そんな頃、ギターにエレキ・ギターが席巻されて、これまた爆音の中で演奏されて、ツイストを基本にジルバや皆で踊り明かす毎日を過ごして、それでも仕事も頑張り、寝不足に二日酔いと子供や孫には、話せない事ばかりで盛り上がっていました。

別に一緒にディスコに行って踊った訳ではありませんが、音楽が流れだすと自然とリズムを刻み肩を揺らし足が、ステップを踏み出すのは、私も妻も同じだった様です。

映画「ダンスウィズミー」を妻と一緒に観に行ったら懐かしい曲や踊りが出て来て、ネットサーフィンで、見つけたYouTubeの動画で、少年が、リーゼントに真似て頭の毛を鶏冠上に伸ばして、見事に曲に合わせて踊っている姿が、とてもカッコイイので、皆さんにも見て頂きたくて投稿しました。

若き日にロックンロールに憧れたあの青春の日々!

犬のうわ言でした。


開く コメント(0)

「韓国よ、日本人慰安婦の存在も忘れるな」櫻井よしこが語る“慰安所の真実”

8/19(月) 5:30配信
 7月3日、韓国で元慰安婦を支援する「和解・癒やし財団」が解散された。この財団は2015年、当時の朴槿恵政権と安倍政権が締結した「日韓合意」に基づき設立された。日本政府はそこへ10億円以上を拠出し、生存が確認された7割以上の元慰安婦たちに現金が支給された。

【写真】慰安婦問題の“真実”を語る櫻井よしこ氏

 にもかかわらず、文在寅政権は再検証を行った上、「この合意には法的な根拠がない」と結論づけた。つまり、韓国は国家間で結ばれた公式の約束をひっくり返したというわけだ。
「慰安所で働く女性の多くは日本人でした」
 慰安婦問題は、長く日韓両国の外交課題になってきた。韓国が国際社会に向けて大々的に慰安婦問題をPRしてきた結果、現在は韓国人慰安婦ばかりに注目が集まっている。しかし、ジャーナリストの櫻井よしこ氏は「日本人慰安婦の存在も忘れてはなりません」と指摘する。

「あまり語られていませんが、慰安所で働く女性の多くは、朝鮮の女性ではなく日本人でした。現代史家の秦郁彦氏は、直接、日本人の元慰安婦を取材したことがあるそうです。その方は、慰安婦時代に貯めたお金を元手に、戦後商売を始め、成功を収めました。被害者がましいことは何一つ言わず、私はとても素晴らしい人生を送りましたと話したそうです」

 さらに、櫻井氏はシベリア、満州で諜報員として活動した陸軍少佐の石光真清と、日本人慰安婦のあるエピソードを明かした。
命がけで諜報活動を手伝った日本人慰安婦
「真清は、自著のなかで慰安婦とも思われる日本人女性との交流を明かしています。石光はある時、満州でその日本人女性と出会います。その後、女性は命がけで石光の諜報活動を手伝うことになりました」

 石光は彼女を日本に帰国させる際、「真面目なお百姓さんと結婚しろ。良い家庭が築けたら一度だけ葉書を送ってくれ」と、大金を渡したという。

「彼女は、実際に真面目な農家の人と結婚して家庭を築き、石光に無事を伝える葉書を送ってきたということです。これらの事例を一般論に敷衍することは、勿論、できません。しかしこのような女性もいたことは知っておきたいと思います」

 現在発売中の 「文藝春秋」9月号 に掲載した櫻井氏の論考「慰安婦『贖罪』が韓国に利用された」では、日本人慰安婦の存在に加えて、慰安婦が「強制連行された性奴隷」というイメージを国際社会に流布させた日本人活動家や日本メディアの責任についても詳述している。


民族問題にすり替える韓国の搾取する者達を共通の敵とせよ!

