全体表示

[ リスト ]

フレーム

競輪選手の皆んなに、自転車のパーツでこれが命の部分は?こんな話をするとその答えは…サドルが1番多いと思います。

サドルって前後や鼻先の上下などなど、人それぞれのシビアなセッティングが求められる部分。
感じ方も人によって異なります。

なのでセッティングも100人中100通りあると思う。
その点フレームは、ほぼ最初はセオリー的な角度があります。
例えばハンガー下りは60mm、シート角度は75度など、アマチュアの時のフレームはセオリー通りに作りました。

それから選手生活を重ねて来ると…自分の場合は数年前までシート角度は79度まで変わっています。
フレームの場合はパイプの種類やオフセットやトレイル、ヘッド角度やフロントセンターの長さと数多くの要素が絡み合い、自分的には1番の命はフレームではないかと思ってました。

でも今年レースで使用しているフレームは、競輪学校の時と一緒です…

今考えているのは学校に入る前のフレーム!
正直なところ1000mTTはそのフレームが1番タイムが出てました。

結局は元サヤかなぁ?

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事