ベンゴト。

ほとんど「ペ弁」のブログと化しています。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

映画『犬と猫と人間と2』 公式HP http://inunekoningen2.com/
が大阪で上映されていた7月25日、映画の上映に引き続き、皆さんおなじみ杉本彩さんのトークショーが開かれました。
そのイベントに、私もお話し相手(正しくは「一番近くの聴衆」かも)として参加させていただきました。


映画をみての個人的な感想はうまくまとまらないのですが、法律家の立場からは

「今回の震災で、円滑な動物保護や避難動物の取扱いについて、国の対応は十分ではなく、また、都道府県によってペット動物の対応はバラつきがあった。
今回の大きな教訓をふまえたのに、今回の法改正で変わったことは、都道府県の動物愛護推進計画の中に災害時の動物取扱いについて定めることが義務づけられたことだけ。具体的な内容については、都道府県に丸投げされている。
それだけに、各自ができることとすれば、今の推進計画の内容をチェックし、近い将来、計画の見直しや追加がされるときに意見を述べること」

という趣旨の話をしました。


その後、杉本さんが動物保護活動に関わるきっかけや、捕獲器で猫を保護する話や地元バザーなどの楽しい話で盛り上がりつつ、本日のもう一つのテーマ、アニマルポリスの話題へ。

杉本さんは、動物の殺傷事件や虐待事件に対し、警察が必ずしも積極的に関わってくれない現状に心を痛め、地元京都でアニマルポリスをつくるべく立ち上がり、署名を呼びかけるなどの活動をしています。

そんなお話を聞いていたところ、会場に、兵庫県議の谷井いさお先生と、尼崎市議の仙波幸雄先生が来場しているとのこと。
このお二人は、何度かお会いしたことはありますが、地域の動物問題に本気で取り組まれている議員さんです。

司会者から谷井県議に一言コメントをお願いしたところ、兵庫県でもアニマルポリスをつくるべくすでに話を始めているとのこと。
私も初耳だったので、いい意味で驚きました。
それならば話は早く、兵庫県でも京都に続き、京都と連動して署名などを進めようという雰囲気に、そして、兵庫県の署名用紙の文案は私が関与するという流れに。
この状況で「ノー」と言えるわけなく、即決で「やりましょう」と言ってしまいした。

なお、京都のアニマルポリス署名は、現実的に実現可能な制度の提案となっています。
つまり、民間や動物行政担当者に警察権限を与えて動物虐待事件を捜査させる、というものではなく、あくまでも警察権を行使するのは司法警察員(警察官)という前提は崩さずに、以下の4パターンを提案しているものです。

〃抻―陲法動物関連法規に精通した警察官を担当官として置く。
警察署内に、動物遺棄虐待の専門部署を設置する。
7抻ヾ韻鯑以行政担当課に派遣、出向させる。
て以行政担当課に、警察OBを配置する。

詳細はこちらをご覧ください
http://ameblo.jp/sugimoto-aya/entry-11508808535.html

閉じる コメント(2)

顔アイコン

先生がんばれー!

兵庫県の署名用紙、参加します!

私は札幌ですが、絶対つながっていくと思います。

いつも情報の発信、ありがとうございます 削除

2013/8/10(土) 午後 9:07 [ チャーハン子 ] 返信する

顔アイコン

おお、遠方からありがとうございます!

2013/8/12(月) 午後 1:01 ベンゴト。 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事