巡礼倶楽部 <にっぽん巡礼改め/エキゾチック・ジャパン見聞録>

☆東日本大震災の被災者の方々が笑顔を取り戻されるまで、共に末永く応援し続けましょう。

◎-珍景=遭遇-25

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
@山形県・酒田市

〜≪酒田市のマンホール蓋-≫〜

◇今回は、酒田市のマンホール蓋(カラー版4枚)を紹介させてもらいます。枚数が全部で8枚と多かったため三回に分けてお届けしました。今回がラスト三回目です。カラー版がリッチにも6枚もありました。
    https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/80/42/qazxswedcvfr2004jp/folder/1471387/img_1471387_41138771_16?2007-01-30

◇酒田市のマンホール蓋(その三)

イメージ 1

※デザインは・・・「土門拳記念館」 と、飛び立つ三羽のハクチョウ(=市の鳥ではない)を描いている。

■土門拳記念館
http://www.domonken-kinenkan.jp/

土門 拳(どもん けん)
生没年=1909年(明治42年)−1990年(平成2年)、酒田市出身。
昭和時代に活躍した日本の写真家。社会的リアリズムに立脚する報道写真、日本の著名人や庶民などのポートレートやスナップ写真、寺院、仏像などの伝統文化財を撮影し、第二次世界大戦後の日本を代表する写真家の一人とされる。また、日本の写真界屈指の名文家としても知られた。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/80/42/qazxswedcvfr2004jp/folder/1471387/img_1471387_41138771_49?2007-04-17

イメージ 2

※デザインは・・・「城輪柵跡」 と、飛び立つ三羽のハクチョウを描いている。
一枚目のハクチョウと向きが異なる点が面白い。同じ人が描いたものだろう。

■城輪柵跡(酒田市役所のHP)
http://www.city.sakata.lg.jp/ou/kyoiku/shakaikyoiku/bunkazai/180603.html

城輪柵(きのわのき/きのわのさく)
現在の山形県酒田市城輪にあった古代城柵である。 奈良時代末期に秋田城から移設された出羽国国府の最終的な所在地の有力な候補となっている。保存整備事業により、政庁南門、東門、築地塀の一部が復元され、現在は国指定の史跡 「城輪柵跡」 として公開されている。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/80/42/qazxswedcvfr2004jp/folder/1471387/img_1471387_41138771_49?2007-04-17

イメージ 3

※デザインは・・・新井田川(ニイダガワ)に架かる風流な"木橋風"の山居橋と共に 「山居倉庫」 を描いたもの。

■山居倉庫(酒田市観光物産館・酒田夢の倶楽)
http://www.sakata-kankou.gr.jp/yumenokura/
■マイ子とコメ夫の夏休み庄内探検日記(JA全農山形)
http://www.shonaimai.or.jp/kawa/explore_12.html

山居倉庫(さんきょそうこ)
酒田市にある米穀倉庫で、ニ重屋根・倉の内部は湿気防止構造・ケヤキ並木と自然を利用した低温管理倉庫である。今も残る12棟のうち9棟が現在も倉庫として運用されているほか、1棟が 「庄内米歴史資料館」、2棟が 「酒田市観光物産館・酒田夢の倶楽(華の館と幸の館)」 として一般開放されていて様々な土産物が数多揃っている。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/80/42/qazxswedcvfr2004jp/folder/1471387/img_1471387_41138771_49?2007-04-17

イメージ 4

※デザインは・・・トビシマカンゾウと日本海に浮ぶ飛島との美しい風景描写に、二羽の海鳥も一役買っている。

■飛島(酒田市役所・観光物産課)
http://www.sakata-kankou.gr.jp/tobishima/tobishima.html
■トビシマカンゾウ(飛島萓草)はこんな花↓
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/tobisima-kanzou.html

飛島(とびしま)
山形県の北西39kmの日本海に浮かぶ周囲12劼両さな島。全域が山形県酒田市に属し、山形県の北端に当たる。山形県唯一の離島。山形県に属しているが距離的には秋田県の方が近い。 諸説ある中で、鳥海山の山頂が噴火によって吹き飛んで飛島になったという説があり、飛島の名前もそれに由来している。 暖流と寒流とが混じり合う位置にあり、釣り客やダイバーに人気があるという。また、バードウォッチングの好スポットとしても有名らしい。

    https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/80/42/qazxswedcvfr2004jp/folder/1471387/img_1471387_41138771_16?2007-01-30

◇ちょこっと、酒田市(さかたし)の紹介

・市の木=ケヤキ/・市の花=トビシマカンゾウ(飛島で初めて発見されたユリ科の花)
・市の鳥=イヌワシ(自然の豊かな場所にしか棲息していない貴重な鳥/国内希少野生動植物種)
*人口=112,541人/*世帯数=41,563世帯/*一世帯当たりの人数=2・70人〜(平成22年10月31日現在)

