大人の水遊び(岐阜市近郊の沢登り)

「家族に迷惑をかけない」奥美濃の沢登り
イメージ 1
午後からでも、治療だからお父さんは行かねばならないのです。
イメージ 2
きれいすぎて、水がないみたい。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8
ペポーニを堪能するため、ゆっくりまったり。

イメージ 9

イメージ 10
「大人の水遊び」のテーマソングのような沢。

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14
620左股から始まる滝群は、全部で高低差50m

イメージ 15
締めの大滝は左岸巻き。

イメージ 16
2段目。

イメージ 17
ナメ

イメージ 18
下降の石むし谷右股では、けつ滑りと釜浸りを堪能。

イメージ 19
治療後、姫たちに償いのごちそうさわ。
イメージ 20
時計と反対回り。いつか石むし谷左股と合体して、
殿又谷Мコースを辿ってみたい。
290520(晴/水量少ない)1300堰堤横駐車場発−1417大滝下−1519790支稜線)−(石むし谷右股経由)−1603560二股)−1621駐車場着

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1
殿又谷の禁断症状が発症。
イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5
治療で訪れる。相変わらず優しく美しい。

イメージ 6
710核心部225mは遠くからでも風圧を感じる。

イメージ 7
1段目は左岸トラバリ。

イメージ 8
2段目は右岸ルンゼ&ズリバース。

イメージ 9
大滝を越えると、登れそうで登れない滝。
頭を使い摩擦係数を信じる。

イメージ 10
少々藪っぽいところもあるが、完全にペポーニ。

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13
無理して午後から治療にきた甲斐があった。

イメージ 14
浄化され、ようやく週末を迎えた気がした。

イメージ 15
待っとけよ〜天狗山の谷め。時計と反対回り
イメージ 16
290514(晴/水量やや多い)1300駐車場発−1336510二股)−1523上部林道−1639駐車場着

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1
2号とハイキング〜
イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6
290505の早朝(05440657

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1
急に時間ができる。
天狗山付近の沢を偵察するも射撃場で撃沈。
地形図を見ただけ山行は、深谷の1本西の沢。
何かあるとすると400付近と470の左股過ぎか。
イメージ 2

イメージ 3
入渓してすぐに滝群。

イメージ 4
取水口や桟道もあり。

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7
それにしても意外や意外。

イメージ 8
470二股。左股に期待。

イメージ 9
ビンゴ滝。

イメージ 10

イメージ 11
ナメ。

イメージ 12
地形図には現れない三股。

イメージ 13
左股の滝。

イメージ 22
また地形図にはない三俣。

イメージ 14
完全にペポーニ。

イメージ 15
転倒して気が付く。沢屋ホイホイに罹っている。
「あの滝を越えてから…」の繰り返し。

イメージ 16
610二股。

イメージ 17
左股は黒くハングした滝。

イメージ 18
右股は溝滝。
魔法を解いて娘を迎えに行こう。

イメージ 20
的中し過ぎてなんだか恐ろしい。
ステーキガストで娘とトークしてようやく落ち着く。

イメージ 19
出合の橋。本当に「追谷」かどうかは…
イメージ 21
290504(晴/水量少な目)1153出合駐車場発−1330610二股)−1448駐車場着 

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

イメージ 1
「茶屋峠」「遊び谷」と、おつなネーミングとは裏腹に、
地形図的に暗くドロロン閻魔君のイメージ。
準備をしていると、さっそくザックにニョロ星人。
イメージ 2

イメージ 3
330付近のゴルジュ。右岸をズリバース。

イメージ 4
370の大滝からスタートするゴルジュはエグそうで、
水量が少なかったとしても突入できそうにない。

イメージ 5
「遊び谷」のメインで遊べず、悲しい左岸巻き。
tsutomuさんは、よくここを突入したなぁ〜

イメージ 16
その後、沢は穏やかな流れが続く。

イメージ 6
岩の下がなんかおかしい。大きなカエルが10匹。春だ、起きろ〜。

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9
530から谷は再び狭くなり、小滝&ゴルジュ。

イメージ 10
580右股には、S字の滝。

イメージ 11
620まで遡行して尾根に上がる。
下降はまあまあの尾根だが、長〜い。

イメージ 12
たっぷりと若葉シャワーを受ける。

イメージ 13
夏は虫とニョロに人気がありそうな「遊び谷」。
紅葉の時期にしっかりと「遊び」たい。
イメージ 14
帰路でバレー帰りの娘と合流し、最強中華でごちそうさわ。時計と反対回り。
イメージ 15
290430(晴/水量やや多め)0655遊び谷出合駐車場発−0957740稜線付近)−1114根尾能郷集落−1132駐車場着

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

イメージ 2
通行止めだが、ブルが樽谷出合まで入っている。
花房の滝までの遊歩道を再度整備するのか。
堰堤を左岸から越えると、熊さんとご対面。
挨拶もせず走って行ってしまったので、続行。

イメージ 3
25千分の1の「谷」の字付近のゴルジュは、
左岸の小沢&旧林道を使って巻く。

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6
春だ、起きろ〜。
イメージ 7
430右股は狭く、すぐに連滝帯。

イメージ 8

イメージ 9
2段に見えるが、実は4段。いい谷だ。
巻いてばかりも悔しいので、

イメージ 10
4段目は谷に降りて記念撮影。

イメージ 11
500で再度谷が狭くなる。

イメージ 12
枝沢からは、おしっこのような細い滝。

イメージ 13

イメージ 14
565に美しいナメ滝。桃源郷1。

イメージ 15
585二股は両股とも滝。桃源郷2。

イメージ 16
左股のナメ滝はしぶきがきめ細かい。

イメージ 17
左股は遡行済なので、右股へ。

イメージ 18
下部林道を横切って遡行するも、
右股は740で伏流のため引き返し。

イメージ 19
林道から見える樽谷は、雪渓で埋まっている。

イメージ 20
春のいろんな香りが身体に入る。春谷ごちそうさわでした。
イメージ 21
290429(曇/水量普通)0633天狗谷先駐車場発−0646樽谷出合−0746中又谷430右股出合−0904下部林道交差−0923740引き返し)−0946下部林道−(白倉林道経由)−1037駐車場着

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 12
PKAP完成の達成感、喪失感、全身の疲れ、
銭湯に流れる昭和の空気感、長良川から受ける春風、
ビールの染み渡り、つまみの美味さ…
薄れていく記憶の中で、今シーズンの開始と
怪我しないという決意を新たに、絶品の一日は
撃沈するのであった
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 18

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17
290422(曇)0409猿啄城登山口発−0432猿啄城peak0510明王山−0621大岩見晴台−0756須衛(・321.8)−0827向山−0952各務原権現山−1047六所神社(権現山下山)−1125三峰山登山口−1201三峰山−1329白山神社登山口−1414洞山−1454鷹巣山−1533金華山−(百曲がりコース経由)−1607岐阜公園下山−銭湯−いなパラ

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3
降雨後でみずみずしい。

イメージ 4
PKAP本番を控え足慣らし。

イメージ 5
この景色で岐阜市内か〜。

イメージ 6
気が付けば山は新緑。

イメージ 7
絵葉書にも耐えられそう。時計回り
イメージ 8
290419(晴/水量多め)1408松尾池駐車場発−1502百々が峰peak1539駐車場着

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事