「物事を別の角度から考えましょう!」が、私のブログのテーマですから、日本国の立場から観える事と韓国の立場から観える事があると思っています。

勿論、その対立する丁度中間点の客観的な立場から観える事もあると思うのです。

しかし、事実と言うのは、明らかに間違いの無い事が、前提で無いと違う立場からの事実と事実を明らかにしても「真実」には成らないのです。

少なくても事実で無い事まで、感想や心証をあたかも事実の様に話したら、物事の事実は、客観性を失い事実に事実を重ねて「真実」には辿り着けないのです。

さて、その事を踏まえて、韓国の事実とは、戦時中に「徴用工」や「慰安婦」として、戦争に利用されたと言う事だと思います。

これは、明らかな事実であり、私が日本人だとしても否定出来ない事だと思っています。

しかし、日韓併合していた大日本帝国には、日本民族と朝鮮民族が、同時に混在していましたし、差別的な法律で、日本人は、「徴用工」や「慰安婦」として戦争に利用され無かったのかを韓国人には考えて頂きたいのです。

その事が、考えに加わると韓国側からの立場の観方として、「徴用工」や「慰安婦」と言う弱者は、韓国人だけの事で無くて、日本人の事でもあると観えて来るのだと思います。

また、戦時中に大日本帝国の日本兵士や韓国人の中にも戦争犯罪に加担して、利益を得ていた者もいる事が解って来ます!

そして、その韓国を売国奴して得た利益を戦後に利用して財閥に成ったものも多いと言う事も忘れてはいけません!

これらの者は、狡猾に立ち回りあたかも日本兵が、一方的に「徴用工」や「慰安婦」に主導している様に風説の流布をして、現在まで、狡猾に処罰を免れて、存在し続けているのです!

そして、その様な者達が、政治家を政治献金や利益供与で操り経済力で負けつつある韓国の経済を「反日」の旗の元に煽り続けて「反日製品の不買運動」を先導しているのです!

明らかに成りつつある事実として韓国大統領の側近が、「反日製品不買運動」を先導していると言う事実が、韓国のマスコミに暴露されています。

以前もお話しましたが、李氏王朝には、両班と言う身分制度の利益を搾取する側の働かない者とそれに媚びを売り利益を設けている者達がいました。

豊臣秀吉が、朝鮮を侵略して行った時にそれを媚びを売り売国奴行為をしたものは、利益を得た上で、生き残り、処罰もされずに財閥として生き残って行くのです。

韓国の皆さんに考えて欲しい事があります。

働かない者で、弱者の収益を搾取し続けた人達は、韓国人の本当の敵では無いのですか?

だからと言って日本人の中にも利益を搾取した者がいるのも事実です。

しかし、それと同様に日本にも利益を搾取された弱者がいる事を忘れないで欲しいのです。

日本の財閥の殆どが、戦争に負けた事で、解体されましたが、韓国内の財閥は、勝ちの側に成ったばかりに韓国人の本当の敵を解体する事が、出来ませんでした。

そんな制度が維持し続けは、国力は維持するのが精一杯で、天変地異が、起こる度に脆弱して行くのです!

だから、韓国は、未だに幸せな国力を維持する国に成れないのです。

そこで、生活の維持の出来ない人々は、国内の政治家にその改革を求める様に成る訳です。

そこで、政治家は、反日と言うカードを斬る事で、時間稼ぎをして政権を維持しようとしています。

そして、日本人もその反日カードに乗せられて、韓国人全体を嫌韓感情を持ってはいけないのです。

日本にも韓国にもいる弱者を虐げて利益を搾取した共通の敵を見逃してはいけないのです!

一応日本人の立場としては、国と国の条約で、金銭を支払い済みであり、金額の大小に問題があるとしても約束事として決めた事は履行されている事は、無視出来無い事だと思っています。

そして、肝心な事として、「徴用工」として利用していた企業側の正式な謝罪は無いと言う事なのです。

民族問題にすり替える韓国の搾取する者達を共通の敵とせよ!

