11時半からの歯科治療を終えて、
自宅に帰り昼食。

荷物の点検を済ませて自宅を出た
のが13時半。

京浜東北線の架線切断事故の影響
で、京浜急行に乗り継いで、京急
鶴見駅から、ふれーゆ行きバス停
に向かいました。

蒲田から来ていた釣り人が、
「電車が動かず、エライ目にあっ
たよ。これじゃ、狙ってる場所に
入れないかも知れない」と弱り顔
でした。

ふれーゆ裏につき、
「ふれーゆ側の入口から入るよ」
と別れました。

こちらは、いつもの駐車場側から。

海が見えてくると、風で白波が立っ
ている。釣り人の数もまばら。

時々、日差しも出て暖かくて風を
除けば良い釣り日和。

街灯下スペースが空いていたので、
こちらで荷ほどき。

先程の釣り人は、
「狙いの場所に入れなかった」
と右隣りに入りました。

イメージ 1


左隣りは3人の子供連れの釣り人。
投げ釣りとエサ釣りで、ハゼと海
タナゴが釣れていました。

5.4、4.7mトリック仕掛け竿を出
して、準備完了したのが16時。

仕掛けは道糸3号、コマセカゴ、
マルフジトリックエース夜行7号
(Wフック)

早々に、4.7m竿にチョンチョン
と見慣れたアタリが出て鈴が鳴り
ました。

予想通りの、海タナゴ。

イメージ 2


餌付けして仕掛けを降ろすと、
5.7m竿にチョンチョンと小さなア
タリがあり、鈴が鳴るが引きが小
さい。

巻き上げると、12センチの小アジ。
アジがまわってきたが、小さい?

2.7m竿にトリック仕掛け6号をつけ
て投入。これで3本体制。

16時半に4.7m竿に待望のアジのアタ
リが出て竿先を絞り込み、鈴が鳴り
ます。

イメージ 4


今度は20センチ。餌付けして投入す
ると、隣の5.7m竿の鈴が鳴り、
同時に2.7竿も鈴が鳴る。

5.7m竿は25センチアジ。

イメージ 3


2.7m竿は、海タナゴ一荷。持ち上げ
途中で、大きな奴をオートリリース。

竿入れ前に、4.7m竿の鈴が鳴り、
20センチのアジ。

竿入れ前に、5.7m竿の鈴が鳴り、
こちらも20センチのアジ。

再び、エサ付けして降ろして、竿
掛けにセットすると、直ぐに竿先を
絞り込み鈴が鳴ったが、巻き上げ
途中でバラシ。

再度、投入して釣り上げたのが、
海タナゴ。

ここで地合いが終了。時間は17時。
短い^ ^

イメージ 5


18時位まで、時々、小さなアタリ
で鈴が鳴るが乗らない。

風も無くなり、海面はベタ凪状態
になり、18時を過ぎると、まった
く引きがなくなりました。

イメージ 6


左のお隣さんは、アジ2匹。

右手の子供連れは帰宅。右手がら
あき。しばらくしてサメ狙いの方
が入って来ました。

釣れないので釣り場散策。左手奥
のコーナーから先には釣り人が、
ほとんどいない。

コーナーあたりで、太刀魚狙いの
投げウキ釣り人が数名。

先週は釣れてた太刀魚も釣れてい
ない様子でした。

19時半過ぎに撤収準備開始。

すると、右手の方のおき竿の鈴が
けたたましく鳴り、かかった魚が
見えるとジャンプ。

上がったのは、80センチのスズ
キでした。

「サメじゃなかった」

とガッカリしていましたが6キロ
はあるし、胴体も太いスズキ^ ^

20時過ぎのバスで鶴見駅に出て、
駅前の日高屋で夕食。

イメージ 8


身体も温まり帰路に着きました。

本日の釣果は、アジ4匹、海タ
ナゴ4匹でした。

イメージ 7


海タナゴの干物は冷蔵庫に沢山
あるので、なめろうにでもして
みます。

来週は久々に、本牧に行こうか
なぁ?

