ここから本文です
ジオログ終了に伴い、過去分をジオシティから移転しました

移転終了

過去分の日記をジオログから移転しました
新しい日記は続けてFC2です

よろしくお願いします
http://qpsaexpress.blog.fc2.com/

この記事に

テストポスト

ジオシティのサービスが終了したので
過去分を移転中です

この記事に

ブログ移転

ここのブログサービスの容量がいっぱいになってしまったので、別の処へ移転することになりました。

http://qpsaexpress.blog.fc2.com/

過去分は引っ越すことができなかったので、変わりありません。

この記事に

田無買い物紀行

田無の町へ行くと時折に寄っていた小さな中華食堂が年末に店を閉めることになった、昔からある町の中華食堂と云った趣で出される品もその想定の範囲内にある、中華そばを注文すれば、最近の奇をてらったけばけばしい品ではなく普通に中華そばが出される、そのような店は次第に減少をしていて新しい店は魚生臭かったり矢鱈と油くどく塩辛い汁を出す店ばかりでうんざりしている。

神田淡路町で仕事をしていたときに、職場の近隣で中華そばを出す店を巡ってみた処、所謂「ラーメン」と称している店は私が忌避するような品ばかりを出していて、中国人が経営している中国料理の店では安心して頂くことができる品が出された、町の中華食堂が絶滅危惧種の様な状態になってしまったので、これからはまともで真面目な中華そばを食べるのであれば中国人の店へ行くことにしようと思う。

その田無の町へは夕餉の食料品を買いに散歩を兼ねて出掛けて来たけども、今日は二十四日で耶蘇教ゝ主の生誕祭前日であると云う、だから何んなのかと云われると昨日の明日が今日な訳であって、昨日は二十三日で今日は二十四日である以外に何んでも無い月曜日、違いは昨日の日曜日と天長節が重なったので振り替え休日となっている程か、それは自由業である私には何んら関係が無いのであって、然し話しが次第に逸脱して違う方面へと進んでしまっているのは性格だから仕方が無いものは仕方が無い、何んにしても夕餉の食材を買いに来たのには間違いは無い。

そのような訳で耶蘇教のまつりであるのに便乗をして、市場の売り場には彼れ是れと売りつけようとする商魂が渦を巻いているから、騒々しいのか楽しいのかどちらかの様な事になっている、流される音楽も耶蘇教の教主を称える歌が流されて、鶏肉を焼いたものであるとか赤白のケーキのや菓子なぞ或いは赤白のぶどう酒を前面に並べ、寿司店ですら赤白緑色の食材を用いた飾り寿司を並べて売っている。

へそ曲がりな性格をしているので、それでは何が何んでもそのような品を食べるものかと思うところ、鶏肉の照り焼きは好物の一とつなので、まつりには関係が無く時折に買い求めて食べているし、今日は叩き売りの様相を呈して普段より大きなものが安く売られているのは素直に嬉しい、そこでもも肉の塊の二本を買い求めた、尤もカイワレダイコンや豆腐と鱈子も同時に買い求めたので、何にをどの様にして食するかは微妙な処でもある、さらに夕餉にはエビスは勿論として飯を炊くかパンにするかも微妙なところ。

屁理屈ばかりを考えて買う品を考えていたら気疲れをしてきたので、バスの時刻まで適当に流して眺めて鮮魚店へ行くと毛蟹を山積みにして売っている、しまった、照り焼きよりこちらを買うべきであったかと思い、蟹を手に取り目方を勘案してみたところ、安い品は軽々としているので中身はすかすかな空洞に違いない、以前に安い蟹を買い求めて失敗をしている、大きさに対してずっしりと重いカニほど良いので、これは良いと思ったらその価格は五千円でとても手が出る価格ではないから断念をして、やはり今日は鳥の照り焼きと豆腐でいいことにした。

先日は朝日の写真を載せたので今日は夕景をどうぞ。
太陽が二個あるように見えるけども、それは幻影で実物は雲の向こう。

この記事に

暮らしの天敵

毎日を宅内に篭り過ごしているけども、その宅内での最大の天敵とも云えるものが埃で、懸命に掃除機を掛けてやっと埃を除去したと思うと、早くも隅のほうには綿埃の芽と云うか小さなのがふわふわと漂ってがっかりとする、それを繰り返しているうちに厭になったので懸命に掃除をするのはよしてしまった。

当たり前だけどもそこら中は埃だらけで淡雪の如くに降り積もっている、その埃を除去するのに空気清浄機と云う装置を買い求めてみたけども何んら役には立たない、居間が十六畳と広過ぎるのも問題だけども、それに対応して二十畳対応の清浄機でも埃はさっぱり取れないで電動機が回る音が矢鱈と騒々しいばかり、埃どもはそれをあざ笑うかのように空間を鼓舞するかのように飛び回っている、次第にそれが落下してそこら中は淡雪の如くとなる。

風が少しばかり強い日は玄関とベランダ側の窓や扉を全開にして、風を通しながら埃を追い出してみたりするけども、忌々しいことに風の向きは南北がひんぱんに入れ替わる、どのような理屈でそうなるのかは知らない、北側の玄関から風が強く入って来てもすぐにぴたりと止まって今度は南側のベランダ側から風が強く入ってくる、それが数十秒の単位で繰り返されるから、埃は屋内の玄関とベランダを行ったり来たりするだけ、外へは出て行かないで結局はあちらこちらへ降り積もって淡雪の如くになってしまう。

あんまり腹が立つのでベランダ側へ強力な換気扇を十個ほど並べてみようかと考えて、しかしそれは予算と手間の兼ね合いでやりかねている、高価な空気清浄機が何んの役にも立たないというのも思えば腹立たしいもので、前に購入した清浄機が何んの役にも立たなかったから買い換えて今ので三台目、この手の機械には期待をしないことにしたので、埃を除去する画期的な装置を考案したらノーベル家庭賞でももらえないか知ら。

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事