ベンゴト。

ほとんど「ペ弁」のブログと化しています。

全体表示

[ リスト ]

 法35条第4項により、自治体に引き取られた犬猫について、殺処分がなくなることを目指して、所有者の発見及び返還に努め、また、新たな飼育希望者への譲渡に努めることが明記されました。

 この改正をふまえて、各自治体はこれまで以上に譲渡を推進する必要があるといえますが、自治体による犬猫の譲渡制度について、一般市民の多くは知らないのが現状です。
 
 日本では、ペットショップのビジネスモデルが発展・周知されたため「ペットを迎えるときはペットショップで」ということが一般化されています。その状況において、各自治体だけに譲渡制度の広報を任せるのは不十分といえます。

 そこで、自治体が譲渡の努力義務を十分果たすことを後方支援するために、国・環境省は、これまで以上に自治体からの譲渡制度の広報を推進する必要があると考えます。ペットショップや繁殖業者を含む選択肢の中からどれを利用するのかは市民が自己の責任と判断で決めるとしても、自治体譲渡の存在を周知させ、そのような選択肢もあることを、国は市民に情報提供する役目があるといえます。
 
 平成26年度環境省予算案「動物適正飼養推進・基盤強化事業」の事業計画には「動物の適正飼養や殺処分削減等を推進するための・・・パンフレットの作成、配布等による総合的な普及啓発」が明記されており、この事業内容として取り組むことができると考えます。

閉じる コメント(2)

顔アイコン

ドイツやイギリスと米国の犬猫の管理体制を勉強した方が良いと思います。私が注目しているのは捨てる場所を決めて動物を保護している事です。国民も動物保護所で飼う様にしています。動物保護所では飼いたい人と犬に数週間の研修をしてから与えています。 削除

2014/11/3(月) 午後 7:22 [ 言根孝二 ] 返信する

http://blog.livedoor.jp/riceplanthedge


活動を始めたばかりです。個人です。
生体繁殖予約制度について考えておりますが、動物に関して様々なことを学ばせていただきたく拝見いたしました。

具体的な制度の骨組みもこれから考えてまいります。

2015/7/2(木) 午前 8:06 [ ina*a*u052* ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事