ここから本文です
さきの日々
自然の美しさに癒されています。

書庫全体表示

一人旅 

こんにちわ。先週、京都へ旅をして来ました。
昨年は、まさかの病気になり希望も持てないほど落ち込み辛い年になりました。
ましてや年齢を重ねると人生いつどうなるか分からないということも実感しました。

病気も完全には良くなりませんが、なんとか生活出来るまでなりましたのでこれからは、一日一日を大事に過ごしていきたいです。また残された年月を希望を失わないで悔いのないように生きて行こうと思うようになりました。

以前からいつかまた、京都へ行ってみたいと思ってばかりで実行できませんでしたが、今回、思い切って一人で出かけることにしました。
ところが初めは一人ということが勇気が無くて迷っていました。妹や友人は用事があり無理と分かっていましたので、それでも不安が先にたちましたが、京都を地図で歩く
ガイドブックを買ってから行った気になり不安が解消しました(^^)

イメージ 1
  この本は、コースを歩いて周る地図付きの
本です。
今回はまだ行ったことが無い場所へ行ってみたいと計画し、10円硬貨の図柄にもある宇治の平等院など数か所と決めて出かけました。






本当は飛行機の方が早いのですが、列車とホテルがパックのお得な早割のパックがあり東北新幹線と東海道新幹線を乗り継いで行くことになりました。
そして、今回はホテルを連泊すると安くもなりますから助かりました(^^)

残念なのはがもう散っていましたが、新緑が綺麗でした。

「はやぶさ」で東京まで行ったのですが、パックの東海道新幹線は「こだま」で各駅停車したので着いた時間が午後3時近くでした。

そのかわり静岡の三島市過ぎた辺りで富士山を観ることが出来今まで霞んで見えなかったりしたので感激しました〜♪
列車の窓からなので少しボケています(^^)

イメージ 2


京都駅へ着いてから時間も無かったので宇治の平等院へ京都駅から奈良線に乗り直行です。今の時期は陽も長くなって来たので助かります(^^)
駅から歩いて私の足で20分ほどでした。

宇治川のほとりに建つ宇治の平等院の門をくぐります。

イメージ 3


イメージ 4

歩いて右に曲がったらこの建物が見えました。

イメージ 5

そして池の周りをぐるりと周るのですが、正面です。平等院は1052年に
関白藤原頼通が父道長の別荘を寺院に改めて創建されました。平等院鳳凰堂です。

イメージ 10


池のほとりにはアオサギがいました。教えて頂いて名前が分かりました。

イメージ 6


            境内の若葉が美しいです。

イメージ 7

ここは、観光客もほどほどでゆっくりと観ることが出来て良かったです。

この後また歩いて宇治駅に戻り京都駅へ、そこからバスで清水寺へ行ってみました。
清水寺は高校の修学旅行以来で行く予定は無かったですが、時間が中途半端なのでここにしました。

昔、歩いた産寧坂(さんねいさか)へ、歩くのも大変なほど清水寺へ向かう外国人観光客でいっぱいです。
三重塔を過ぎると清水寺、ところが清水の舞台は今は覆いを被っていて修復工事をしていて見れませんでした。

イメージ 9


イメージ 8

清水寺の門前の店ではお土産や食べ物など買いもとめるお客さんたちで坂も
またいっぱいの人だかりでしたが、夕方店を閉め始めるのが早いです。

バスで京都駅へ向かいコインロッカーに置いた荷物を取って地下鉄烏丸線で
ホテルへ向かいましたが、京都の地下鉄は古いので階段しか無く大変です。。
そして電車を下りて向かった出口を間違えてぐるりと大きな通りを周って
歩きやっとホテルへ着いたのです。
こんなに何キロも一日に歩いたことが無いので疲れました(^^;

夕食はせっかく京都へ来たのでこんな和食を食べました。
炊き込みご飯に甘揚げと鳥肉の九条ねぎとの卵とじです。
おばんざいは自由に食べられてお腹がいっぱいになるほどでした。

イメージ 11

                    
                  次回へ続きまます。


  

この記事に

  • 顔アイコン

    京都へ一人旅をされたのですね。
    歌に出てくる京都大原三千院とかなるとまさに女一人旅という雰囲気ですが、それがあるかどうか・・・!

