ジャンピンジャック梅雨フラッシュ

じめじめした天気が続いていますが、40数年前、このじっとりとした空気と土の臭いと草いきれの季節におれは生まれた。

嵐の中で生まれ、歯のない婆に鞭でしつけられた・・・というのは冗談ですが、母親はおれが生まれる直前まで田の草取りをしていたそう。貧しかった農村での話し。

イメージ 1


先日、出かけようと車に乗り込むと、Tシャツの襟首で何かがうごめく感触が。若干チクチク感もある。毛虫か?バックミラーに写して確認する勇気はない。すぐに近くのホテルの駐車場に入りTシャツを脱ごうとするも、襟首に触らないように脱ぐのはなかなか難しい。汗ばんでるのも手伝ってやっと脱げ、見ると一匹の茶色いカナブンだった。

若干気が抜けて前を見ると法事かなんかであろう礼服の一団が、みな一様に車内で上半身裸になっているおれを一瞥して過ぎて行った。

カナブンはそっと窓から逃がしてやった。そのうちカナブンの恩返しがあると信じています。

.


みんなの更新記事