追伸
海タナゴは、さんが焼きにして
みました^ ^
なかなか、美味しい!

イメージ 9

この記事に

開く コメント(2)[NEW]

20時で仕事を終わらせて、クリスマス
ボケした汐留を抜けて、新橋ガード下
の飲み屋街を早足で抜けます。

イメージ 1


目指すは、新橋駅前のニュー新橋ビル
2階の上州屋。

イメージ 2


釣り親父達がうんちくをタレながら、
仕掛けやらを真剣に品定めをしてい
ます。

イメージ 3



こちらは、アミコマセだけ購入して、
さっさと帰宅。

イメージ 7


コマセの冷凍ブロックは簡単には解凍
出来ないので、いつものように玄関に
放置^ ^

さっさと就寝して、翌朝は8時起き。

10時半に予約した歯科治療に向かい、
治療後に一旦、帰宅してから、電車、
バスで、ふれーゆ裏に向かいます。

イメージ 4


本日の大黒海釣り公園は、ボツボツ
とアジが釣れてはいたようですが、
結果は41匹(入場者数69名)

全員がアジ狙いじゃなく、半数以下
でしょうけど、釣れてないなぁ。

イメージ 5


明日の潮は大潮まわり。満潮は、
15時20分ぐらい。夕まずめには、
潮が動き出すから、悪くは無い。

天気は午後は曇天。風はあるが、
外気温は13℃で、これも悪くは
無い。

でも、過去、大潮はボラ祭りだっ
たり、近ごろは良い思いをしてい
ません。

イメージ 6


まぁ、楽しめれば良いや^ ^

この記事に

開く コメント(4)[NEW]

アジの能力やら習性を総括した、
タヌキ親父の独断と偏見満載の
結果報告です。

結論!アジは、

「新橋界隈のリーマン親父に良く
似た生態」

イメージ 1


と言えます。( T_T)\(ーー;)

なぜならば、
赤やピンク、オレンジの色調やら
怪しげなネオンサインに弱く、
芳しい匂いにも誘われる。

イメージ 2


好奇心が強いが警戒心も強い。
基本は夜行性では無いが、夕まず
めから深夜にかけて徘徊する。

ほらほら、共感出来るよね?

基本は弱いので群れて行動するが
時々、単独ではぐれて行動する。

イメージ 3


鈍そうに見えて捕獲時の能力も、
以外と早いし逃げ足も早い。

外敵にはめっぽう弱い。

なんだ?俺の事じゃん!
( T_T)\(^-^ )

そんなわけで、本題のアジ学の始
まりです。(前置き長い^ ^)

え〜、
去年の大黒海釣り公園は、サバが
押し寄せていて、年末まで盛況だ
ったのに、今年12月はサバもイワ
シも姿を消して釣り客激減。

そんな中で、アジだけが朝まずめ
と夕まずめに釣れ続けています。

夕まずめも、日の入りが早くなり
15時半〜16時位からアジが釣れ出
す様です。

イメージ 9


大黒は冬時間営業で、17時半閉園
なので片付けを考えると17時位に
納竿で、「これからなのに!」感
があるので、今は、ふれーゆ裏に
通っています。

ただ、最近のふれーゆ裏の夕まず
めは、大黒と同じく15時半位から
始まり、17時半位に終わる感じな
ので、アジ狙いとしては、大差が
無いのかもしれません。

17時半以降はポツポツ釣れるか、
全く釣れないかの二極化で、これ
は運次第。

夕まずめも、1匹くらいしか釣れ
ない時もあれば、出した竿全部に
かかる群れの時もあり、何とも言
えませんが、大なり小なり、ふれ
ーゆ裏にはアジが回遊しています。

アジがどんな時に捕食の活性が、
あがるのか?今年の春くらいから
考えながら釣りをしていますが、
試行錯誤を繰り返しています。

生物学に詳しいわけじゃなくて、
専門は半端な知識の工学なので、
んな訳ないじゃん?的な事も多々
あるかも知れません^ ^

エサを捕食するには、
外的要因としては、照度、水温、
潮流、塩分濃度かな?