犬のうわ言でした。

開く コメント(0)

8月18日 対西 武16回戦・ジャイアンツ

巨 人 1−1 西 武
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 計 西 武 巨 人
100000000001
010000000001
勝ち投手
セーブ投手
負け投手

投手リレー

西 武:高木勇、藤 田、田 村、松本直、南 川、中 塚−齊藤誠
巨 人:クック、沼 田、與那原、鍬 原、池 田、森 福−高 山、田中貴

本塁打

西 武:
巨 人:

ダイジェスト

6投手継投で1失点、延長11回引き分け

写真
指名打者で出場した炭谷
写真
2回、左翼に犠牲フライを放つマルティネス
写真
三塁走者の中島が好走塁で生還
写真
2番手で登板し5回無失点の沼田
 5連勝中の巨人は、先制された後にマルティネスの犠牲フライで追いつき、6投手の継投で延長11回を戦って引き分けた。右手人差し指のけがで8月2日に一軍登録を抹消されていた炭谷が2番・指名打者で先発出場し、遊撃ライナー、二塁ゴロの2打数無安打で交代した。

 二回、先頭の中島が右中間を破る二塁打で出塁し、田中俊の中前打で二、三塁。一死後、マルティネスの左翼フライで三塁走者の中島が好走塁を見せ生還、同点に追いついた。三回以降も再三走者を出すものの得点にはつながらず、十一回も二死から山下航、岸田の連打で一、三塁としたが、吉川大が遊撃ゴロでゲームセット。

■一軍登録抹消後初の実戦出場となった炭谷
 久々の打席だったので感覚的にはまだまだですが、打席に立てて良かったです。やるべき事も多いので、しっかりやっていきたいです。

■二回、唯一の得点となる犠牲フライを放ったマルティネス
 打ったのは変化球です。先制されていたので遠くに飛ばすことを考えていました。中島さんがよく走ってくれました。

■2番手で5回1安打無失点の沼田
 最初の回は緊張しましたが、投げていくうちに緊張はなくなりました。一番良かった球は真っすぐです。ストレートでファウルを打たせてカウントを稼いで三振を取ることが理想なので、それができて良かったです。

■一昨年以来のイースタン戦登板の與那原
 0点に抑えられて良かったです。ひじの手術をして背番号が3桁になって、三軍選手という立場になったので、上に行くためには(良い)結果を残さないといけないので、結果を求めて投げました。

西武

打順 守備 選手 打 安 点 一 二 三 四 五 六 七 八 九 十 十一
1(9)鈴 木200四球 四球 中飛//  一犠打 見三振// 
2(4)水 口200中飛 空三振        
 3310     二ゴ失 右安打  中飛
3(D)斉藤彰300三ゴロ 三飛  中飛     
 HD川 越200       二併殺//  二ゴロ
4(8)戸 川511右安打● 空三振//  左飛  二ゴロ 空三振//
5(5)4山野辺200四球  中飛 途中終//三ゴロ 四球  
6(3)5西 川410空三振//  左飛  中安打 空三振//  
7(7)高木渉410 左安打 二ゴロ//  空三振  空三振 
8(6)山 田400 三飛  投ゴロ 空三振//  遊ゴ失 
9(2)齊藤誠200 二併殺//  三邪飛  四球 捕犠打 
:本塁打 :安打 ●:打点
投手 回 打 安 振 四死 失 責
 高木勇62044011
 藤 田1300000
 田 村1510100
 松本直1411000
 南 川1411000
 中 塚1521000
守備 選手名 打数 得点 安打 打点 盗塁 犠打 四死球 三振 通算率
(9)鈴 木21001121.297
(4)水 口20000001.247
330100000.256
(D)斉藤彰30000000.247
HD川 越20000000.222
(8)戸 川50110002.266
(5)4山野辺20000020.247
(3)5西 川40100002.221
(7)高木渉40100002.235
(6)山 田40000001.227
(2)齊藤誠20000110.146
(1)高木勇00000000.000
1藤 田00000000.000
1田 村00000000.000
1松本直00000000.000
1南 川00000000.000
1中 塚00000000.000
投手名 打者数 回数 投球数 安打 本塁打 四死球 奪三振 失点 自責点 防御率
高木勇206784004113.55
藤 田3150000008.27
田 村51181010003.54
松本直41151001004.00
南 川41101001004.09
中 塚51132001003.62

