全体表示

[ リスト ]

工具について

イメージ 1
別冊モーターサイクリストに掲載していただきました。
内容は、工具についてです。
記事は、アンケートに対する回答という形をとっていますが、工具についての私の見解を、
もう少し補足したいと思います。

イメージ 2

■オフセット・コンビネーションレンチ

コンビネーションレンチは基本的には使いません。
というのも、私はスパナを使用することがほとんどないからです。

ただし、ボルトの二面幅10ミリ以下のものについては、コンビレンチを使うことがありますが、
使用するのはメガネの部分だけです。
スパナ側は使用しません。

スパナを使用するのは、サイドミラーの脱着とアクセルワイヤーなどの遊びの調整くらいでしょうか。

エンジンオーバーホールを行う場合にも、コンビレンチやメガネレンチを使用することはありません。

車体整備の場合は、スペースに余裕のない箇所についてのみ、メガネレンチを使います。
トルク管理が必要なボルト(アクスルシャフトやサスペンションまわりのボルト)にはトルクレンチを使用します。
この場合は、確実にトルクを伝え、かつボルト・ナットの頭を痛めないように、12角ではなく6角のソケットを使用するようにしています。

メーカーについてはとくにこだわりを持っていませんが、メガネレンチなどのハンドツールについては、
ポリッシュされたものではなく、梨地肌のものを選んで購入しています。

すぐに補充できるKTCのもの、あるいは、スタビレーなどのドイツ製品を選んでいます。


■ソケットレンチ系

エンジンオーバーホールを行う場合、必ずソケットレンチを使用します。
基本的にはTレンチの使用頻度が最も高く、その次にエクステンションバーです。
意外かもしれませんが、ラチェットについてはほとんど使用しません。
コンビレンチの項で書きましたが、12角ではなく6角のソケットを使用しています。
これは、何よりも、確実なトルクの伝達を第一に考えているからです。

エンジンを組む作業では、ソケットレンチを使用する場合、そのほとんどはトルクレンチとの併用になります。

メーカーはKTCを中心に、ひとセットを揃えていますが、頻繁に使用するソケットはほぼ決まっていますので、
痛んだら定期的に交換するようにしています。


■ドライバー

80年代以前のエンジンは、クランクケースカバーの固定にプラスビスが使われています。
このビスは、固着していることが多いため、ドライバーの選択にはかなり神経を使っています。

主に日本製のエンジンを扱いますので、使用されているビスも日本製です。
日本製のビスには日本製のドライバーが最も良くフィットするようです。

ビスは締めるよりも緩める方が難しく、頭をなめないように、かなり神経を使います。
このため、固着したビスには打撃を加えてから緩めることが多く、貫通タイプで、かつ、確実にグリップできる
樹脂製のグリップのものを選んで使っています。

先端部分に特殊な加工がしてあるものや、高価なものは使用しません。
最もスタンダードなKTCのモデルを選択し、ドライバーの先端が摩耗する前に、
新品に交換するようにしています。

ドライバーは他の工具にくらべて消耗が早く、先端が摩耗するとビスの頭をなめやすくなります。
したがって、摩耗してしまう前に定期的に新品交換することを心がけています。


■ペンチ類など握りもの

握りものは、しっかりとした造りのものを選ばないと非常に苦労します。
私が最も金額を割くのが、ペンチ類かもしれません。
とくに、エンジンにはスナップリングが多く使用されていますので、スナップリングプライヤー
を頻繁に使用します。
スナップリングプライヤーは、リングの種類やサイズに応じて、適切なものを細かく揃えています。

高価ですが、クニペックスのものを使用しています。
握りものについてはクニペックス以外には考えられないほど、このメーカーを信頼しています。


■測定機器

高価な測定機器を使用しても、測定方法が不適切だと、正確な結果が得られません。
エンジンを組む上で、測定という作業は必ず行いますので、室温や測定箇所、
測定するパーツの支持方法など、かなり神経を使う必要があります。

たとえば、ピストンの外径を測定する場合、アルミ合金製のピストンを素手で持つと、
体温によってわずかに膨張し、測定数値が変化することがあります。
とくに冬季は、測定方法には、細心の注意を払うようにしています。

ダイヤルゲージ、マイクロメーターはミツトヨのものを使用しています。
必ず国内で製造された製品を購入します。


■工具に対するこだわり、重視する点

工具に対するこだわりというよりもむしろ、その使用方法に注意を向けるべきだと思います。
たとえば、ドライバーのグレードにこだわるよりも、ビスの頭を痛めずにしっかりと緩めるための
手順、力の掛け方、見切りの方法を学ぶほうが重要です。

整備を行う上で最も難しいのは、ボルト・ナットへのアプローチです。

整備士が、ボルト・ナットをどのように緩める、あるいは締めるか。
そのアプローチを見るだけで、整備士の持つ技量を計ることができます。

重視すべきは、工具そのものよりも、その使用方法だと考えています。



Motorcycle Engine overhaul Service 
小川メンテナンス
宮崎県北諸県郡三股町樺山4583-10
http://www.ogawamaintenance.com/

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事