【インド株】3/22午前、利上げを嫌気:金利敏感株が下げを主導

 ボンベイ証券取引所(BSE)のSENSEX指数は22日13時11分現在、19日の終値比74.24ポイント安の17,503.99ポイント、率にして0.42%の反落となっている。先週末のインドの利上げや、NYダウ9日ぶりの反落などを背景に売り先行となっている。不動産のDLFなど金利敏感株中心に売られている。 19日の同指数終値は18日の終値比58.97ポイント高の17,578.23ポイント、率にして0.34%の続伸。指数構成30銘柄のうち、値上がりが17銘柄、値下がりが13銘柄だった。 個別銘柄では、バルティ?エアテルの3.95%上昇、リライアンス?コミュニケーションズの1.98%上昇、ヒーローホンダの1.76%上昇、SBIの1.42%上昇、ヒンドゥスタン?ユニリーバの1.40%上昇などが目立った。一方、下落銘柄で目立ったものは、住宅開発金融すべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

記事がありません。



.


みんなの更新記事