超個人的中年映画劇場

最近の映画はよく知らないが昔の映画は知っているおじさん映画ファンが綴る、映画にまつわるノスタルジックな思い出語りです。

全体表示

[ リスト ]

監督:ピーター・ハイアムズ
出演:エリオット・グールド、ジェームズ・ブローリン、サム・ウォーターストン、O・J・シンプソン、ハル・ホルブルック、ブレンダ・バッカロ、カレン・ブラック
音楽:ジェリー・ゴールドスミス
 
 
人類初の有人火星宇宙船・カプリコン1が打ち上げられることになった。
しかし打ち上げ直前、突然三人の宇宙飛行士(ブローリン、ウォーターストン、シンプソン)は宇宙船から降ろされ、今回の計画の責任者ケロウェイ(ホルブルック)から宇宙船にトラブルが発生したことを告げられる。
本来なら計画を中止するところだが、今後の宇宙計画の是非を問われる大事な計画のため今更中止出来ないということで、表向きは宇宙に行ったということにして、地球のスタジオでニセの火星探査を撮影することになる・・・。
 
 
イメージ 1
70年代のニオイがプンプンのパンフです。
 
 
77年公開の正月映画です。
私の記憶では、当時私の住んでいた街では、ロードショー公開なのに「オルカ」と同時上映という、非常に豪華な二本立てで公開されていたと思います。
 
予想通り、かなり面白い映画でした。
一応SF映画だと思って観ていたのですが、SFの要素のほかに、アクションやサスペンスの要素もてんこ盛りで、一時(いっとき)も飽きることはありませんでした。
 
 
イメージ 11
政治的な謀略に翻弄されるサム・ウォーターストン、ジェームズ・ブローリン、
そしてO・J・シンプソンの三人の宇宙飛行士。
 
 
 
イメージ 10
三人の宇宙飛行士は、ハル・ホルブルック演じるNASAの責任者から、
信じられないような計画を聞かされる。
 
 
イメージ 13
事件の謎を解いていく主役のエリオット・グールドと、今回はゲスト的な出演のカレン・ブラック。
このカレンさん、なぜか70年代の映画界ではモテモテでした。
 
 
イメージ 7
その他にも、70年代を代表する名優たちがいっぱいご出演です。
当時の私には年齢不詳の謎の女性だったブレンダ・バッカロ。
「エアポート77/バミューダからの脱出」ではジャック・レモンの恋人でした。
 
 
イメージ 8
<コジャック>テリー・サバラスもご出演。ラスト近くにチョイと出る
ゲストスター扱いですが、いい味出してました。
 
 
イメージ 9
懐かしのテレビ版<チャーリーズ・エンジェル>のボスレー役のデビッド・ドイルも
ゲストスターとして、チョコッと顔を出しておられます。
 
特に私は当時、宇宙とかNASAとか月着陸のアポロ計画とかに非常に強い興味を持っていた時期でしたので、個人的にはこの映画のストーリーはタイムリーでした。
映画の前半で展開される、ウソの火星探査の撮影風景が非常にリアルで、もしもアポロ計画もこういう感じで撮影されたウソだったなら?なんてことも考えながら、ワクワクさせられました。
余談ながら、今でもアポロ計画はNASAによるでっち上げだったという説が根強く残っていますが。
 
 
イメージ 12
地球のスタジオで撮影される火星探査。これが全世界に中継されるのです。
 
 
映画は冒頭からラストまで、あまり余計な伏線も無く、非常にテンポ良くストーリーが進んでいきます。
アクション映画の王道を行くような展開です。
 
なぜNASAは火星への飛行を中止出来ないのか?
なぜ宇宙飛行士が生きていては都合が悪いのか?
なぜNASAによるでっちあげが、エリオット・グールド演じる新聞記者の知るところとなったのか?
 
そういったひとつひとつのシチュエーションの展開は、特別目新しいものではないのですが、むしろそういった誰でも思いつきそうな判りやすい展開を、ハリウッドが真面目に映画化しているというところが、素直に面白いと思えた点ではないでしょうか。
 
それと、適度にちりばめられたアクションシーンの迫力がスゴかったのです。
それぞれのシーンはそんなに長くはないのですが、当時はそれでも充分楽しめました。
 
イメージ 14
 
イメージ 15
暴走するクルマの正面からのローアングルのみで構成されるカーアクションシーン。
 
 
 
イメージ 2
クライマックスの複葉機VSヘリコプターのファイトシーン。
複葉機の羽根の上には、本当に人が乗っています。
 
 
特に、囚われていた三人の宇宙飛行士が、敵のアジトからジェット機で逃げ出すシーンは圧倒的な迫力で、手に汗握る名シーンでした。
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
イメージ 6
私の一番のお気に入りシーンです。
テレビの<正月映画全部見せます!>で何度となく放送されていたシーンですが、
それでも映画館の大画面で観ると迫力が全然違いました。
 
 
 
「フレンチコネクション」風のカーアクションと、「007は二度死ぬ」風のスカイアクションの両方が楽しめるSF映画って、そうないですよね (例えが古いですが・・・)。

閉じる コメント(8)

顔アイコン

こんにちは♪
私はこの傑作を、ちゃんと観ていなかったという勿体無い事を…確かTVで観ました。でも、なにかしながら観ていたようです、ちゃんと全編観なきゃ…お恥ずかしいです(涙)
そうそう、カレンさんやハルさんの出演作が70〜80年代に目白押しでしたよネ♪
ブレンダさん「ウィークエンド」思い出します♪
「カプリコン1」はサントラもイイんですよネ♪