    改修工事が終わった艶やかな平等院を見れて良かったですね。私も見たいものですが・・・。
    逆に、清水寺は工事中で見れない場所があって残念でしたね。

    これからが楽しみです、

    OZ(オズ)

    2018/4/15(日) 午後 4:20

    返信する
  • 顔アイコン

    こんばんは。
    そうですか、大人の女性一人旅、素敵ですね。
    新幹線の席も、富士見席でした。
    宇治の平等院の新緑と真新しい建物
    まぶしいです。
    源氏物語を読むには、必須の場所です。
    奈良の東大寺、興福寺、薬師寺、唐招提寺は、
    行くたびに、どこかを工事中でした。
    全国、文化遺産である神社・仏閣は、大体、
    どこかを修復工事していますね。
    ホテルの夕食、美味しそうです。
    続き、楽しみにしています。

    三茶

    2018/4/15(日) 午後 5:17

    返信する
  • 京都へ女一人旅してきたのですね、凄いですね。
    平等院鳳凰堂、素晴らしいですね。
    池のほとりに居た鳥はアオサギですね。
    私も京都行ってみたいです、京都の風情や趣がいいですね。
    京都にはブログで知り合った京都癒しの旅、案内人の方がいて、予約をすれば案内してくれるようです。
    勿論優良ですが、ラインでいつも情報が送られて来ます
    私は一人ではちょっと不安です(笑)
    東京なら何とか大丈夫でしょうか。
    ナイス!

    ドリーム

    2018/4/15(日) 午後 5:47

    返信する
  • 顔アイコン

    いいですねえ、京都ひとり旅ですか。
    それでブログをお休みだったのですね。

    私も時間を作って どこかにまた行きたいです。

    おかさん

    2018/4/15(日) 午後 6:12

    返信する
  • こんばんは。
    旅行に行かれて留守だったんですね。京都まで行かれましたか。京都は大学生の時行ったきりですので懐かしいです。平等院は美しいですね。続きも楽しみです。

    みちお

    2018/4/15(日) 午後 6:35

    返信する
  • 顔アイコン

    こんばんは
    思い切って行って良かったですね
    私は何年も前から京都へ行きたいと思っていても
    未だに実行出来ないでいますよ。さきさんに着いて
    行けば良かったわ😅 勇気に👏
    次回の記事も楽しみにしています

    [ コスモス ]

    2018/4/15(日) 午後 6:55

    返信する
  • 顔アイコン

    お帰りなさい〜♪(*^_^*)

    わ〜〜!素敵!
    大人の女性の一人旅💚
    しかも京都なのですね!(*^^)v

    誰かと一緒も良いけれど一人旅も気楽でいいですよね!
    続編を楽しみにしています!(*^^)v

    ナイス!

    [ ロビンソン ]

    2018/4/15(日) 午後 7:45

    返信する
  • > OZ(オズ)さんコメントありがとうございます。
    以前からもう一度行ってみたいと思っていて、竜安寺や金閣寺などは何度か観ていましたが、今回は訪れたことが無い、宇治の平等院やもちろん、大原へも行きました。今日は大原をアップしたいと思っていましたので、
    是非、読んでくださいね(#^^#)
    清水寺は舞台は今回見られませんが、あまりにも人が多過ぎて情緒も無く歩くのも大変でしたので、今はお勧めでは無いです(^^;

    さき

    2018/4/16(月) 午前 8:14

    返信する
  • > 三茶さん、コメントありがとうございます。
    初めての京都への一人旅ですが、何度か訪れて竜安寺や金閣寺などまた天竜寺など見学していましたが平等院などまだ観ていない所をと今回は絞りました。
    出発まえに三茶さんからのブログの中でのコメントで東山文化のことを聞いて参考にさせて頂きました(#^^#)
    少しずつアップしますのでご覧くださいね。
    夕食はステーションビルの中にある和食の店でしたが、
    美味しかったです〜♪

    さき

    2018/4/16(月) 午前 8:32

    返信する
  • > ドリームさんコメントありがとうございます。
    平等院鳳凰堂は前から一度は観たいと思っていましたので、今回は以前に行ったことが無い所をと絞りましたが、初めて訪れた平等院は素晴らしい建物でした。中も見学出来撮影禁止でしたが、是非、ドリームさんも機会がありましたら、訪れてください。
    それから鳥の名前アオサギですね。ありがとうございます。 またこれからも少しずつ訪れた所アップしますが、読んでくださっただけでもうれしいです。

