ここから本文です
三河準急鉄道ブログ
楽しみながら、あせらず、マイペースで!

書庫車両制作

記事検索
検索

全1ページ

[1]

いよいよ、トーマス号を作ります!!

まず、最初に制作が難しそうな、トーマス号の足回りの塗装から。

カトーのC11の足回りを流用します。

僕はSLを分解するのが初めてなんで、事前にネットで分解に関する記事を下調べしてから、バラしに入ります。

イメージ 1
イメージ 2

すごい汚れてるので、ユニクリーナーを綿棒につけて軽く掃除します。

イメージ 3

ここで、ギヤや軸受け(これが外れると元に戻すのにかなりやっかいです)周りをマスキングします。

そして、めちゃくちゃ小さいクランクピンとロッドは慎重に外します。

イメージ 4

イメージ 5

ここで、動輪以外もマスキングして車輪周りにマスキングゾルを塗ります。

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

このあと、メタルプライマー、サーフェーサーを吹き、スカイブルーを塗装。塗りきれない部分は筆塗りします。

マスキングゾルは結構硬化に時間が掛かるので、半日ほど経ってゾルをはがします。
このはがしが結構楽しいです。ピロピロっと気持ちよく取れました。

ここから先は画像を撮るのを忘れるほど苦難の連続なんで文章からご想像ください・・・(笑)

このあと、トップコートを吹いて塗膜を安定させます。

元通り、パーツをはめて復元します。
時間はかかるけど、結構スムーズに終わりそうだな、と思ってたら・・・
あっ、クランクピンが一個ない!!・・・どうしよう・・・
でも大丈夫。こういうときのためにトランクションタイヤと一緒に予備のクランクピンを頼んでましたから!!
それでは、ピンをはめて次に行こう、とえっ??ピンが落ちてしまう・・・
ガーン!サイズが合わない・・・どうやら違う品番のものを頼んでいたようで(ショック)

またまた、ホビーセンター・カトーに注文。二日後に商品到着。やれやれ・・・
(汗)

実はこのあともかなりの苦戦を強いられましたが・・・なんとか仕上げました。

イメージ 9

イメージ 10

若干ですが、格闘の際に動輪の塗膜がはがれてしまいましたが、あとで修正しています。

次回はいよいよ上回りの作成です。SHIGEMONさんの動画を見る限り、肝はシール貼りだそうで・・・まだまだ苦難のみちは続きそうです・・・。

次回もよろしくお願いします。





この記事に

ども、前回の続きです。

ある程度組み上がったので、あとはウェザリングと窓入れです。

しかし、ウェザリングがうまくいかずに何回も塗り直し・・・
(そもそも、スミイレとウォッシングの区別が僕の中では理解できてませんでした(笑))
挙げ句の果てはスミイレの段階で黒が思った以上に強い色味になり、かなり汚くなりました(汗)(綿棒で拭き取っていたら、下地の黄色がまで溶け出すことに・・・)

仕方がないので、その上からもう一度黄橙色を吹き(今度はブラウンを多めに調色)ました。

とにかく、強引に完成とします(笑)

イメージ 1

イメージ 2

写真で見ると、前回とほとんど変わってません・・・トホホ。

実は、窓入れも思う以上にうまくいかなくて何回もやり直しています。
楽しいはずの工作が散々なものになりました。

でも、コレにめげずに・・・次回はトーマス号の工作をアップする予定です。
しかし、これもまたいろんなハプニングが起こっております・・。
次回もよろしくお願いします。

この記事に

どうもです。
田野口駅(風)ジオラマ製作も大変なんで(笑)、ここで以前購入してたトーマス号の客車を作ろうと思います。

イメージ 5

車両製作はこのブログでは今回が初めてになります。

今回作るに当たり、参考にさせていただいた動画がこちら。


結構、楽しく、そして参考になる部分が多くて感心して見ています。

それでは制作開始!

SHIGEMONさんもおっしゃってましたが、このキットは接着部のガイドがないところがあって、けがいたりして接着しなければいけません。特にベンチレーターの取り付けと床下機器周りが苦労しました。

イメージ 1
イメージ 2

ここまでは問題ありません。

取説です。すごく細かそうな記事です(汗)

イメージ 3

ベンチレーターはこのピッチで。

イメージ 4

頑張ってベンチレーター接着。

イメージ 6

さらに、床下機器周りも接着がかなり汚くなりましたが、接着。

イメージ 7

さあ、ここからはいつも通りサーフェーサーを吹いて車体は黄橙色にブラウンを少量混ぜて塗装します。そして床下機器周りはつや消しブラック一色。
(塗装の写真はありません・・・)

とりあえずですがこんな感じになりました。

イメージ 8

イメージ 9

もう少し、ボディはブラウンを足した方が実車に近い感じになったかもしれません。

今回は、接着が難航したのでここまでです。
次回はステッカーを貼って、少し足回りや窓枠・扉周りを軽くウエザリングして完成させます。

次回もよろしくお願いします。


この記事に




darkhorse_1971です。

暑中お見舞い申し上げます。

とても暑い日が続いてますが、いかがお過ごしでしょうか?

今回携帯カメラの不調で投稿が遅れました。これからわたしにとってカメラは重要なアイテムになりそうなので、おもいきってニコンのS7000というデジカメを購入しました!

で、今回の記事は名鉄5500系です。

この車両は当時全国初の冷房車両でデヴュー。地味なお顔ながらもパノラマカーと併結したり、個人的には好きな車両です。特に、記憶が正しければ、引退する?2006年頃にリバイバルカラーとして本線を走っていたのがとても印象的でこれで最後かと思うととても残念な気持ちでした。

私が初めてまともに作った(笑)車両なんで、今回引退直前当時を模型にて再現しました!

技量不足で、塗装などツッコミどころあると思いますが、そこはご愛嬌。

レイアウトは900×600、都市近郊レイアウトです。
イメージ 1
イメージ 2

白帯パノラマカーと5500系
イメージ 3

ストロークリーム3400系(いもむし)と5500系
イメージ 4

最後にパープル&ピンクの5500系
イメージ 5

思わず時間も忘れて撮影に夢中。

あまりこういう写真を撮る機会がなかったんですが、デジカメ一つ扱うのも大変だと思いました。

このブログに興味を持っていただいた方、ぜひ下記のHPもご覧ください!

三河準急鉄道 http://yhstar1971.com/

次回も宜しく。






この記事に

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事