◎特産物 
庄内米、刈屋梨、メロン、イチゴ、平田赤ネギ、寒鱈、どんがら汁、酒田ラーメン 
日本酒(初孫、上喜元、菊勇、麓井、楯の川、清泉川、松嶺の富士)
◎酒田景観百選(酒田市役所のサイト)
http://www.city.sakata.lg.jp/living/landscape/best100/
◎酒田観光物産協会
http://www.sakata-kankou.gr.jp/

    https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/80/42/qazxswedcvfr2004jp/folder/1471387/img_1471387_41138771_16?2007-01-30

開く コメント(6)

開く トラックバック(1)

@山形県・飽海郡(あくみぐん)松山町(現・酒田市)

〜≪旧松山町のマンホール蓋≫〜

◇今回は、旧松山町のマンホール蓋(ノーマル版1枚)を紹介させてもらいます♪

    https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/80/42/qazxswedcvfr2004jp/folder/1471387/img_1471387_41138771_16?2007-01-30

◇旧松山町のマンホール蓋

イメージ 1

※デザインは・・・松山城址の大手門と、それにのしかからんばかりに威勢よくのびたアカマツ(町の木)を描く。「栄枯盛衰」―松山城廃城の憂き目とアカマツの樹勢の躍動との対比―何か時の移ろいやヒストリー性を感じさせるデザインのように見える。この辺りは車で通り過ぎただけだが、城下町の落ち着いた風情が感じられた。

    https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/80/42/qazxswedcvfr2004jp/folder/1471387/img_1471387_41138771_16?2007-01-30

◇ちょこっと、旧松山町(まつやままち)の紹介

・旧町の木=アカマツ(赤松)/・旧町の花=ツツジ(躑躅)
かつて山形県飽海郡にあった町。2005年11月1日、酒田市、飽海郡八幡町・平田町と新設合併し、新しい酒田市の

一部となったため消滅した。松山城(跡)があり、江戸時代には、庄内藩の支藩・松山藩の藩庁が置かれ、庄内藩

領より分与された新田を領有した。石高は2万5千石(立藩時は2万石)。3代松山藩主・忠休が若年寄として幕閣に

参画したため5千石加増、城持大名へと格上げとなり松山城が築城された。明治以降は松嶺城(マツミネジョウ)とも呼

ばれるようになった。戊辰戦争では、本藩である庄内藩に従い 「奥羽越列藩同盟」 に加わり官軍と戦うこととなっ

た。廃藩後は大手門を除き建物は取り壊され廃城。現在、城跡の中心は公園として整備され、大手門のほか土塁

および堀の一部が遺構として残っている。總光寺(藩士族の菩提寺)の庭園は国の名勝に指定されている。また、

藩の式楽として庇護・伝承されて来た松山能は、県の無形民俗文化財に指定されている(1月下旬・6月中旬・8月

中旬の年3回上演)。松山まつり(武者行列)は、鎧兜を身に付けた武者が御輿を警固して街中を練り歩くもので毎

年5月1日に行われている。 〜以上、ウィキペディア等より〜


    https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/80/42/qazxswedcvfr2004jp/folder/1471387/img_1471387_41138771_16?2007-01-30

開く コメント(12)

@山形県・飽海郡(あくみぐん)平田町(現・酒田市)

〜≪旧平田町のマンホール蓋≫〜

◇今回は、旧平田町のマンホール蓋(ノーマル版1枚)を紹介させてもらいます♪

    https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/80/42/qazxswedcvfr2004jp/folder/1471387/img_1471387_41138771_16?2007-01-30

◇旧平田町のマンホール蓋

イメージ 1

※デザインは・・・町の花・ミスミソウのみを描いている。外周のデザインも同じ花のようだがタッチを変えている。
■ミスミソウはこんな花↓
http://had0.big.ous.ac.jp/plantsdic/angiospermae/dicotyledoneae/choripetalae/ranunculaceae/misumisou/misumisou.htm

    https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/80/42/qazxswedcvfr2004jp/folder/1471387/img_1471387_41138771_16?2007-01-30

◇ちょこっと、旧平田町(ひらたまち)の紹介

・旧町の木=スギ(杉)/・旧町の花=ミスミソウ(三角草/ユキワリソウとも言う)
かつて山形県飽海郡にあった町。2005年11月1日、酒田市、飽海郡八幡町・松山町と新設合併し、新しい酒田市の

一部となったため消滅した。主産業は稲作中心である。特産は平田赤ネギ。山形県の全体の形が人の横顔に見

え、平田町の位置がちょうど"目"にあたるところから"目ん玉の町"と宣伝された。裏を返せば、これといった目ぼ

しい観光資源がないということの証左であろうか。 新山地区に伝わる延年舞は、修験者が今日まで伝承して来た

行事で、1980年に県の無形民俗文化財に指定されている。 〜以上、ウィキペディア等より〜

    https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/80/42/qazxswedcvfr2004jp/folder/1471387/img_1471387_41138771_16?2007-01-30

開く コメント(2)

@山形県・酒田市

〜≪酒田市のマンホール蓋-□筺

◇今回は、酒田市のマンホール蓋(カラー&ノーマル版・各1枚)を紹介させてもらいます。枚数が多いため全三回でお届けします。今回はそのニ回目です。

    https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/80/42/qazxswedcvfr2004jp/folder/1471387/img_1471387_41138771_16?2007-01-30