2012/6/25(月) 午後 5:10 [ レジェンド ]

顔アイコン

この作品、私の町でみました。
そちらと同じく「オルカ」と同時上映でした。
(これって東京あたりでは一本づつだったのかしらん。)
確かに色々な俳優が「チラッとだけ」出演していて
「なんてもったいない!」と思いました。
※確かごく最近「漢局」が放送していたキオクが有ります。
余談ですが、公開時、「なさ」がこれを見て
かなり非難したそうです。

冒頭にも書きましたが、東京では一本づつの上映が
地方に行くと二本立てなんてよくありました。
キオクに有るのは「大統領の陰謀」と「ヒンデンブルク」
「タクシードライバー」と「リップスティック」が
私の町で上映されていた様な…

さて、以前お知らせした「影が行く-前日談」ですが
東京だけ無く「多少」は地方公開があるようです。
お近くの劇場があると良いですね?

2012/6/25(月) 午後 8:53 [ ダムダム人 ]

顔アイコン

私もそこお気に入りです。もう大好きな映画です
音楽も最高ですよねー
映画ではありませんが♪愛のテーマはほんと最高!関光夫氏のポピュラーアラカルトで録音して何度も何度もテープが伸びるほど聞きました

2012/6/25(月) 午後 10:32 ますけん

顔アイコン

こんばんは、レジェンドさん。お返事遅くなりすいません。
カレン・ブラックさんやハル・ホルブルックさんは、ホント70年代はすごくよく見かけましたね。
特にカレンさんはなぜに?と言えば失礼にあたりますが。
個性があってよかったのですかね?

レジェンドさんは「エアポート75」ご覧になったでしょうか?スッチー役のカレンさんが、操縦士のいなくなったジャンボジェットをおっかなびっくりで操縦する時の顔が忘れられません。目を剥いて、鼻の穴おっぴろげて、大きな口から歯をむき出しにした必死の形相・・・。正直コワかったですが、子供ながら<演技派やなあ>なんて関心しました。
いつもありがとうございます。

2012/6/29(金) 午後 8:54 [ qjq*m*60 ]

顔アイコン

こんばんは、ダムダム人さん。お返事おそくなりました。
いつもありがとうございます。
ダムダム人さんのところも「オルカ」と二本立てでしたか。
私の地方でも、結構な大作が二本立てというのは多々ありましたね。というか、実は私の住んでいた街ではロードショー公開する映画館がなく、電車で三十分ほどかけて隣のチョイ大きな街まで出かけて、やっとのことロードショー公開の新作が観られる、という悪条件でした。ほんとトホホでしたね。
(ちなみに「リップスティック」って懐かし過ぎです!)

「物体X」絶対に観たい!です。しかも映画館で!でも私のところはホント田舎なので、無理でしょうねえ。つい最近も、近くのシネコンが潰れました。
「物体X」が遠のいていく・・・。

2012/6/29(金) 午後 9:05 [ qjq*m*60 ]

顔アイコン

こんばんは、ますけんさん。お返事遅くなりました。
いつもありがとうございます。
実は実は・・・記事の中には書き忘れましたが、私もこの映画の音楽大好きなのです。勇壮なテーマ曲も好きですが、ますけんさんの言われる通り、<愛のテーマ>が最高ですね。
私も関光夫さんのラジオで録音して、カセットテープでずっと聴いていました。
今でも頭の中で、曲の最初から最後まで全部思い出せるくらいです。何と言いましょうか、イージーリスニング(古い!)の名曲のような感じですね。

ちなみに、同じゴールドスミスさんの「コーマ」という映画の愛のテーマも大好きでした。

2012/6/29(金) 午後 9:22 [ qjq*m*60 ]

顔アイコン

パンフレットの写真が懐かしい!!実家にあるはずです。

私の田舎でもスパック・ロマン第1弾の「オルカ」との2本立てでしたよ。第2弾はないままだったと記憶しておりますが(笑)

なぜかブレンダ・バッカロの外見が好きだったんですが、おのころの思いは残念ながら消えてしまいました・・・。

ところでハイアムズ監督の映画には必ず”スポタ”なる人物、あるいは場所、あるいは物が登場するらしいのです。変な言葉だなって思っていましたが、日本版スターログのインタビューでハイアムズさんは爐△譴六笋里みさんの名前なんだよ瓩辰童譴蕕譴討い泙靴織魯ぃアムズさんって、なかなかの愛妻家のようです。

2012/8/7(火) 午後 4:33 [ mallorcagogo ]

顔アイコン

こんばんは、マジョルカさん。
お返事遅くなりましてすいません。仕事が多くて、そんでもって仕事のスピードが遅いものでバタバタしていました。

マジョルカさんのところでも「オルカ」と同時上映だったんですね。それと<スパックロマン第一弾>・・・ありましたありました!懐かしいですねえ。そういえば第二弾はまだですね。いったいいつになるんでしょうか。

バッカロさん、私も当時は少し好みでした。昭和のゴジラシリーズファンの私は水野久美さんの大ファンでして、この水野久美さんに雰囲気が少し似ているバッカロさんがいつも気になってました(ゴジラを観ていないと判りにくいですが)。

マジョルカさんもスターログご覧になってたんですね。うれしいですね。今度またスターログの本の紹介をしたいと思います。
いつもありがとうございます。

2012/8/13(月) 午後 11:14 [ qjq*m*60 ]

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事