活動弁士の家

活動弁士・坂本?光の出演情報その他諸々を公開しています。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全223ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

林海象監督のデビュー作『夢みるように眠りたい』(1986.映像探偵社)。中学時代にこの映画と、今や仕事上の大先輩・澤登翠さんの活弁公演に出逢わなければ、私が活動写真弁士を夢見る事も、後年なる事もなかったのです。
そんな我が人生に大きな影響を与えてくれた本作の、フィルム修復プロジェクトのクラウドファンディングが始まりました。
https://www.facebook.com/SleepSoAsToDream/

近年、この作品に数回に渡り従来の無声映画同様ライブで説明をつけるという栄に浴し、益々もって愛すべき、また最良の形で世に遺すべき名作との思いを強くしておりました。
私の個人的な気持を別にしても、80年代映画シーンに静かな光を投げ掛けた珠玉篇、既に御覧の方には倍旧の感動、未見の方には新作サイレントの古典(!)として歓迎される事請合いの『夢みるように眠りたい』を、新たに甦らせるフィルム修復プロジェクト(シェア先を御参照の程)に、どうか皆様のお力添え賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

こちらのページでは、林監督が今回のプロジェクトへの意気込みを『夢みる〜』主演俳優・佐野史郎さんとの対談で熱く語っていらっしゃいます。
https://www.cinra.net/interview/201901-hayashisano

『夢みるように眠りたい』封切当時の予告CM
https://www.youtube.com/watch?v=x5KpzLbB5y0

イメージ 1

不肖坂本、この度思うところあり人生で初めてコミックマーケットというものに参加し、売り子を務める決意であります(8/10(金)〜12(日)、売り子は10日のみ)。
色々な物を売る予定ですが、眼目はこれでございます。

★DVD「サザザさん 第1話」の通販予約中!コミケでは坂本頼光のサークル、金曜日西み36a「活弁普及協会」にて頒布いたします。詳しくは下記URLをおたずねくださいませ。
bestseller.stores.jp

見ざる、言わざる、聞かざるの御心でお求めの程、お願い申し上げます。

2015年7月24日も、今程ではないがやはり酷く暑かった。

昼、銀行に行く途中、ガードレールにもたれかかっていた八十歳くらいの小柄な老人に呼び止められた。
「お兄ちゃん。携帯電話を貸してくれないか」と言う。汗びっしょりで、具合が悪そうなので「お家に連絡されるんですか?」と訊くと、

老人「違う。この近くに用があるんだけど、幾ら歩いても場所が全然わからない。だから電話で問い合わせたいんだが、携帯を持ってないし、公衆電話も見あたらない。困って……」
坂本「そこの住所は、わかるんですか」
老人「わかる。メモして来た」(社名?と住所と電話番号の書かれた紙片を渡される)
坂本「五丁目じゃ、この先の郵便局の方だけど。お爺ちゃん、この×××セレクションってとこに、何の用があるの?」
老人「買い物したくて。それ。そこ」

示されたメモの裏には「DVD・未亡人」その下に複数の女性の名前、末尾に「通販でなく!」と書いてある。

坂本「……ん−。つまりこれを、直接、ここに買いに来た訳ですか」
老人「通販だと待つから。今日、どうしても見たくて。買いに来た」
坂本「お爺ちゃん、どこから来たの?」
老人「川越」
坂本「えー。遠くからまあ……」

さらに老人は、疲れてうまく喋れないので代わりに電話してくれと頼むのだ。仕方ないのでその番号にかけ「あのー、そちらで売っておられる、その、商品をですね。直接伺って、購入したいという方が、今、私の隣にいまして。私、頼まれて代わりにかけていまして。あの、もう、近所まで来ているんですけれども」こんな電話、俺だってうまく喋れない。

だが、応対の男の声は非情にも「あーちょっと来られても困りますんでー、うちは通販専門ですんでー、はいー」ぷつり。

坂本「お爺ちゃん。通信販売でしかね、駄目だって。会社に行っても、売ってないって」
老人「…………」
坂本「だからね。お家に帰って、落ち着いてから、まあ、電話でかハガキでか知らないけど、注文したらどうですか?」
老人「それじゃ駄目なんだ。僕は、明日、入院するんだ。入院したら、もう見られないんだがなあ。どうしても、見たかったんだけど、もういいです。ごめんなさいね。ありがとうございますね」
坂本「いえ……お大事に」

別れて少し歩いて、振り向くと、老人はまだ佇んでいた。用を済ませて一時間後に同じ道を通ったが、その時はもういなかった。

ポータブルDVDプレイヤーの存在を、教えてあげれば良かったかなと、後悔している。

開く コメント(0)

イメージ 1

イメージ 2

第720回無声映画鑑賞会
【活動写真傑作選 千恵蔵・ナジモヴァ&ヴァレンチノ】
7/26(木)18時30分開演(18時開場・終映予定21時)

★上映作品
『椿姫』(19:55〜)
1921年 米・メトロ映画作品(63分)
監督/レイ・C・スモールウッド
脚本/ジューン・メイシス
原作/アレクサンドル・デュマ・フィス
出演/アラ・ナジモヴァ、ルドルフ・ヴァレンチノ
弁士/澤登 翠

『放浪三昧』(18:45〜)
1928年 片岡千恵蔵プロダクション作品(60分)

監督/稲垣 浩
原作・脚色/伊丹万作
出演/片岡千恵蔵、衣笠淳子、林誠之助、香川良介
弁士/坂本頼光

会場
日暮里サニーホール コンサートサロン
荒川区東日暮里5-50-5 ホテルラングウッド4階  電話 03-3807-3211
(JR鉄 京成線・日暮里舎人ライナー線「日暮里駅」東口より徒歩2分)


料金
一般2000円 学生1600円 前売、電話&E-mail予約1500円
子供(中学生以下)1000円 会員優待券1000円
電話&E-mail予約は公演前日の午後6時まで受け付けます。
(但し、規定枚数に達した場合はその時点で受付を終了致します。)

予約・お問合せ
無声映画鑑賞会事務局
電話 03-3605-9981 (受付時間 平日の午前10時〜午後6時)
FAX 03-3605-9982
E-mail: katsuben@matsudafilm.com

※E-mail予約の場合は、「○月○日無声映画鑑賞会前売予約」、枚数、代表者のお名前を明記して、メールをお送り下さい。
E-mailにて御予約いただいた方には[予約確認]のメールをお送りしています。

イメージ 1

うらめし、もというれしの三人会。「怪奇」をテーマに、松尾さんのトーク、小南凌さんの講談、手前無声映画で神戸の夏の夜を、楽しく、怪しく彩ります。是非お運びくださいませ。

『松尾貴史・旭堂小南凌・坂本頼光 三人怪』

8/22(水)
19:00開演(受付開始18:00/開場18:15)*劇場内にてワイン等のドリンク販売有り

出演 松尾貴史、旭堂小南凌、坂本頼光

会場 神戸三宮シアター・エートー(神戸市中央区琴ノ緒町5丁目6-9 JR三宮駅より徒歩三分)
   http://www.a-to-kobe.jp/

料金 前売4000円/当日4500円(eプラス・全席自由)
   eプラスアドレス http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002267483P0030001

お問合せ 神戸三宮シアター・エートー 電話078-231-0011(10時〜18時の間対応)

全223ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事