    さき

    2018/4/16(月) 午前 8:49

    返信する
  • > おかちゃん、コメントありがとうございます。
    そうなんです。京都へ一人旅して来ました(^^)
    何度か訪れていましたが、まだ観ていない所をと絞りバスや地下鉄を利用したりして歩きました。
    ただ有名な場所は外国人観光客でいっぱいなんですが、次回は静かな大原ですので是非、ご覧くださいね(#^^#)

    さき

    2018/4/16(月) 午前 9:05

    返信する
  • > みちおさんコメントありがとうございます。
    そうなんです。初めての京都はひとり旅でしたが、病気をしてから不安があってなかなか決心が着きませんでしたが、バスや地下鉄を利用してまた結構歩きました。こんな旅でガイドブックを見ながら楽しく見学出来ました(^^)
    みちおさんは大学時代に行かれたんですね。
    平等院は是非、観たかった所でしたが観光客も清水寺よりも少ないのでゆっくり出来ました。
    少しずつまたアップしますので良かったらご覧なってくださいね(#^^#)

    さき

    2018/4/16(月) 午前 9:14

    返信する
  • > コスモスさんコメントありがとうございます。
    本当に、京都へのひとり旅を決めるのに、決心着くまで掛かりましたが、ガイドブックがとても参考になって変な話ですが勇気が出たんです(^^)
    何度か訪れていても行ったところない所を今回は絞りましたが、次回は大原をアップしますので、是非ご覧くださいね(#^^#)

    さき

    2018/4/16(月) 午前 9:24

    返信する
  • > ロビンソンさんコメントありがとうございます。
    そうなんです。おんな一人旅して来ました(^^)/
    以前は誰かとまた団体旅行だったりして着いて行くのがやっとでゆっくり見学できませんでしたが、今回はガイドブックを見ながらバスや地下鉄での移動で歩きました。ですから京都市内もよく理解できるようになって訪れた場所も細かに観ることが出来ました。
    外国人観光客多いのは嵐山や清水寺など歩くのも大変なので、京都の情緒を求めるなら避けた方がよいかなと思いました(^^)次回は女一人旅の大原ですのでまたご覧くださいね。ナイスもありがとうございます

    さき

    2018/4/16(月) 午前 9:32

    返信する
  • 顔アイコン

    京都へいらしていたので、ほっとしました。
    お元気で何よりです。平等院鳳凰堂へいらしたのですね。
    行きたいなあと思っても京都からちょっと離れているので、いつも外していました。
    平等院の後、清水寺とはハードスケジュールですね。
    さきさんは、体力がおありになりますね。 削除

    [ むかご ]

    2018/4/16(月) 午後 9:06

    返信する
  • > むかごさん、おはようございます。
    そうなんです(^^)
    ありがとうございます。御心配かけました。
    何度か京都へ行っていて、今回は今まで観たことが
    ない所をと絞って行ったのですが、宇治平等院も写真でしか見たことが無かったですが、素晴らしかったです。
    清水寺は行く予定無かったですが、時間が中途半端になり出かけました。でも今はお勧めでは無いです。
    外国人観光客でいっぱいで歩くのも大変なくらいの人で
    情緒も無かったです(^^;
    足の手術してから歩くのは楽になって常日頃のウオーキングしていたので歩くことが出来たのです(^^)

    さき

    2018/4/17(火) 午前 8:47

    返信する
  • 良かったですね。
    私は何時も京都は一人旅です。
    好きに気ままに歩けて結構楽しいですね。
    気分転換に一人旅お勧めです。ナイス!

    ともこ

    2018/4/18(水) 午後 2:34

    返信する
  • > ともこさん、こちらへもありがとうございます。
    ともこさんも京都へは一人旅されるんですね。
    一人旅の先輩ですね(#^^#)
    そうなんです。自由に動き回れるのが良かったですね。
    ツアーだど、着いて行くだけでも大変で何を観て来たか
    覚えていないこともあって(^^;
    本当に行って良かったです。

    さき

    2018/4/18(水) 午後 6:07

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事