巨人

打順 守備 選手 打 安 点 一 二 三 四 五 六 七 八 九 十 十一
1(9)松 原500右飛 二飛  中飛 左飛//  中飛
2(D)炭 谷200遊直 二ゴロ//        
 HD松 井200     左飛//  空三振  
 HD立 岡100          空三振
3(7)山下航520三ゴロ//  二ゴロ  右飛 中安打 遊安打
4(3)中 島320 右中2 中安打  遊ゴロ    
 6黒 田000        捕犠打  
 H岸 田110          右安打
5(5)田中俊410 中安打 二併殺//  三邪飛// 遊飛//  
 5吉川大100          遊ゴロ//
6(6)4湯 浅410 空三振  左安打  二直 三ゴロ 
7(4)3マルティネス311 左犠飛●  逃三振  右安打 見三振 
8(2)高 山200 遊ゴロ//  見三振//      
 2田中貴110       一犠打 二安打 
9(8)村 上200  空三振  中飛     
 H8加 藤100       四球 二邪飛// 
:本塁打 :安打 ●:打点
投手 回 打 安 振 四死 失 責
 クック2921210
 沼 田51714100
 與那原1410100
 鍬 原1301100
 池 田1402000
 森 福1301000


巨人2軍6連勝成らずも延長11回引分!

お盆休みの最終日私は、ジャイアンツ球場に応援に行った!

イメージ 1
試合前にプレゲームショーをやっていた!

イメージ 2
高田監督が、メンバー表の交換をしました。

イメージ 3
今日の先発は、クック投手と高山捕手のバッテリーです。

イメージ 4
始球式で、ジャビッドが、少年に声を掛けて励ましています。

イメージ 5
先頭打者の鈴木選手を戸川選手のタイムリーで、先取点取ります!

イメージ 6
巨人は、2回裏に中島選手の2ベースヒットに田中俊太選手が、ヒットで、続き、マルティネス選手の犠牲フライで、何とか同点に追い付くのです!

イメージ 7
そして、3回表から沼田投手が、リリーフをします。

イメージ 8
5回裏の攻撃前には、ダンスタイムで、ジャビット等が、踊ります!

イメージ 9
最初、4人でしたが、1軍の試合を応援していた人達が、2軍の試合を応援に来て、1人ずつ増えて8人に成りました!

そして、少年野球の少年達が、7人ほどいて、全部で、15人に膨れ上がります!

イメージ 10
沼田投手は、投球回数5回を投げて、8回表からは、与那原投手が、リリーフに立ち1回を投げます!

西武も高木豊投手が、6回を投げて、藤田投手が1回を投げてお役御免と成りました。

イメージ 11
8回裏に巨人は、加藤選手を代打に出しましたが、四球で歩きました。

イメージ 12
9回から西武は、村田投手と成り、巨人も鍬原投手と成りました。

イメージ 13
10回の攻防は、巨人が池田投手で、西武は、松本投手に成りました。

イメージ 14
11回の攻防は、巨人は、森福投手で、西武は、中塚投手が、リリーフします。

イメージ 15
結局、1対1の同点で試合は、終り、巨人の選手達が、最後まで応援してくれたファンに感謝の挨拶をして、午後7時32分、試合は、終るのでした。

イメージ 16
試合を終えて、選手達の帰る通路が、出来て、少年達だけが、その通路で、握手やサイン色紙を書いて貰っています!

イメージ 17
背番号00番と言えば、吉川大樹選手ですが、最後のバッターと成ってしまい、子供達にサイン攻めにあっています!

また、8月18日は、田中俊太選手の26歳の誕生日でした。

巨人2軍6連勝成らずも延長11回引分!

犬のうわ言でした。

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事