究極のビザール

昔からAZUMIさんの影響でビザールギターに目がない。メーカーでいうとテスコとかダンエレクトロとかケイとかハーモニーとか。
イメージ 1
出展はAZUMI作のレア本ベビベビベイビーより。このほかにもAZUMIさんはビザールギターの魅力として、チューニングが甘かったり、極端にひきづらかったり。でもそこは愛情でカバーして。ていうことを何かのインタビューではなしていた。

今回、ビザールな観点からチョイスしたのはスタインバーガーのパチモン。
80年代に既成概念に囚われず、徹底的に無駄を削ぎ落としたデザインと音づくりしやすいフラットな音色でそこそこ人気だった。マークノップラーやルーリードも使ってたし。ジョニーウィンターも似たようなヘッドレスギターを弾いてた。

当時としては必然性に裏付けられた画期的なデザインだったはずが、今では一周回って完全なマヌケ楽器として、ほとんど相手にされていない。そこになんとも言えないビザールを感じるワケ。
イメージ 2

もともとピックアップは3つ着いていたものをスプロのゴールドフォイル1発にした。

これでビザール魂をぶちかましたいところ、あいかわらずライブの予定は一切ありません。




.


みんなの更新記事