特定非営利活動法人 文明亜細亜 電脳触書

馬で野を駆け、帆走・漕艇で海を渡り、野に稔りを得るNPO

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1


「令和・れいわ」
万葉集 巻五にある、神亀から 天平年間にかけての数年、筑紫歌壇を形成した大宰帥・大伴旅人、少弐・小野老 、筑前国守・山上憶良 、造観世音寺別当・沙弥満誓、 娘子児島、大伴坂上郎女などらによる梅花の宴三十二首の詞書から。
筑紫由来の元号と相なりもうした。
まことにめでたく、誇らしき仕儀に相成り候
画/小茂田青樹「梅さける村」

開く コメント(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事