さしあたって

日々のニュースについての感想と意見

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全457ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

遺したもの

イメージ 12015.4.19奈良県大和高田市
出発式
やっぱり一緒にいてほしかったです。
あなたにそっくりなまじめで不器用な子です。


遺すもの

最近亡くなった親しい人の息子さんがテレビにでていました。NHKBS!エキサイトアジアという番組です。中国駐在員の特集みたいな。番組の主は息子さんなのです。
わかっているのに、亡くなったおとうさんによく似た息子さんが画面で元気に話したりしておられるのが、見ている私にとっては、のどの奥になにか重い硬いものがひっかかるようでした。番組の中で彼が父のことも語り、おとうさんも紹介されてました。
彼が(おとうさんの方)生前、僕の人生に残るものは何もないと嘆いていた時期がありました。それがいつのころからか、「子どもはのこるんだ」というようになりました。子どもさんが結婚されたころからかな。このテレビをみると、確かに彼ののこしたものがよくわかります。
  心から彼の冥福をいのるものです。
 

岡崎

白川沿いにみやこメッセへ、みやこメッセから知恩院を経て円山公園へ。
思い出がありすぎてしばらく足が向かなかったコース。
今年はひとしおだったのに、まずまず普通に歩くことができました。
いいか悪いかは不明ですが、生きてるものは一日一日をしのいでいます。

訃報

今年は年明けからずっと体調不良が続いていました。
ですが、北原亜以子氏の訃報をきょうはじめて知り、知らなかった自分に腹を立てています。
結構愛読者してたのに・・・・・きっとまだ新作がでると漠然と期待していました。
はじめて、「深川澪通り木戸番小屋」を読んだ時の心洗われるような、みずみずしさがおもいだされます。
年齢から私のまわりは訃報がふえています。またひとり大事な友人を喪ったようです。
 
大阪の小森田精子さんの訃報もしりました。
このかたとは4月初め倭城をめぐる旅でご一緒しました。昨年もご一緒し昨年のほうが話す機会はおおかったのですが、
今年も変わらずお越しになられて、うれしく思っていたのですが。
化学者としての平和・民主主義への思い、学問への情熱などいきいきと語っておられました。
 
いま、できることを大切にしたいこの頃です。

韓国で思うこと

早速のコメント思いがけなかったので、ありがたいです。
韓国から帰られた方のコメント、同感です。以前に西大門刑務所で修学旅行の少年少女たちとであいました。
ナヌムの家では、家自体の管理の手伝いに地元の高校生が先生に引率されてきていました。
 
 
韓流にはまってるわたしは、韓国の文化歴史に興味があります。その点でいえば、韓国の文化の一様性というのは気になるところです。ですが、キム・ギトク監督がある番組で「もっと多様性を」と発言しておられるのをみて、あ、やはり私だけやないと思い心強かったです。

全457ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事