大人の水遊び(岐阜市近郊の沢登り)

「家族に迷惑をかけない」奥美濃の沢登り
イメージ 1
大滝の謎解きに出かけましょう
イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4
510付近の滝。

イメージ 5

イメージ 6
大滝は575230m

イメージ 7
2段目はかなりのハング。

イメージ 8
落ち口にピンは取れます。
ということは、ムフフ…

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11
630滝。

イメージ 12
冬に逆戻り。
雪上より、水中の方が暖かい。

イメージ 13
5時間の水遊び、ごちそうさわでした。時計回り。
イメージ 14
310412(曇/水量普通)0722駐車場発−(奥牧谷530枝沢経由)−10111039蕪山peak1220駐車場着

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1
衝撃の20m以上。高賀谷本流以来。
これって、知られている滝でしょうか。
イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6
カップラーメンを細引きにつないで
突入するわけにはいかず、泣きながら敗退。
未知の沢にザイルを忘れてはいけません。

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13
株杉も大滝に霞む。
何度か通いましょう。時計回り。
310406(晴/水量少なめ)1018駐車場発−(奥牧谷経由)−13161336蕪山peak1500駐車場着
イメージ 2

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1
目的地もなく、本当に放浪したくなってくる。
GPS禁止で、なんなら迷ってもいい的な気分。
イメージ 2
廃ロッジ?

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7
イノシシは一足先にどろろんしてる。

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10
詰めは倒木地獄かと思いきや、
410右俣にまさかの滝。

イメージ 11
釜ヶ谷山は目の前ですが…
雨に打たれて暗くなり、
どろろん的には雰囲気抜群。
地図とコンパスにらめっこの5時間。
時計と反対回り。
イメージ 12

イメージ 13
310330(曇雨/水量少ない)0724駐車場発−09491012稜線−1223駐車場着

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1
超少数派だが、本質を見極められる人は、
GPSを山へ持っていかないらしい。
ということで、GPSはザックの奥へ。
(やっぱり持っていくんかい!)
イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10
地図とコンパスだと五感がフル活動。
手前しか照らさなかったレーダーが、
もっと広範囲に機能していく感じ。
そもそも判断を機械に委ねると、
山での根本的な楽しみが…
というウンチクは抜きにして、
とにかくドキドキと不安が格段に上がる。
なるほどな〜、700mの山でも全力大人。

イメージ 11

イメージ 12
P?とにかく春だ。
最近までGPSなんてなかったのだ。
時計回り。
イメージ 13
310326(やや晴/水量少ない)0725駐車場発−(西江谷経由)−09461034松宇土−(天狗城経由)−1205駐車場着

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

金華山ハイキング

このシーズンオフのマイブームは金華山。
1週間に2回は花粉を吸いにきている。
金華山は不思議な山。
ほとんどはサンダルで登れるが、
ザイルなしでは下降できない谷もある。
Peakでは、スカートを履いたおねえちゃんから
その道の達人まで老若男女でごった返す。
かと思うと、大参道ではほとんど人と会わない。
先日、鼻高ルートから直接長良川へ降りるルートを
歩いてみた。クライミングの壁があった。
まだ道は生きているが、車がビュンビュン走る
その上から、道路に降り立つにはまだ命が惜しい。
今日は馬の背でぽやぽやしていると、
「百山百渓」の著者日比野さんが、
藪からごそごそと出てきた。
信長谷から上がってきたとのこと。
身体が動くのもあと少し。
僕は夏道でぽやぽや遊んでいる場合じゃない。
310324

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

イメージ 2
天気読みが外れ、テンションだだ下がり。

イメージ 3
案の定、どろどろになって木曽川まで。

イメージ 4
冷水谷のこの出合で目が覚める。

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8
いいじゃん!笑いが止まらん。

イメージ 9
140左俣にはナメ滝。

イメージ 10

イメージ 11
160右俣にはハング滝。

イメージ 12

イメージ 13
これが、300mの里山⁉

イメージ 14
シーズン中の奥美濃の沢を
1本終えたような充実感。
キレット谷や
鎌ヶ洞と並んでオススメです。雨後限定だけど…
4時間の水遊び、ごちそうさわ。時計回り。
イメージ 15
310311(雨/水量多い)0911駐車場発−(大洞谷経由)−1052木曽川出合−(冷水谷経由)−11451211稜線−1305駐車場着

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 12ずいぶんと日の出が早くなった。

イメージ 1
正式には槻谷。「百山百渓」的には信長谷。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7
200二俣で、2人は左右に分かれる。

僕は左俣でなんも。

イメージ 8
右俣へいったこうじさんは、

10mのゴルジュがあったそうな…。

イメージ 9
ありゃ〜、失敗こいた。

イメージ 10
今日は3杯!時計回り。
イメージ 11
310302(晴/水量なし)0631駐車場発−07290803金華山peak0848駐車場着

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1
行きのコンビニではスキー客が。
同じ水系なのに…。まあ、どっちも水遊びか。
イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10
日が当たらず、足は痺れ、寒〜い。
先日読んだ、角幡唯介の「空白の五マイル」
を思い出す。面白かったなぁ。

イメージ 11
お沢もpeakも独り占め。

イメージ 12
帰路でようやく太陽が。
気分だけ、「極夜行」。

イメージ 13
早く萌えて〜!時計回り。
イメージ 14
310301(晴/水量少ない)0810駐車場発−10471127瓢ヶ岳peak1246駐車場着

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事