ここから本文です
笑らくのらくらくぶろぐ
社会人落語家「七瀬亭笑らく」が、落語の事を中心に、日々の戯言を綴っております。

今年の落語総括!

今年の落語も26日が最後となりました。

1年間の回数は「71回」
昨年とほぼ同じペースでした。
ネタ別では
老婆の休日    39席
トクさんトメさん 19席
真田小僧     13席
桃太郎       8席
長短        7席
動物園       6席
風呂敷       5席
別れ話は突然に   3席
禁酒番屋      1席
作文        1席
リムジン小噺    3席
合 計     105席でした。

そして今年の新ネタは、ゼロ!
何という体たらくでしょう!!!

でもそうこう言ってられるのも、来年の3月末まで。
今の仕事を辞めたら、回数は激減する事と思います。
「せっかくの才能がもったいない」とお客様から言われるのも今の内。
数年もしたら、落語の世界から足を洗ってる事の無い様、少しでも出前寄席に走れる環境を作っていきたいと思います。

今年も一年お世話になりました。

開くトラックバック(0)

一部の落語仲間にはお話したのですが、実は今の職場を3月31日で辞める事が決まりました。
原因は人手不足。
つまり「人手不足倒産」です。
赤字は出してないので、倒産と言うより廃業?
病気で退職した仲居の補充もままならず、在籍中の仲居や事務員、さらには料理長も退職を希望して来て、八方ふさがりの状態で、これ以上の経営続行が不可能になりました。

施設は残ります。
市の施設ですから簡単には潰せないと思います。
次の管理者が、テニスコートとテニス合宿だけは残すそうです。

私の落語を楽しみに、毎年来ていただいていた高齢者のグループには申し訳ないのですが、飲食部門はやらないみたいなので、私の役目も終わりです。

さて、来年4月から職探しです。
誰か落語の出来る私を雇って下さる所はないもんでしょうか?
大型免許も持っています。
長男の専門学校があと2年残っているので、2年間はシャカリキに働かなければなりません。

潰せと言う意見が議会から出ていた施設を、16年守ってきましたが、まさかこんな時代が来るとは思いませんでした。

開くトラックバック(0)

第10回社会人落語日本一決定戦、終わりました❗

二年ぶりの参加でしたので、意気揚々と高座に上がったのですが・・・・・・、あまりの受けなさに撃沈。
終わってすぐに「今年は駄目だ!」と完全に諦めて、さっさとホテルに荷物を持って行きました。

その後は落語みゅーじあむに居座って、他の方の落語を拝見しました。
まずは風林火山さんの落語。面白かったー‼️
流石です❗
他の会場だったら決勝進出していたかもしれません。
運が悪かったですね。

そして何より衝撃を受けたのが、小粋さんの桃太郎。
自作だと思うのですが、凄く面白かった‼️
今まで聴いた、どんな桃太郎より面白かった❗❗❗
絶対決勝進出すると確信していました。
(たぶん、10代名人も取るんじゃないかな?)
そして心のなかで「このレベルの落語を書かないと、決勝に進めないのか」と、打ちひしがれた自分が居ました。

そして今大会で何より嬉しかったのが、風鈴さんが決勝に進んだ事。
10年間の努力が実を結びましたね!
おめでとうございます❗
決勝戦の日程は未定ですが、頑張って下さい❗

台風で足止め食らってる時に、風鈴さんちにお邪魔して、数人の仲間と「中の祭り」と称して一日楽しめたのは最高でした。
いい思い出が出来ました。

さて、昔からの仲間にはお話しましたが、私の社会人落語日本一決定戦参加は、仕事の関係で、今年で最後になるかもしれません。
落語からも少し離れるかもしれません。

今回、自分がどれだけハイレベルな人達と無謀な戦いをしていたのか、ハッキリ分かった事でいい踏ん切りがつきました。
パンフレットの中の、歴代受賞者の中に名前があるだけで光栄な事。
それだけで幸せです。

大会は、これからも次々と新しい凄い人達が出てくる事でしょう。
決勝に進むのも至難の技だと思いますが、これから何年も大会が続く事をお祈りしています❗❗❗

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事