感覚的な要因としては、
視覚、聴覚、嗅覚、触覚、味覚。

後は記憶と学習能力?^ ^

照度は「アジは明るい所が好き?」
エサになるプランクトンが湧くから
とか、明るい所と暗い所の境目が、
好きなんだとか諸説ありますね。

隣の投光器が消えた直後から、
アジが入れ食いになった経験があり
ます。

明かりの色も、青がとか緑とか?
そもそも、アジは色彩を認識出来る
ものなのか?

調べたら、「識別できる」様です。
色彩の波長が短い色が良く見える
様で、赤→ピンク→オレンジ→黄
緑→青の順番らしいです。

そういえば、アジの船釣り定番の
エサは赤タン(イカを赤染めした
物)だし、オキアミはピンク。

イメージ 4


見える=危険を察知する能力もある
みたいだし、野生動物の基本は臆病。

明るすぎても、警戒感から敬遠する
みたいだし。

アジングで、ワーム色やらも決めて
になるみたいだから重要なファクタ
ーなのかも知れません。

アジング名人のたろうさんに、お聞
きしてみたいですね^ ^

色々、ネットで調べると視力は良い
魚では無い様子。でも動体視力と、
流線形の魚体からも想像できる、
抜群の瞬発力と遊泳力の持ち主。

アジ型体型はカツオやマグロも同じ
らしく、体の後半と尾びれを動かし
て遊泳するタイプだそうです。

瞬発力は抜群。だから針がかりした
時に、竿先をガンガン揺さぶるのも
納得です。

あちこちで調べると、アジは体長の
5倍の速度で泳ぐらしい。

適当に計算^ ^すると、25センチの
アジで推定時速は15kmくらい。

え?大した事ない?
いやいや、アジの10倍サイズの、
マグロは時速80kmくらい。

身体が大きければ、これだけの
速度が出る流線形です。

イメージ 6


秒速で1.5〜5m位のアスリート^ ^

持久力は酸素運動消費量からみると
15〜30分くらいらしい。

参考になるかな?

旧日本軍の潜水艦が大体、同じ位の
海中航行速度。

イメージ 5


そのアジが海中で獲物を見つけて、
まっしぐらに食いつき、竿を揺らす
わけか?^ ^

暗闇でも、静止したエサに飛びつく
のは、視覚より嗅覚かな?

アジの鼻は前方にあって、海水を取
り込んでいて、海水の匂いを感じる
事が出来るようです。

撒き餌を潮に乗せて、誘き寄せるの
は理に適っている訳ですね。

実際にサビキ仕掛けで夕まずめで、
入れ食い状態なのが、日没と同時に
釣れなくなることが、何度もありま
した。

そんな時でもアジが釣れていたのが
トリック仕掛け^ ^

これは推測ですけど、アジもサビキ
の仕掛けが見えなくなると、当然、
食わなくなる。

トリック仕掛けはオキアミ餌が針に
ついてるので、嗅覚で食いつくと、
おもわれます。

街灯がある波止なら日没後も夜中で
も釣れた経験があるので、視覚と、
嗅覚、色彩認識も出来るんじゃない
かなと思われます。

活動限界の水温を調べると14℃位
と出て来ますが、個人的には10℃
位でも釣っているので、場所次第。

ふれーゆ裏は左対岸に火力発電所
や右裏にも処理施設があり、暖か
かい排水が出てるらしい?
(未確認です^ ^)

ならば、アジにとっても居心地が
良い場所なのかも知れませんね。

聴覚と言うか、水を伝わる衝撃波と
言うか、エサに群れてる仲間の波動
も捉えていると思われます。

アジの耳は胴体側左右に走るライン
が水圧の変化を感じる事が出来る、
仕組みなんだそうです。

まとめると、高角度な視野と優れた
動体視力。色彩識別も出来る。

海水の匂いを察知して水圧計を装備
なんて、凄いなぁ。

新橋の親父なんて、とんでもないな、
アジ様様でございます。

イメージ 7


ここまで読んでいただいた皆様、誠に
ありがとうございます。

イメージ 8


では、ふれーゆ裏で16時に、お会い
しましょう!