◇酒田市のマンホール蓋(そのニ)

イメージ 1

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/80/42/qazxswedcvfr2004jp/folder/1471387/img_1471387_41138771_49?2007-04-17

イメージ 2

※デザインは・・・スバリ、山居倉庫と千石船(帆のマークは旧酒田市の市章)をモチーフとして、かつて隆盛を極めた"舟運"の様子を描いている。「山居倉庫」(サンキョソウコ)は、ニ重屋根の米穀倉庫で、ケヤキ並木と自然を利用した低温管理倉庫(倉の内部は湿気防止構造)である。酒田の有名な観光スポットの一つとなっている。

    https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/80/42/qazxswedcvfr2004jp/folder/1471387/img_1471387_41138771_16?2007-01-30

◇ちょこっと、酒田市(さかたし)の紹介

・市の木=ケヤキ/・市の花=トビシマカンゾウ(飛島で初めて発見されたユリ科の花)
・市の鳥=イヌワシ(自然の豊かな場所にしか棲息していない貴重な鳥/国内希少野生動植物種)
*人口=112,541人/*世帯数=41,563世帯/*一世帯当たりの人数=2・70人〜(平成22年10月31日現在)

山形県北西部、庄内地方の中心都市(県内人口第3位)である。庄内空港と山形県唯一の重要港湾・酒田港があ

る。市域の大部分が庄内平野の平坦地で、河川によって運ばれた豊富な土壌で稲作を行っている。そのため、春

から夏にかけては田園風景が広がる。海岸沿いの砂丘地ではメロンやイチゴの栽培をしている。市街地は最上川

の河口右岸に集中している。また、山形県で唯一の離島である飛島(トビシマ/面積2.32km²)が日本海の北西39km

沖合にある。歴史的には、1672年、河村瑞賢が西回り航路を整備すると、酒田はますます栄えるようになり、その

繁栄ぶりは 「西の堺、東の酒田」 とも言われ、秋田の外港土崎湊と並び羽州屈指の港町として発展した。日本

永代蔵に登場する廻船問屋の鐙屋(アブミヤ)や、戦後の農地改革まで日本一の地主だった本間家などの豪商が

活躍し、町は三十六人衆という自治組織により運営されていた。 元禄2年6月13日(1689年7月29日) には松尾芭

蕉が奥の細道の旅の行程で訪れている。
◎特産物 
庄内米、刈屋梨、メロン、イチゴ、平田赤ネギ、寒鱈、どんがら汁、酒田ラーメン 
日本酒(初孫、上喜元、菊勇、麓井、楯の川、清泉川、松嶺の富士)
〜以上、ウィキペディア等より〜

◎酒田景観百選(酒田市役所のサイト)
http://www.city.sakata.lg.jp/living/landscape/best100/
◎酒田観光物産協会
http://www.sakata-kankou.gr.jp/

    https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/80/42/qazxswedcvfr2004jp/folder/1471387/img_1471387_41138771_16?2007-01-30

開く コメント(8)

@山形県・飽海郡(あくみぐん)八幡町(現・酒田市)

〜≪旧八幡町のマンホール蓋≫〜

◇今回は、旧八幡町のマンホール蓋(ノーマル版1枚)を紹介させてもらいます♪

    https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/80/42/qazxswedcvfr2004jp/folder/1471387/img_1471387_41138771_16?2007-01-30

◇旧八幡町のマンホール蓋

イメージ 1

※デザインは・・・町の花・ヤマユリと、雄大な出羽富士(鳥海山)の眺望、そして日向川に踊るイワナの姿、右端には山形県一の玉簾の滝も描く。「ヤマユリ+出羽富士+稲穂」 の組み合わせの"別バージョン"もある模様。

    https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/80/42/qazxswedcvfr2004jp/folder/1471387/img_1471387_41138771_16?2007-01-30

◇ちょこっと、旧八幡町(やわたまち)の紹介

・旧町の木=キリ(桐)/・旧町の花=ヤマユリ(山百合)/・旧町の鳥=イヌワシ(犬鷲)
かつて山形県飽海郡にあった町。2005年11月1日、酒田市、飽海郡松山町・平田町と新設合併し、新しい酒田市の

一部となったため消滅した。町名は、中世からの古社で 「祭礼日記」 を伝える市条八幡神社にちなむ。町の大部

分は丘陵で、北側の高原地帯は鳥海国定公園に属し、雄峰・鳥海山が聳える。 その麓から日向川が流れ出る。

町内から酒田市東部にかけて平安時代の遺跡が数多く出土しており、なかでも 「堂の前遺跡」 は国の史跡に指

定されている。環境省の猛禽類保護センターが置かれている。およそ1200年前、弘法大師が神のお告げにより発

見・命名したとされる玉簾の滝(落差63m・幅5m、県内一の高さを誇る直瀑)は、4月と8月に期間限定のライトアッ

プが楽しめる。 〜以上、ウィキペディア等より〜

    https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/80/42/qazxswedcvfr2004jp/folder/1471387/img_1471387_41138771_16?2007-01-30

開く コメント(8)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事