特定非営利活動法人 文明亜細亜 電脳触書

馬で野を駆け、帆走・漕艇で海を渡り、野に稔りを得るNPO

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全7ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

[ 前のページ | 次のページ ]

271207/10:00.御供所公民館集合

【街歩き】10:00〜 
 御供所公民館から妙楽寺へ 神屋宗湛墓他、妙楽寺境内
11:30〜 お昼 各自

【座学】13:00〜
  会場・御供所公民館 
  御題「陳外郎・妙楽寺、菓子ういろう、薬ういろう」



イメージ 1

妙楽寺開山堂。妙楽寺開山は正和五年(1316)、月堂宗規禅師。

イメージ 3
開山堂内。月堂宗規禅師像。

イメージ 4
     境内の銀杏。青に映える。

イメージ 2
渡辺桂堂住職様に案内を頂き境内を歩く。幕末の福岡藩医師・鷹鳥養巴墓前で、養巴が死罪となった慶応元年の乙丑獄で、同じく家老加藤司書と天福寺で腹を切った大組斉藤五六郎は、ご住職の母方曾祖父様と話聴いて驚いた。なお、養巴墓横に建つ墓碑銘は進藤一馬翁手跡。

イメージ 5
     妙楽寺境内。長政が客分としてむかえた、竹中半兵衛重治孫・重次墓。
     妙楽寺に建つ初期の墓石。

イメージ 6
二代・忠之公が四百石、のちに百石加増の荒木村重孫・村光墓。

イメージ 7
神屋宗湛墓まで宗湛末孫・神屋浩さんから話を聞く。

イメージ 8
家臣の墓所は画像の竹森はじめ、吉田、桐山などいわゆる黒田二十四騎中の家が並び、如水公時代の家臣団を彷彿とさせる。荒木村重、竹中半平衛らの末孫墓所があることも如水時代でも、特に、秀吉側近時代を思わせる。また、神屋・末次などの墓所があることは博多の中世を半ばまで遡らせてくれる。

イメージ 9
本堂のご本尊。正面からの撮影にご不快だったかピンぼけ

イメージ 10
本堂聖壇正面

イメージ 11
「石城山」は妙楽寺山号。

イメージ 12
     庫裏でお茶とお菓子も頂いた。菊水紋が入った饅頭特に美味しかった。 





開く コメント(0)

280201/10:00.JR吉塚駅集合

【街歩き】
東公園日蓮上人像→亀山上皇像→千代松原名水井戸碑文→崇福寺
昼.自由散策.昼食各自 福岡県議会レストラン

【座学】13:00〜
  会場・国登録文化財「箱嶋家主屋」
  御題「幕末・維新の女先生、男装の高場乱」

当日、お昼地図



イメージ 1
     東公園へ。まず、岡倉天心監督の日蓮上人像

イメージ 2
「国難を我が身に変えなん」亀山上皇像。日蓮像と共に玄界灘を睨んで建てられた。今は県庁が正面に。県知事室を睨んでお出で。

イメージ 3
  亀山上皇像台座にみえる広田弘毅先生、お父様の「広田徳平」の名。

イメージ 4
現在の東公園は、昔の名水湧く千代松原。こちらは千代松原名水碑

イメージ 5
古めかしく、残る町屋

イメージ 6
崇福寺山門。こちら、旧福岡城表御門。

イメージ 7
年に一度、内部を公開している。

イメージ 8

       崇福寺・玄洋社墓所。左から、高場乱・頭山満・来島恒喜。            高場乱・頭山満の両先師に並んで「来島恒喜」墓が建つ意味は大きい。

イメージ 9
昼は、結果、皆様そろって、福岡県議会のレストランで。

イメージ 10
座学会場の国登録文化財「箱島家主屋」ロウソクの?が薄塗りの漆を写す。

イメージ 11
     国登録文化財「箱島家主屋」について、箱島さんの話。

イメージ 12
拝聴中。

イメージ 13
      「箱島家主屋」の荒神さん。

イメージ 14
「箱島家主屋」での学級の皆さま。御題「維新の女先生、男装の高場乱」で勉強中。

イメージ 15

国登録文化財「箱島家主屋」の広間と奥の中庭。



開く コメント(0)

★逗子開成中学校・高等学校ヨット部/受け継がれてきたセール「1」 
                             
ヨット競技の艇種の一つ「FJ級」。日本で導入されて約半世紀、競技登録されている全国1790艇のFJ級ヨットのうち、その最初の番号を掲げるセール(帆)が、逗子にある。1949年に創部した逗子開成中学校・高等学校ヨット部が所有するセールがそれだ。インターハイでは代々部のエースが「1」を掲げてきた。

開く コメント(0)

★ヨットの楽しさ伝えて/ボランティア養成講座
http://www.townnews.co.jp/0602/2015/02/20/272700.html

ヨットの楽しさを伝える活動を行っているNPO法人「セイラビリティ江の島」は3月8日(日)、ボランティアインストラクター養成講座の説明会を江の島ヨットハーバーで開催する。時間は午前10時から正午。

この講座は、同会が開いている小型ヨット体験乗船会のインストラクターを養成するもの。ヨット操船の基本やボランティアの心得など、インストラクターに必要な海上実技講習と陸上講習を行う。

日程は、4月から10月までの第2土曜、第3水曜、第3日曜日の午前9時から午後5時まで。定員は20人で受講料は1万円(別途、入会金1万円、年会費1万円が必要)。
 参加希望者は、A4用紙に氏名、住所、電話番号、「ハンザクラス・インストラクター養成講座説明会参加」と明記し【FAX】0466・63・0088へ予約を。ホームページ(http://sailability-enoshima.jp/)からも申し込み可能。締め切りは3月4日(水)。

問い合わせは、セイラビリティ江の島【携帯電話】080・5446・1173へ。

イメージ 1

開く コメント(0)

『初心者乗馬クラス』募集!JRA

東京競馬場では2015年度の『初心者乗馬クラス』を新規募集いたします。 初心者乗馬クラスでは騎乗するだけではなく、馬と触れ合って馬を知っていただくため、 ...


イメージ 1

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全7ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事