この記事に

開く コメント(4)

8日(金)は18時半に退社。自宅近くの
上州屋でアミコマセ2kg 570円を購入。

冬は寒くコマセブロックは半日ぐらいで
は簡単にとけないため、袋のまま玄関に
放置^ ^

翌日9日(土)は快晴。午前中に歯医者
に行き、午後過ぎに、かみさんとふれー
ゆ裏に、鶴見駅経由のバスで乗り込みま
した。

イメージ 1


大黒海釣り公園のサイトで今日のデータ
をチェック。

小潮、満潮9:41/20:20、干潮2:37/15:03、
水温15.0℃、気温3℃、北西2〜4m

丁度、夕まずめが始まる?16時位には、
潮が動き出すかなぁ。

いつもの左端駐車場入口付近は満員。
ふれーゆから裏に抜ける出入り口付近
が空いていたので竿を出しました。

トリック仕掛け竿3本をセットして、
準備完了したのが15時。

イメージ 2


外気温は低いが日差しは強くて暖かい
陽気。左隣りの釣り人が投げ釣りをし
ていて、良いサイズの落ちハゼをあげ
る度に釣り上げてる。

サビキ仕掛けも出しているが、まっ
たく引きが無い様子。

珍しく明るいうちから魚が釣れてる
が、右隣りのトリック仕掛けの釣り人
は何にも釣れていない。

16時位まで釣れないからのんびりと、
するかなぁと思ったら、5.7m竿の鈴が
鳴り竿先がカタカタ。

海タナゴかなぁと思って巻き上げると、
小さいが銀色の細長い魚影。

釣れたのは10センチそこそこの小さな
アジ。しかもスレで釣れてる!

隣の4.7m竿(折れた竿を補修したので
中途半端なサイズ^ ^)を巻き上げて、
カゴにコマセを詰めて、スピード餌付
け機で針にコマセをつけて投入。

底を取り、竿掛けに置いた途端に、
竿先を小刻みに振り鈴が鳴る。

今度は17センチの海タナゴ。

針を外していると、今度はかみさんの
2.7m竿に大きなアタリがあり、竿先を
揺さぶり鈴が鳴る。

かみさんが巻き上げると24センチの、
良型アジ。まわりからアジが釣れてる
とどよめきが起こりました。

4.7m竿にコマセ詰め、餌付けをして、
投入、底に着く前に大きなアタリ。

23センチの海タナゴ。再度、餌をつけ
なおして投入すると、海タナゴ一荷。

16時になり、慌てて鈴にケミホタルを
装着。ライトを用意して夜釣り準備を
どうにか完了。

イメージ 3


16時10分過ぎにアジが回遊して来て、
3本とも竿先を絞り込み、鈴が鳴る。

海タナゴも混ざり、仕掛けも絡み、
アジをバラしたりでてんてこ舞い^ ^

17時半前に地合い終了。今までが、
嘘の様に、アタリが遠のく。

イメージ 4


周りのサビキもトリック仕掛けも、
あまり釣れておらず、うちらの3本
だけが、あたふたと釣れていました。

しばしの沈黙の後、右手奥でタチウオ
が続けて、釣れだしました。

岸近くでも釣れる、浅くても釣れる
らしく、ポンポンと上がります。

タチウオが釣れ出すとアジは逃げる
のか、まるで引かなくなり、19時過
ぎまで粘りましたが後続無し。

結局、アジ9匹。海タナゴ10匹。
トラブルが無ければ15匹位はいけた
かも?

イメージ 5


鶴見駅前の王将で夕食を取り、帰宅
しました。

アジは酢で〆て翌日、ちらし寿司。

イメージ 6


海タナゴは冷蔵庫で干物にしました。

イメージ 7

イメージ 8


来週土曜日も、ふれーゆ裏に行く予定
です。

この記事に

開く コメント(6)

行天宮前の通りを渡り、歩道の境目
が無い路地に入り、スマホで位置を
見ながら10分位歩いた先に、お目当
てのエビ釣り堀を見つける事が出来
ました。

イメージ 1

イメージ 14


海老釣り堀は台湾で海老養殖が盛ん
だった頃のな残りらしく、台北郊外
の河川がある場所に点在しているそ
うです。

海老養殖は、より温暖で賃金が安価
なタイやベトナムにシフトチェンジ
して残った海老養殖業者が海老釣り
堀に活路を求めたようです。

まるで田舎のパチンコの様な?入口
を入ると中央にコンクリート製の、
大きな水槽?池?が。

イメージ 2


水は少し黒色に濁らせ、家内釣り堀
独特のすえた懐かしい匂い^ ^

イメージ 3


料金は時間制で先払い。料金は1時
間300元(現在のレートで1200円)
で日本の釣り堀と同じ位。

イメージ 6


釣った海老は全て持ち帰りOK、また
は、店のガスオーブンで焼き海老に
して、店内のテーブルに座り食べて
行く事も出来ます。

ビール、ジュース類は冷蔵庫から、
自分で持ち出しして帰るときに精算。

海老が釣れる居酒屋^ ^みたいな、
台湾の釣り好き親父が集まる社交場
みたいな感じ。

イメージ 9


いかにも、ベテランさんの様な親父
はマイ釣竿を店に置いていて、数分
おきに海老を釣り上げてる。

かみさんは、台湾に来てまで釣りだ
なんてと文句( *`ω´)たらたら。

1人分1時間の料金を支払い、竿を
1本とエサを貰い、釣り堀の角に場
所を決めて釣りを開始。

エサは乾燥した小エビと豚レバー。
レバーはカミソリで小さく切って、
使うらしい。

イメージ 4


小エビは頭と尻尾先の尾びれを切り
針につけます。

ウキ下は針が底に着く様に調整され
ているようです。獲物の海老は日本
のテナガエビを大きくした様な、
その名も、オニテナガエビ。

イメージ 5


育つと20センチ近くにもなるらしい
種類で、台湾では料理店でも出てく
るポピュラーな海老らしい。

子供の頃には近所の池で、ザリガニ
釣りで鍛えた腕前は伊達じゃ無い。
こんなの楽勝?

あれ?ウキは引いて少し間を置いて
合わせるが乗らない( *`ω´)?

かみさんに「へったくそ!」と竿を
ひったくられた。かみさんが釣ると
1投目からエビを釣り上げた。

イメージ 7


もう、得意満面( ̄∇ ̄)/( *`ω´)
すかさず、竿を取り返しアタリに、
合わせるが釣れ無い。

イメージ 8


かみさんが釣ると簡単に釣れてくる?
結局、かみさん3匹。こちらはボウズ
で1時間の釣りは終了(TT)

イメージ 13


お店の人にエビを渡すと、生簀から、
7匹を追加。串刺しして、こんがりと
焼き上げてくれました。

イメージ 10


サービス満点。

イメージ 11


お味は、ミソも美味いし、身もプリ
プリで美味しい。あっさりと完食。

イメージ 12

イメージ 15


再び、台湾に行ったら復讐を誓う!
タヌキ親父だった。もっとも、それ
から忙しい&金が無いで行けません
けどね。

当面は日本国内の横浜エリアで、
チマチマと頑張ります!

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事